FC2ブログ
2018
12.31

後ろ向きから前向きへ

Category: e.t.c.2
ガーベラ


一昨日、やっと年賀状を作るため、今年の写真だけを見続けていると、
(なんて、元気のない・・・!)と感じました。

カレンダーを作るときは、何年分も見るので、年ごとの傾向は感じにくいのです。
書いたことも、後ろ向きなことが多かったかも。
今年は年のはじめから秋にも(秋は大掛かりだったので、もう一つ
(一ヶ月ぐらい続く)片付けしてたからなぁ・・。
片付けしてると思ったら、呼ばれて青チャートや赤本を見てたりするので、思考もコマギレ。

昨日は、オジサマと来年の旅行について話したし、
来年は元気のある写真をお見せできるようにしたいと思います。
今年も見てくださりありがとうございました。

ガーベラは花屋の優等生。
お安くて、花持ちが本当にすばらしく、いろいろな色もあって、存在感もばっちり。
思わずいろいろな色を買いました。

スポンサーサイト




Comment:0
2018
12.31

祖先帰り

Category: はな(冬)
シャコバサボテン


白いシャコバサボテンに赤い花が咲くようになるということをよく聞くので、
白は買わないでおきました。
祖先帰りというのは、園芸植物によくあること、
でも、ある程度時間が経ってから(育ってから)だと思っていました。

手前のうすいオレンジが購入時の、奥の朱色の祖先帰りした色のシャコバサボテン。
かなり大きくなったけど、「え、もう?」とびっくり。
淡い色のシャコバサボテンは仕方がないのかもしれません。
同じ時期に買ったマゼンダピンクのやつは、まだそのようなことはないけど、
成長がかなりスローということも、関係しているのかもしれません。

まだほんの少しだけなので、赤い花が咲いたところだけ、
根本から摘めばいいかなと思うのですが、無理かなぁ・・・。


Comment:0
2018
12.30

86%

チョコレート


黒烏龍茶やポリフェノールなどのお世話になるお年頃になりました・・・。

95%は、最初の30秒ぐらいは口の中で溶けません、何も起きない状態が30秒!
それから、うんと苦い味がどっと続いて、苦しい。
私が美味しく感じる上限値は、86%でしょうか。
88%もいただきましたが、「95%の気配」が少しあります。
散々苦くしてから、72%に戻ると、普通のチョコレートのように甘く感じます。
よくピアノの練習のあとに食べましたが、なんだか気分が落ち着くような気がしました。

効果はあったのですが、また別のことが見つかって、今度は食事を沢山食べるようにと勧められました。
いろいろと難しいお年頃です・・・。


Comment:0
2018
12.30

彼岸花(2018 蔵出し6)

Category: はな(秋)
彼岸花

Comment:0
2018
12.25

この次は秋(2018 蔵出し5)

Category: はな(夏)
勝負


この写真は6月のはじめ頃に撮ったものですが、次回はたぶん、秋の写真になります。
6月に梅雨明けをして、ひどく暑い夏でしたので、不要な外出は避けて、家に閉じこもっていました。


Comment:0
2018
12.24

ワクワク(2018 蔵出し4)

Category: はな(夏)
あじさい


これは6月に撮ったものですが、この写真を選ぶ前、
今年の6月はいったい何をぼさいていたか、ブログを見返していました。

すると、大好きなファンタン・ラ・トゥールさんがお亡くなりになりそうだという記録が・・・。
この記事を書いてからほどなくして、
新たなファンタン・ラ・トゥールさんを購入したのですが、すっかり忘れていました。

ベランダですくすく大きくなって、温かいので、冬になっても葉が落ちず、緑色のまま。
この元気良さが、イングリッシュローズだと思いこんでいたみたいです。
私はめんどくさいがり、鉢に花の名前を書いたプレートをつけません。
春になったら、またあの花に会えると思うと、ワクワクしてきました。
春になったら、もう一つ非常に楽しみな野望があるのですが、それはまた春になったら!


