2011/10/20

最後に2

木


つづきってことではないけれども・・・
マータイさんは、森になるらしい。

その棺は、(簡単に言ってしまうと)かごのようなもので、
そこに草花をしきつめるのだそうです。
お国の習慣は日本と一緒、木の棺に、火葬ですが、
マータイさんは土葬され、その土地には、木が植えられてるらしい。


ご本人の意思が守られて実現するとはいえ、森となるイメージは、
どこか神さまの祝福のようなすばらしさ。
ほんの何日かの居場所として、木の棺はいらないし、日本のお墓もあまり好きじゃないわたしは、
うらやましいばかり。

それにしても、アフリカの女性はすごいなぁと思いました。
女性の大統領だって、いらしたことすら知らなかったわたしは、つくづくだめだなぁ・・・と。

まぁでも、東洋の女性は、どっしりした木というより、
風に吹かれる草のような、やさしくしなやかなところがあるから、
人の上に立つことはあまりむかない、って気もします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鍵コメさんへ

ご自分の意思が、森として、人の記憶に残りますね。

書いてくださった話は、ほんとうに複雑な気分になりますね。
日本は広くないので、土葬は後々問題がありそうで、
仕方なかったのだろうとは、思いますが・・・、
その場しのぎな方法じゃなくて、もうちょっとやり方があったのでは?と言う気がしますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます