FC2ブログ

感心なダイエット

2020.04.30.Thu.20:24
@山形


私が夕食のメニューにそれほど悩まなくなったのは、
20年近く前、ある料理研究家の方(女性)が、
「一汁一菜」を実践しているのを読んでから。
買い物にも作るのにも迷いがなくて、いいですよというお話でしたが、
本当にそうでした。

なので、普段からたくさんの品目を作らないのですが、
この頃は、さらに作らなくなりました。
え、だって、家にばっかりいるのに、食べてしまったら・・・。
当然、お酒もだめだなと思い、(普段、ほぼ飲まないけど)きっぱり「ナシ」にしました。
とはいえ、普段の2倍の頻度で、お菓子を作っているので・・・。

ということをしてたら、このところダイエットをしている方の話を読みました。
数日はまったく食べない危険な方法でしたが、見事に痩せられ、
このつまらない、グダッとした時期に、なんて精神力があるのだろうと、感心しました。

スポンサーサイト



技量

2020.04.26.Sun.20:40
マスク


行列に並びたくなく、数百円だったものが何倍もするのも嫌なので、
かなり前から、マスクを作っています、布は「さらし」です。
ふきんを作るために持っていたのですが、
今、さらしでも買おうとすると、やっぱり2~3倍のお値段。

簡単!作ってみよう!と言われるマスクですが、
洋裁の基本、タックを作る、角の始末、まっすぐ縫う・・・等々が、
かなり問われる厄介なものだなぁと思いました。
手縫いでもミシンでも、まっすぐ縫うだけで一目瞭然、技量が出ます。
楽器でスケール(音階)を弾いたときみたいに!

マスクは二重にして作りますから、
タックを作ると、四重、六重・・・の布を縫うことになり、
真っ直ぐになんて、どっかに行ってしまいます。
最近のミシンではどうなのかわかりませんが、
私の古くて調子の悪いミシンでは、苦戦しました。
未だに満足できるものができません。
おそらく、上記のことがない「立体マスク」のほうが、
(手縫いでも)作りやすい気がしてきたので、今後、挑戦してみましょう。

おばあさんとわたしのマドレーヌ

2020.04.23.Thu.20:52
マドレーヌ


私が作ったロールケーキを食べてくださったおばあさんから、
たくさんのお菓子の道具をいただきました。(今から半年ぐらい前ね)
おばあさんとわたしの関係は、面識はほぼなく、
「え、なんで?」となりますが、今は割愛。

かなりお菓子を作られた方のようで、数々のケーキ型。
それらのほとんどは、捨てるのはもったいないきれいなものばかり。
おや?と思ったものは、マドレーヌ型。ひどく歴史を感じさせるものでした。
今は、家庭でお菓子を作るにあたり、
便利な(使い捨ての)道具が簡単に、安価に手に入ります。
使い捨てでない型は、手入れも保存も面倒で、
今は簡単に済ます人が多いのだろうなと思います。

台所のものは、極力増やさないようにしている私としては
マドレーヌはあまり焼かないし、どうしようかなとしばらく悩みましたが、
最後に焼いてから、処分しようと思い立ちました。

マドレーヌのレシピを見ていて、これほど傷の入った理由がわかりました。
昔はオーブンペーパーやパラフィン紙など、手に入りにくかったですから、
焼き菓子を作る時、「バターを塗って、粉をはたく」という作業がありました。
そういう作業をしても、型には生地が残りますから、
しっかり磨き洗われ、また焼かれ、また磨かれ・・・いつしかそれも繰り返されなくなり、
眠っている間、傷の入ったところは空気中で酸化・・・。

マドレーヌは、思ったより簡単に完成。
マドレーヌ用の薄い紙が安く売られていますから、
これを型に敷いて焼くと、型は食洗機で洗うだけで済みます・・・型を捨てるのをやめました。

今回作ったマドレーヌは、バターの半量以上を植物油(太白胡麻油)にして、軽くしました。
マドレーヌはハンドミキサーがなくてもできるお菓子です。
クッキーより楽で、満足感も高いような・・・お試しくださいね。

かたくり

2020.04.22.Wed.20:56
かたくり

A pause

2020.04.21.Tue.20:54
a pause

野望

2020.04.19.Sun.20:59
_5033408_.jpg


今年のGWは、どこにも行けないですが、野望は持ち続けます。
発端は、6月、北海道でアスパラガスを食べることと
先生の「6月の津軽はいい。自信を持っておすすめする、来てごらん。」
(こんな書き方じゃないけど、こんなニュアンス)。
GW頃から、北へ北へ向かって、最後は北海道の初夏みたいな旅を、
1~2ヶ月したいなぁと、昔から思っているのですが、
こんな長い旅、今よりもっと若くなくては、無理なような気もします。
若いつもりでいるのですが。。。

2020.04 写真が撮れるまで

2020.04.17.Fri.21:18
2020.04


2月に釧路に丹頂を見に行ったのですが、3月になると写真が出しにくくなってしまい、
どうしようかなぁ・・・と考えているうちに、2ヶ月近く経ってしまいました。
見に来てくださった方、ごめんなさい。
平穏な時間が戻ってきたら、この時の写真を出すことにして、
過去の写真や身近な話をしますね。

今月の写真、「カレンダー」として登場するまで、随分時間がかかりました。
まず、上の写真になるまでに、数年。
1~2年前まで、毎年行っていた場所ですが、
随分長い間、提灯には商店名がデッカく黒々と書かれていて、
「どこでもないどこか」のような写真を撮りたい私としては、
電線以上にがっかりな存在でした。

それから何年か経ってから、ふと見上げると文字の書かれていない提灯があることや、
文字がちょっと小さくなった事に気が付きました。
そう、やっと写真が撮れました!

それからカレンダーに採用するまで、さらに2年ぐらい悩んでます。
空気があまりにも緩すぎて、
「ちょっと、ふざけていないか?」という気が、少しだけしたのです。
けれどもそんなことは無用な心配、
昨年買っていただいた多くの方が、この4月のことを絶賛してくれました。

今年は桜の写真は、数枚(いつもなら数千枚)しか撮っていません。
来年は「なんとかディスタンス」とかなしに、皆でこんな空気に包まれたいです。