FC2ブログ

さわったことのない花

2020.05.31.Sun.10:07
花菖蒲


外でいろいろなものに触れるのことが、憚れる今ですが、
植物園などに植えられている観賞用の花は、「売り物」ではありませんが、
それと同じ強さをもって、昔から皆、(見るだけで)触らないようにしていると思います。

花菖蒲が家で咲くようになって、触ることを含めいろいろな姿を観察できるようになりました。
花びらは思ったより厚いです。
「楊柳」という夏向きの生地がありますが、あれをうんと分厚くしたもののようでした。
雨に負けないようになっているのだと思います。
当たりまえですが、花粉もちゃんとあるのね・・・。

スポンサーサイト



スリリングな体験

2020.05.30.Sat.18:03
落花 バラ



冬の後、長いこと外に出ていなかったので、ある一つの懸念がありました。

決心して、「もっとも細いスキニー」をはいてみることにしました。
足がむくんだりすることがあまりないので、いつだって、足はするっと入るのです。
問題はそのあと、ですね。

最後まで着用することはできたのですが、太もものあたりや腰回りがビミョーでした。
皆様も、「ひきこもり生活の成果」をお試しください。

写真は、ばさっと落ちたイングリッシュ・ローズです。
桜のようにハラハラ落ちないし、花首ごと落ちる椿のようでもないけど、
このまま掃いて捨ててしまうのを、ちょっとためらいます。

1/4だけ・・・

2020.05.20.Wed.14:16
ウィリアム・モリス


ウィリアム・モリス(外側の濃ピンクは別のバラ)

このバラは、まさにモリス先生の壁紙のような感じで咲きます。
枝を大きく伸ばして、大きめのバラがぽんぽんぽんと、たくさん咲きます。

私のさらなる希望としては、オレンジじゃなくて、
1/4だけそうなってますが、ペールピンクで咲いてほしいです。

この後、わりとすぐに退色が始まり、白っぽいベージュに黄色がにじみます。

ええっ・・・もう咲いたの!

2020.05.19.Tue.19:57
花菖蒲


5月だけど、梅雨っぽいような何かを感じたからか、もう咲いてしまいました。
去年は、6月に入ってからだったので、
相当早いです。

禁断のいちごジャム

2020.05.17.Sun.21:46
いちごジャム


去年、いくつか買っておいたいちごジャムがなくなってしまったけど、
山形近辺まで買いに行くわけにもいかないので、近所でいちごジャムを探したのですが、
そこで「和三盆100g」と出会い、自分で作ることを思いつきました。

ジャムに限っては甘さ控えめより、どっしりしている方が好きなので、
どのジャムも、私は果実の50%ぐらいの砂糖で作ります。
今回は「いちご2パック(500グラム以上になるはず)と和三盆+てんさい糖で250g」
で作りました。

ジャムは時間がかかるぐらいで、やることは簡単ですが、
自分で作るとフレッシュさが出ます。
作りたては間違いなく、これより上でした。
いちごのフレッシュさを感じてから、マイルドな甘さが、やさし~くやってきます。
上白糖だと、ベタッと甘くなります。

・・・ということだったので、わたしはこの後、2回もいちごジャムを作りました。
今年いっぱいは、山形県にジャムを買いに行きたいとか思わないはず!
あ、でも夏「フルーツ祭」ができるのよね

2020.05 あっという間

2020.05.15.Fri.20:56
2020.05 あっという間



今月の写真は、ベランダの寒河江さん(ギボウシ)です。
ギボウシは、冬、地上(目に見える部分)には何も残さず枯れてしまうので、
毎年春になって、新しく葉を展開するのですが、それは驚異の速さ!

冬のゼロ状態から、上の写真にように大きな葉(人の手より大きいのよ!)を広げるまで、
一ヶ月かからないぐらい。
5月も半分も過ぎた今、花を咲かせようと準備しています。

マスクの・・・

2020.05.07.Thu.10:22
立体マスク


先週、手芸店の前でご夫婦を見かけました。
奥様は、ハギレコーナー、
ご主人は落ち着かない様子、顔のあたりをもぞもぞと触っています。
すれ違うとき、ちらっとご主人の方を見たのですが、
ちょっと小さめの、柄の可愛いマスクでした。
男の人は無地の白いマスクのほうがいいのでしょうか。

ということで、立体マスクを作ってみることにしました。
やっぱりこちらのほうが、きれいに作りやすいです。
平面のマスクは、普段裁縫しない方でも、
おしまいまで手順の想像がつきやすいので簡単な感じがします。
が、平面だからこそ、いろいろなアラが明らかに。。。

立体マスクは難しそうですが、意外にも簡単でした。
私の参考にした型紙がスタイリッシュだったので、若い人にいいかもと、
着なくなったタンガリーのシャツで、娘用に作りました。
立体マスクは、柔らかく薄い生地(Wカーゼなど)より、
多少ハリのあるもので作ったほうが、やりやすいです。


立体マスクは上下がはっきりあるので、小さいワッペンをつけました。
こう撮るとすごく目立ちますが、耳のすぐ横ぐらいになるので、
装着時はあまり見えず、子供っぽくならないはず。

数は揃ったので、もうマスク作りはおしまいです!

侵入者

2020.05.06.Wed.17:04
隠れ蓑


鳥が運んでくるのか、ご近所からやってきたものか、わかりませんが、
ベランダの鉢に見知らぬ植物が生えることがよくあります。

冬頃から注目していたのが、乾燥気味にしていたアガパンサスの鉢の、この子でした。
でっかいアイビーみたいな、ヤツデみたいだけど絶対そうじゃないあなたは誰?と思いながら
成長を見守りました、最近では「隠れ蓑」かな?と思っています。
もうちょっと経つとわかるでしょう。

姫さまも

2020.05.05.Tue.12:22
ヒメウツギ


ヒメウツギ

大好きな姫さまも咲きました。
お姉さま(バイカウツギ)は、妹よりかなり後に咲きます。

今年も咲きました。

2020.05.04.Mon.21:21
スパニッシュ・ビューティ


スパニッシュ・ビューティ

今年も私の(!)バラが咲きました。
このバラがあってよかったなぁと、今年は強く思いました。

さてさて、小さいほうのカメラを変えました、三ヶ月も前に。
旅行にも連れて行ったのですが、冬なので風景ばっかり撮っていました。
カメラに対する評価が、かなりグレーで、
操作系のすべて
「こんなの嫌だー!」
で喜びはなく、撮ることを避けていました。

最近になって花が咲くようになってから、撮ったものをじっくり見て、
「これはいいわね!」

上の写真は開放で撮ったもの、盛大にボケてくれます。
もうちょっと絞ったほうがいいですね。
じっくり我慢しながら、撮っていこうと思います(DMC-LX9)。