2012/04/09

そうだったら、困るじゃないか。

桜


数日前の、朝。
すっかり、はっきり変わった、4月のカレンダーを見ながら、
「おまえは、写真は上手いなぁ。」
と、朝からへんなことをぼやくので、それはあたりまえですとかテキトーな返事をしたのですが、
おくさまにどれだけ投資をしたか、この人は忘れているのであると思いました。

今のカメラは、4代目。
1~3代目をほぼ壊れるまで使い倒して、ここまで来ました。
これでちょっとも見るところもないようなものをあいかわらず撮っていたり、
単なる「レンズコレクター」だったら、困るじゃないか。。。

立場が逆ならば、こんなことはありえません。
女の人は、だんなさんが趣味に投じたあらゆる具体的総量を(無意識でも)記憶しているので、
おくさまがだんなさんの趣味をほめるなど、ありえない。。。

まぁ、4月が特にステキにみえるのは、先月の写真のせいもあります。
作っているときに、4月はがらっとかわるように、ぱっと明るくなるようにだけ、考えました。
そして本当は、3月は両面だったのです。
裏は、同じ写真の、カレンダーのなしの、カラーにするつもりでした。
そうすると、ろうそくのあかり以外は、まぎれもない漆黒で、
顔料インクでは、真っ黒の部分を、ちょっとかすったりするだけで、他についてしまうのです。
ケースにセットしたり、束ねて送る現状では、4月の桜が黒くなりますので、あきらめました。
日本の4月の明るさは、永遠ですから。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント