FC2ブログ
2019
04.30

白衣とヘルメット

Category: e.t.c.2
花


半期ごと、授業料を収める時期が来ると、
「やめようかなー!」
と、いつも考えていた自分の経験から、
やりたくないことを考えてみたら?と、言いました。

高校生ぐらいで、自分の勉強したいことなど、はっきり分かる子なんて、そうそういるわけがなく、
中には、入学してから細かく(学科を決める程度のことかな?)決められるところもあって、
良心的だなぁと思います。

「白衣を着て、試験管を眺めているようなことは、イヤだ。」
というのが、娘の答えでした。
こういう写真って、絵になるからか、大学の案内にたくさん載っているのです!
それで、大学を決めて、今に至るのですが、
最初に買わされたものは「ヘルメット」でした。
外に出ることが多い学部です。

私も白衣は着て、実験などしたくなく、一人であれこれ考えているのが好きでした。
「あれに行くしかないのだな?!」とは、思いましたが、
どうも自分に合っていると思えず、その先にはやりたくない職業が並んでいる感じで、
結局、「白衣実験コース」でした。
タイムマシンがあるなら、過去の自分のところに行き、
「先は考えるな!」と言ってやりたい。。。

「あれ」にいったほうが、よかったのでしょう。
今では自分の適性を感じるし、今、花形のモテモテの分野です。
後悔というほどでもなく、違う自分を見てみたいような、一種の甘い夢です。

スポンサーサイト

Comment:0
2019
04.29

なんとかしてあげてください!

Category: はな(春)
ボタン


「紅一点五点」というか、
豚に真珠か匕首に鍔(あいくちにつば)・・・か
誰かなんとかしてあげてください!


Comment:0
2019
04.28

バイカラー/遅すぎ

Category: はな(春)
チューリップ


原種に近い背の低いバイカラーのチューリップは、やはり今年も咲いてました。
たくさん写真を撮らなくなって久しく、
このチューリップを最後に見たのがいつなのか、思い出せませんが、
その時より、ずいぶん花の数が増えたように思えます。
それにしても・・・来る時期が遅すぎました!


Comment:0
2019
04.27

八重桜の不幸

Category: はな(春)
八重桜


ソメイヨシノより、ずっと撮りやすく、絵になりやすいのに、人気がないような気がします。
この頃になると、もう桜は終わった、済んだ!次はGWだ!!と、どんどん活動的に、
外で飲食するには、やっとちょうどよい頃だというのに、
八重桜ではヒトは浮かれません。

ソメイヨシノが咲いた頃の「お花見」というのは、
実質「冬が終わったお祭り」なんだなと、つくづく思いました。


Comment:0
2019
04.26

姫さまも

Category: はな(春)
ひめうつぎ


ひめうつぎのほうは、咲き出しました。
これは、二代目。
先代は、私が南の島に一週間あそんでも閉じ込められても、生き延びていましたが、
すみれ様に侵略され、枯れてしまいました。
今年は、すみれ様からすごく離しておこうと思います。


Comment:0
2019
04.25

ウツギの沈黙

Category: 植物
ばいかうつぎ


しばらくは毎日更新しようと思っていたのに、長い風邪をひいてしまいました。
来てくださった方、ゴメンナサイ!

植物を育てていて、とてもうれしい瞬間は2つ。
・バラのシュート(根本から出る太い枝)を発見した時
・諦めていた植物が復活したと時

花が咲くのは、不思議ではなく、当然の帰着と言うか・・・うれしいには、うれしいですが!
で、今日の写真ですが、「ばいかうつぎ」です。
後ろのグリーンはギボウシのサガエさんで、
春先は一日に数センチという、目に見える成長をします。
なのに、筋の深く入った細い枝は深く沈黙を続けて、すっかり枯れてしまったようでしょ?
つい最近まで、すっかり諦めていて、この後は何を植えようか、真剣に考えていました。
ある日、この枯れたような枝の中から、
ポコッとパステルグリーンの芽が出現したときは、びっくりびっくり、大喜びでした。
今では、花の蕾も見えます。
ウツギの沈黙は長いです。


Comment:0
2019
04.17

水やり3年

Category: 植物
クリスマスローズ


植物の名前を特に教えこなかったので、
生物の勉強をしているときに、娘は実物を知らないばっかりに、苦戦しているようでした。
実物を知らないと、単なる丸暗記。
無駄に私の頭に中にある「植物図鑑」をごっそりあげたいわーと思ってました。

なんとか大学生になりましたので、
丸暗記はやめて、実地でやってもらおう(かつ、私はもうラクをさせてもらう!)と、
先月から、週の半分くらい、水やりを任せました。
家にある植物は全部で10~15鉢ぐらい。

「水やり三年」という言葉があるのですが、全く任せて枯らしては困るので、
それぞれの植物がどのくらい水が好きなのか、教えました。
季節が少し進んで夏になると、教えたことはそのままではいかず、
冬になると、また変わります。
塩梅を飲み込むのには、最低3年はかかります。
植物を育てることは、大学でも実習としてやるようです。

写真のクリスマスローズは、人が水をやらなくてはならない環境では、かなりムズカシイ、
私は昔だいぶやらかしまして、諦めた植物の一つです・・・。


Comment:0
2019
04.16

混んでる?/さくっと10日

Category: e.t.c.2
新緑


昨日の続きです。
角館や弘前などに行ってしまうと、混んでいるだろうし、
日帰りできるような近場は、そもそもすでに宿が空いてないか、
「え?!」という、びっくりお値段になっているので、
そういうのも避けてみたのですが、例年に比べて、うまっているような気がします。
10日も家にいて、ご飯作る(だけでも大変な)もろもろの家事をし続けるのも、イヤですものね。
経済効果がすごそうです。
こうしてみんなが一斉に休むのじゃなくて、
いつでも10日ぐらいさくっと休めたらいいのにと、昔から思います。


Comment:0
2019
04.15

思案中

Category: はな(春)
桜


今年は、あまり桜を撮ってないのです。
GWにどこか見に行こうか、思案中。


Comment:0
2019
04.14

春の花壇

Category: はな(春)
花壇


花もハコベも、くすのきの落ち葉も、みんな春。


Comment:0
2019
04.12

おかしのたび@新潟

Category: おかしのたび
おかしのたび@新潟


たとえチョコレートがかかっていようとも、
「柿の種」に期待することは、もう何もなかったのですが、これは
「え、うそ・・・。うまい」」

あの辛い味はほぼしません。
あの味はまったくなくて、完全に裏切って、おいしいです、大袋はないのか!
あたらしい柿の種、もうこれが標準でいいと思うの@新潟
(サラダホープの方はエビ味が強め、こちらもおいしいです。)


Comment:0
2019
04.11

おかしのたび@山形

Category: おかしのたび
おかしのたび@山形


いろいろないちごジャムを食べましたが、これは素晴らしいです。
夏に蔵王に行った時も、ジャムを見かけたのですが、生のフルーツのほうに手がのびました。

今回は冬の終わりだったので、ちゃんとジャムを買ったのですが、これほどだとは!
終わりも見え始めた頃、なんでこんなに美味しいのさぁーとラベルを眺めると
「和三盆」の文字が・・・。(普通のお砂糖も入っています。)
でも和三盆のおかげで、甘い味は後からきます。最初はいちごの味。
そして甘い味がしつこく残らないので、いくらべも食べらます。
和三盆が入っていれば私は何でもオッケーなのか・・・という気がしないでもなく、もう一回香川に行ってしまおうかなぁ。。。
このジャムを買い占めればよかった@おとめ心(たかはた ファーム) 


Comment:0
2019
04.10

一点集中

Category: 写真のこと
ガーベラ


この間の続きです。

撮った写真を義父に送りますと、どうやら孫の姿が小さいのが問題な様子。
学校の様子をわかるように撮った写真は、娘の姿が小さいです。
「・・・一点集中なのね。」
背景がレンガの壁のほかは、娘しか写ってない写真を送ると問題は解決したようです。

一点しか見ない見方は、最初にヒトが獲得するもの。
最初はひとつだけ、そのうち親しい人と自分がはいって、そのうち太陽が加わったりする
こどもの描く絵の変化を見ると、わかるでしょう。

好きな人ができると、それしか見えなくなります。
少し経つと、そのヒトを囲む背景も見てみたくなります。
そして嫌いになると、もう見たくありません。
人の視線は多くを語りますね。


Comment:0
2019
04.09

2019.04 毎年咲くチューリップ

チューリップ


今月の写真のオリジナルは、縦の長い写真でした。
この写真はカレンダーに何度か使おうとした記憶があります。
うまくいかないので、そのたびに諦めたのですが、やっと解決したようです。

チューリップは、開ききってしまうと、お行儀の悪い女の子のようで・・・
下から眺めるのが好きです。
地面から高い場所に作られた箱型の花壇は、水が溜まりにくいらしく、
長年、毎年咲いています、たぶん、今年も。


Comment:0
2019
04.08

ほぼ

Category: e.t.c.2
チューリップ


入学式は行かないでいいかぁ・・・と思っていたら、
ふと、写真を撮らなければ!と、写真だけ撮りに娘と大学に行きました。
お決まりの門のところは、長蛇の列。
私は当然並ばないで(行列はキライです)、大学の様子がわかりそうな違うところを探しました。

入学式を、親は入学式が行われている会場とは違う建物で映像で見ることになっていて、
そのあとも、必要とも面白そうとも思えなかったので、写真を撮ったら、さっさと帰りました。
そんなヘンな人はおらず、人の流れと逆行するように駅に戻ったのですが、
男の子でも、ほぼお母さんと来ていました。


Comment:0
2019
04.07

代弁者

Category: e.t.c.2
バス


長いことギモンだったこと。
ドキンちゃんが好きだけど、アンパン並みにグッズが売られていて、買えるのは、なぜ?

