2012/04/10

あまり参考にならない、桜の撮り方

さくら


「桜の撮り方」を教えてと、続けてメールがきたので、ついでにこっちにも。
でもきっと、参考にならないと思います。
どうしてかというと、桜を景色としてではなく、花として撮る場合、むずかしい花の一つだと思っているから。

好ましいのは、曇り~雨の日。
超高精細、ぱきぱきに撮りたいわけではないだろう、私に聞くのだから、ということでオススなのが、
ISOをあげること。
コンパクトカメラなら400ぐらいまでなら、ザラっとせず上手くいくと思います。
直射日光がない日は、桜は+補正。
それが、+0.3なのか、+2.0なのかは、背景によってさまざま・・・。
あと、設定でコントラストやシャープネスを、いつもより下げてみるもの、オススメ。

よく晴れた日
状況によって、えっ!というぐらい違うので、いろいろ変えて、もう遊んでみてください。
こういう日は、日の当たっていないの桜をねらうとか、景色として撮ったほうが上手いく気がします。
ホワイトバランスをいじってみるもの、オススメ。

あと、桜は望遠側で撮ったほうが、ステキかも。
手を伸ばして撮ると、ぶれるんですけど、
そもそも桜は揺れる花でもあるので、何枚も撮ってみてください。

携帯で撮るなら
携帯で撮ったことがないので、無責任に書くと、iphoneならHDRで。
それでもオジサマは自分で撮ったものがお気に召さなかったようで。
撮ったものを見る限り、黒い枝を入れないほうがいい気がしました。
携帯では、思いっきり近くか、遠くから、という気がします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント