FC2ブログ
2007
03.09

Camellia japonica (椿)

椿

これ以上ないくらいのストレートな写真ですが、見つけてとても気に入りました。実は昨年の春の写真。
「椿」と書くと、中国では「チャンチン」をさすようです。春の新芽が淡いピンクの背の高い木で、日本の椿とは似ても似つかないベツモノ。まれに住宅地でも見かけます。

私の家にお待ちかねの椿が一週間ぐらい前にやってきました!
60センチぐらいの細身の苗に信じられない数の蕾がついていたので、びっくり。まだ若いのであまり咲かせないほうがいいと思い、2/3ぐらい摘雷しました。この数日、そうして残った蕾が咲きそうなのですが、思わず
「あなたは誰?」
と違う品種かと思うほど色が違うのです・・・それでもまぁいっか。(また買うからっ)

椿に限らず絞りの花は特に木が若いうちは色が安定しないようです。ある程度大きくなってもある枝に集中してどちらかに色が転んだ(写真の椿なら、赤か白ということです)花が咲くこともよく見かけます。近所にそんな大きな椿があるのですが、二種類の花が咲いているみたいで、楽しいです。私の家に来た椿も白地に赤の模様が入ります。今度はピンクの椿なんかが・・・、公園に植栽する植物としてはすっかり嫌われてしまった感じですが、アマチュア園芸家の間ではこれから流行りそうな椿。


スポンサーサイト




コメント
こんにちは!
こちらこそ、先日はありがとうございました。
(るん)にお応えできる物ができるようにがんばります。

わかいうちは、視点が近眼的というか・・・、花の咲く植物なら花だけで見て判断しまうようなところがある気がします。
葉が枯れもせず、常に同じ雰囲気でそこにあるような、咲くときも静かで、日本的に渋くて、確かにモノトーンな花。まだきれいな状態でぽとりと散るもの、若い時は感覚に合わないのかなぁ・・・。
でも椿には静かなドラマがあって、大きく育てて落花を楽しみたいのが今の私です。
年を重ねてるたびに年のことを考えなくなってきているような気もしないではないですが・・・、違う見方の出来ると世界が広がったような心地よさ、楽しく愉快ですね。

最近日本の牡丹園ではアメリカ生まれの黄色が人気者なのですよ。
c_moondot 2007.03.12 10:12 | 編集
c_moonさん、こんにちは。
先ずは・・
いろいろとお心遣いを本当にありがとうございました。図々しいかしら?なんて引き腰な私でしたが、思い切っておねだりをしてみたこと、そんな自分に今た~いへんに満足しております♪(るん)

椿の良さ・・
まだまだ若かりしころは分からなかったのです。
むしろ、「なんか、モノトーンでつまんない花」とさえ思っていて・・。
ですが、この花の良さは年を重ねるごとに分かって来たように思います。

同じく苦手だったのが牡丹。
これも良さが分からなかった花の1つ。

こう言うことがあるから、年を重ねることも楽しいと思えてきます。
雨美dot 2007.03.11 23:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top