バイキンマン&ドキンちゃんは、人気なのかなぁと思ったのですが、
お子さんが乗るだろうこのバスを見て、やっぱり人気なんだわねと思いました。
主役と肩を並べるヒールって、他のアニメにあるかなぁ。
いろいろ難しい「ガンダム」とか、あっちになっちゃうような。

子供に人気があるのは、子供が自分の中にあるバイキンマン的何かを(無意識に)認めているわけで、
お母さん的には恐ろしいことかもしれないけど、
マインドフルネスで、(当然といえば当然ですが)大人より健康的であると思います。
「完璧に真っ白でいい人」もいなければ、「完全に真っ黒で悪い人」もいません。
後者は反論があるかな?
少し変えれば、生まれたときは、皆、赤ちゃんでした。
バイキンマンは、ほんのちょっとしたスキに生まれるイジワルな気持ちの代弁者ですね。


Comment:0
2019
04.06

鮭/スカーフ/不勉強

@まいづる公園



日本中の女性が注目、その日のスカーフの結び方、服、バックや靴のブランドはもちろん
ご愛用の化粧品、その一挙一動をワイドショーが報じた頃のこと知っているのは、
おそらく40代後半以上の方ででしょう。

非常に眩しく見えましたし、今、その頃の映像を見ても、確かにそう思います。
私はフマジメな大学生でしたが、スカーフがとても素敵なものに感じられました。
今思うと、厚地のシルクスカーフは、マフラーの代わりだったのかなと思うのですが、
マフラーじゃないところが、さすがです。
だって、そのほうがずっとエレガントだもの!
それが頭にずっとあって、数年後、エルメスのスカーフを一枚だけ手に入れました。

去年だったか、笑顔で、ピンクの長いスカーフをまとわれてた写真を拝見して、
とてもうれしくなりました。

・・・で、鮭が遠くにぶら下がっている今日の写真は何よ?ですが、
この建物はお二人のご成婚を記念して作られた公園にあります。
雅子さまのお祖母様のご実家の建物もあるのですが、残念ながら写真は違います。
いまだにフマジメな私は、
ちゃんと勉強していかなかったので、帰ってきてから知りました・・・ということを、
ここで告白しなければなりません・・・。


Comment:0
2019
04.05

おかしのたび@村上

Category: おかしのたび
おかしのたび@村上


約1年三ヶ月ぶりの「おかしのたび」なのに、もうちょっといい写真はがなかったのかと、
自分で思いますが、唐突にアレルギーの話からになります。

私はおそらく花粉症ではなく、「寒暖差アレルギー」というだと思うのです。
春先の朝一時間ぐらい、くしゃみをしています。
それが済めば、もう鼻はなんともなく、外に出たときは、多少目がかゆいぐらい。
が、この日は、お昼すぎまでくしゃみをしていました。
くしゃみをしながら、村上の街を歩き回っていて、非常に辛かったです。
お店の中に入ると、不思議とおさまるので、いよいよ花粉症かと思いました。
そう思いながら、お店で美味しいお団子をいただきました。
小さなお店の中で、おばさんが
(「おねえさん」と書きたいけど、世の中、過剰に親切なのはだいたい「おばさん」だなぁ。)
椅子と温かいお茶をすすめてくれました。
お団子はふっくら柔らかく、うれしいボリューム。
あんは、甘い方にも辛い方にもどっちにも偏っていない、非常に上品な塩梅。
今日はずっともうこの椅子に座って、
お団子を食べ続けたいなぁと思いましたよ@十輪寺茶や越後岩船家


Comment:0
2019
04.04

ともだち

Category: e.t.c.2
ガーベラ


大親友なのですが、会ったことも、手紙、メール、ラインなどもやりとりしたことがない人がいます。
(これだけで、なんの話かわかった人がいるかも。)
ただ、毎日、プレゼントをくれました。
プレゼントの中身から、「山形県」の方だとわかるのですが、それだけです。
(これで、なんのことかわかりましたね。)

大親友になった後は、まったく送ってくれない方もいるのですが、
その方は、毎日ではないけど、今も送ってくれます。

今回、新潟県から山形県にかけて、私がプレゼントを集めたので、
北上してまた新潟へ戻るように、プレゼントを送り続けてみました。
(なんの話かまだわからない人は、さらに混乱するかも?!)
プレゼントを開けてくれる間隔が短くなったようです。
数日すれば、私からはいつもの地元からのプレゼントになるでしょう。
メッセージは伝わったかなぁ・・・。
言葉をかわさない誰かとのやり取りは、なかなか面白いです。
(以上、ポケモンGOのお話でした。)


Comment:0
2019
04.03

西日

西日

Comment:0
2019
04.02

凶悪のちおいしい

@村上


狙ったとはいえ、このアングルは、怖いですね

続きを読む
Comment:0
2019
04.01

迎えてくれた

@瀬波温泉


写真に写っている木は、ほぼ全部桜の木です。
3月半ばでは、まだこんなふうでした。
咲いたら、いい景色ですね。
けど・・・

続きを読む
Comment:0
back-to-top