Comment:0
2018
12.23

ごちそう分割/チューリップ (2018 蔵出し3)

Category: e.t.c.2
チューリップ


クリスマスやお正月はどうしようかな・・・としばらくの間、悩んでいたら、
「ごちそう分割」を思いつきました。
受験生がいるお家や食べ過ぎが気になる方は、これがいいかもしれません。
食べようと思っているものを、毎日一つずつ。
ある日、おなかが一杯で勉強できないと言うので、思いつきました。

昨日はケーキの日(食事は普段どおり)
今日はお肉の日(お肉以外のものは、普段どおり)
明日はスープの日(それ以外は、普段どおり)

今回のクリスマスは連休なので、違和感もなく、やりやすいです。
作る方も、毎日一つずつ作ればいいので、忙しくなくてラクで、
「冷蔵庫がパンパン」も起きにくいです。
お正月もこれでいきます。(オセチはほぼありません。)

一つだけ違う色が入ってしまった残念な写真。
今年のチューリップは異様に早く咲いていました。
まだソメイヨシノが咲いているのに、チューリップは満開でした。


Comment:0
2018
12.23

気が変わる(2018 蔵出し2)

Category: カメラのこと
山桜


春になったら、新しいカメラでも買おうかなと少し考えていたのですが、
今年の桜の写真を見て、それが消えました。

動画を積極的に撮るわけでもない私には、今の新しいカメラは、オーバースペック。
そして、この柔らかさはたぶん望めないでしょう。

山桜は静かでいいです。


Comment:0
2018
12.22

古本/床/ゴメンナサイ(2018 蔵出し1)

Category: e.t.c.2
富士山


半月の間に、パソコン4台と、古本250(約500)冊を処分。
本を買い取ってもらうために、数える必要がありました。
持っている本はもともとが古本なので、
シミなどで汚い本が多めで、それは捨て、いつものように半分ぐらいゴミになりました。
この選別や分類は、結構時間がかかるのです。

こうして、半分に本を減らすことが5,6回目になるでしょうか。
数列として考えると、もともとは「万」ぐらいあったかも・・・。

実家にいた頃、父はかなり本気で床が抜けると心配していました。
ヤマハの人が、木造住宅の二階にグラインドピアノを置いても大丈夫ですと言っていたので、
私はアップライトピアノ(250キロ)のことだけを考えて、
父の心配を相手にすることはありませんでした。
でも、同時に「万」の本がありましたから、
やっぱりグランドピアノを置いたぐらいには、なっていたのかもしれません。

本250冊は3つのダンボール、パソコンはメーカーの指示で2つのダンボールへ。
集荷に来る人が、若いおにーさんでありますようにと願いましたが、
おじいさんでした、ゴメンナサイ。

写真は今年の1月2日の富士山。


Comment:0
2018
12.21

Gと檻

Category: e.t.c.2
菊


ある日の朝刊の一面に、愛知の動物園のイケメンゴリラと
只今、渦中の人物である某会長の写真が、載せられていました。

オジサマが「このゴリラはイケメンか?」と聞くので、
「G会長より、うんといい人そうに見えるけど、見に行かない、動物園のサルは嫌いなの。」
と答えました。

サルが嫌いではなくて、檻の中に入っているサルがどうも残酷すぎるのです。
大型の猿になればなるほど、なんだか私は息苦しくて、
無意識に顔を見ないようにしていました。
なんだかもう、人と同じ「気」を感じます。
今の京大の学長さんは、アフリカでゴリラと暮らしたことのある方だったと思うのですが、
それはとても羨ましいのです。

動物園によっては、大型の猿がたくさんいて、ゾーンとしてまとめて檻を配置してあるのですが、
上野動物園は、ガラス越しなので、気が軽くなります。


Comment:0
2018
12.20

2018.12 空の色

12月


しばらく間があいてしまいました、ゴメンナサイ。

今月のカレンダーのオリジナルは、この写真をトリミングしたもの。
カットした部分がずいぶんあるので、まるで印象が違います。

冬にオレンジ色の夕焼けが見られるのは、雪の降らない太平洋側だけなのかもしれません。
1月、日本海側へ、何回か行きましたが、
一日の空の色の変わらなさに、びっくりした記憶があります。
朝から暮れるまでずっと、灰色。そして、なんとなく青暗くなって、夜。
こうなると、冬が気分の上に、おもーく、おもーく、のしかかってきそうです。

3月の半ば、秋田へ行ったら、夕日を見ました。
それは、もう春は近いということなのかもしれませんね。


Comment:0
back-to-top