2011/01/27

研ぐ

紅梅


手伝いましょうか、と言っても、「いいのよぉ~。」なんて返事がくるけど、
ムリヤリなんとか(そういうことも、実にめんどくさいとおもったけど)
キッチンに入れてもらい、包丁でねぎを切ると、
(なんなのぉーーー!この切れない包丁!)
と、胸の内だけで絶叫していた。
そう、それは絶対胸の内だけであって、その胸の内で、
その家の事情を飲みこみ、
その家にいるおとこのひとたちへの評価も決まった。
あんなに切れない大きな包丁には、それ以来めぐりあってないし、人の評価もかわることもなかった。
包丁とは、おそろしいもの!

一年に一回でもいい、包丁を研いでくれるお父さんというのは、世の中にどのくらいいるのだろう。
父は、一年に一回な人。
オジサマは、どちらかというと、包丁のほうを買ってくる人で、
近所の刃物屋さんのおじさんと仲良くなったらしい。
年末になると、たくさんの包丁が持ち込まれるのが、仕事とはいえうんざり、という話を聞いてきた。
でも、刃物屋さんのおじさん、近所の主婦のたよれるおとこ、ってこと。

最近、よく切れるけど、よく錆びる包丁を買った私は、
最初の、切れない包丁の家の息子である人に頼む気はせず、
自分で研ぐことにした。

百貨店に行った時、二人の研ぎ職人を、それぞれ違うフロアで見た。
一人は、砥石に傾斜を持たせて、上半身で研いでいた。
もう一人は、普通に手で研ぐという感じだったけど、その動作に軽さがあった。
どちらが正しいということでもなく、きっとどちらも正しく研げる、
どちらも、シャリ、シャリという軽くも鋭い音でフロアを充満させていた。
私の入口は、その音からだな、と思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

☆MIYA☆さんへ

この話には、もうちょっとあって、友達が、
「包丁を自分で研ぐの。」
と聞いたところから、はじまってます。
もう人に頼むの、めんどーだけど、
自分ではやる気にならず、放置。
でもやっぱり、できるなら、それはそれでいいかもと、重い腰を上げる気になりました。

☆MIYA☆さんのだんなさまは、やさしい♪
あれは、力仕事だもの!!
義母は長いこと半病人でしたので、自分では手豆にはできなかったのですが、
一年に一度でも、できる人に研いでもらうと
全くちがいますよね。

包丁は研いでみましたよ!。
何をおぼえてきたのか、あやしいですが、切れるようになりました!
これでいいのか、よくないのか、誰かに判断してもらいたいですが・・・。

c_moonさん こんにちはぁ♪
c_moonさん 包丁自分で研ぐことにした???
自分で?? ふわぁすっごいですぅぅ
目と耳でしっかり覚えてきたのですねぇ
もう 研いだのかなぁ。。。

ウチのダンナさまは 年に1度 気が向いたら研いでくれますぅ|ω・`)プッ
なので 自分で簡単に研ぐやつ?で
まめに研いでますぅ でもねぇ こ~いうので研いでもすぐ切れなくなるのだなぁ。。。
まぁ しゃっしゃかしゃっしゃかやってますよぉ

この 記事 ダンナさまに見せてやりたいですねぇ

↓宿根スイートピー 色 薄くなるんですねぇ♪
透明感のある と~ってもイイ色ですぅぅ(〃、ゝ〃)ポッ