FC2ブログ

ピアノと物理学者と温泉

2020.01.20.Mon.19:55
キュリー夫人



私がピアノに出会うことによって知り得た、キュリー夫人のお話をしましょう。
上の写真は、三朝温泉(みささおんせん)にある夫人の像です。

キュリー夫人には二人の娘さんがいたのですが、
お姉さんのほうは、お母さんと同じ物理学者に、
妹さんは一時、ピアニストを目指していました。
その妹さんの先生は、
当時、ヨーロッパで絶賛売出し中のピアニスト、アルトゥール・ルービンシュタイン。
キュリー夫人もルービンシュタインもポーランド出身ですから、
パリでの同郷のよしみかと。

ある時、ルービンシュタインが
(当時はすでに有名人だった)お母様を食事に招待する光栄に与りたいと申し出ると、
母は誰の誘いにも応じず、研究室に閉じこもっている、
時には、外に出て美味しい食事をしたり楽しんでほしいといえば、
人様の前に出られる姿ではないと・・・
(本文では、手荒れが酷くて、人様と食事ができないとかいう言い回しだったかと思うのですが、
wikiを読むと、素手で放射性物質を触っていたようです。)
母の毎日は悲惨なんですといって、「ピアノの先生」の前で泣き伏してしまった・・・。

後年、ルービンシュタイン先生に、その「光栄」はやってくるのですが、
暗く、しんみりしたひとときだったようです。

ルービンシュタインの自伝は、話がモリ過ぎであると、あんまり評判が良くないのですが、
上の話は、華やかでも悲惨でもなく、しんみりとした話。
伝わっているキュリー夫人のキャラクターともよく合致して、実話なんだろうなと思います。
夫人の生涯は、栄光以上の苦難や苦痛の道のりだったかもしれません。

三朝温泉は、世界でも有数の放射能泉。
大小様々なホテルや旅館(だけ)が、突然ドーンとある!という感じのところ。
外を歩いて楽しむっていうところではないですが、私は一週間ぐらい、いたかったです。
もう一度、絶対!入りたい温泉というのは、意外にもそうそうないものです。

スポンサーサイト



大吉 × 2

2020.01.18.Sat.08:01
大吉 × 2


小さな神社でおみくじをひきました。
なかなかサービス精神あふれる神社で、
お金を入れると、置いてあった獅子舞が音楽とともに踊りだして、びっくりしました。

娘と一緒に引くと、ふたりとも大吉。
当然、ある疑惑がわきますね?!

あとからやってきたオジサマにひいてもらうと、「末吉」。
オジサマは今年も仕事が忙しいのでしょう・・・「やったー!」と、疑惑は晴れたのでした。

皆様の一年が、良いものとなりますように

誰のせい?

2020.01.17.Fri.20:58
_1016444_.jpg


そんなにギリギリに出かけたつもりはなかったのですが、
空港の保安検査場を通過するのに、とても時間がかかるようになりました。

並んでいるときに、半袖姿の人がちらほらいて、なんでだろうと?と思っていると、
コートを脱ぐのは事前に指示があったのですが、私はさらにカーディガンまで脱がされました。
なら、セーターの人も脱がないとだめじゃないの?
どこで線引しているのでしょう?
これが半袖の人の理由ですね。
ブーツはスリッパに履き替えのようです。
時間がかかるようになるわけです。

オリンピックのせいだなと思っていると、
その日の夕方、ある方が脱出したと知りました、そっち?!

Angel's ladder

2020.01.14.Tue.20:30
天使の梯子

砂漠に行きたくなくなった、かも・・・

2020.01.13.Mon.21:50
鳥取砂丘


何を期待していたのか、わからなけど、
思っていたよりたくさん人がいて、軽く違和感。
それからこの場所に立った瞬間、何かがバキッと折れて、
「はやく帰りたい・・・。」

たぶん、来る時間を間違えたのかなと思います。
人の少ない「明け方」はどうだろう・・・?
けど、また行ってみようとは思いません。

パリとかロンドンより、サハラ砂漠とかタクラマカン砂漠に行ってみたいと、
若い頃から思っていたのですが、「砂丘」ごときで、これってどういうこと?

人はたくさんいるけど、人を拒否している感が、
海も見えるし砂浜でもあるけど、圧倒的な量が威圧感とか・・・
意外に私にはショックだったのかも・・・。

浅い穴の黒いものは、 ダリの絵に出てくる蟻のよう・・・人です。
その登ったり降りたりしているのは、殆どが子供だそうです
(オジサマ談 私はこの場所から先には行かなかったのでした。)

ごめんね

2020.01.11.Sat.20:44
_1026638_.jpg


こっちを見てくれて、ありがとう!

続きを読む "ごめんね"

夕日はない

2020.01.08.Wed.19:32
@皆生温泉


こんなことを書いたけど、
真冬の日本海側で、夕日を見るのはやっぱりまだ無理でした。
これは朝。
向こうの山は対岸ではなくて、この砂浜と陸続きの大山。
山の右のほうの白い所は雪@皆生温泉(かいけおんせん 鳥取は難読漢字が多め)

絶対こっち/画力

2020.01.06.Mon.20:44
@境港


境港はするんとして静か、港も街中も美しいところでした。
二日後、「鳥取といえばあそこ」へ行ったのですが、
はっきり書きましょう、残念スポット。
境港の方をはげしくおすすめします。

鬼太郎の立体像はよくできていました。
制作した方の技量はもちろんですが、同じモンスターのポケモンの像を作ったら、こうなるだろうか?
いえいえ、絶対にならず、ブタピカチュウができるはず。
「ゲゲゲの鬼太郎」がものすごく良くできている、水木しげるさんの画力に気付かされました。


@境港

名前

2020.01.06.Mon.20:29
@米子


空港の名前は「場所」が基本でしたが、
最近はいろいろなものがくっついていることが多いです。
昔のままの「羽田」や「成田」がつまらなく思えます。

外国では、
「シャルル・ド・ゴール空港」とか「ジョン・F・ケネディ空港」など、
人の名前が多いですね。
実在の人物が使われたのは、日本では高知ぐらいでしょうけど、
あの方は事実と書かれたことが、ごちゃごちゃになっている
いわば伝説の人物だから可能だったのでしょう。

日本ではあまり実在の人物が使われることはなさそうだし、
世界的にも少なくなっていくような気がします。
世界は複雑、状況は変化し続け、いい人であり続けること、
あるいは、かっこよさだけを見せ続けることは、暴かれ続ける現代では、もう不可能だもの・・・。

帰りは、「桃太郎空港」から帰ってきました。