2012/05/15

集中力

商品撮影


ピアノの練習の集中力の話を以前したのですが、
写真のほうはどうかというと、内臓タイマーでもあるかのように、ほぼ一時間。
あまり移動しないで、撮り続けたら、一時間で我にかえるということです。
移動しながら、撮り続けると、もっと大丈夫。
そういう時は気分よりも、首とか頭が先に根をあげます。

週末は、作品&商品撮影でした。
私は、ほんのいくつかを撮らせていただくつもり行ったのですが、
撮っていると、出てくる、出てくる、どんどん出てくる。
私の背後の机の上に、どんどん並べられて、それが
「(うぅっ・・・。)」
と負担に思い始めたころが、一時間でした。
これを仕事には絶対できないわと、思いながら、それから一時間がんばりました。

最初は作品のほうを撮っていたので、これは私的な個展だわと作品を楽しんでもいたのですが、
商品になると、ため息ばっかり。商品がわるいのではありません、私の腕と気力に対して。
人物を撮っているほうが、気分的は楽しいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント