FC2ブログ
2018
01.31

クローゼット/ブラームス/不倫

Category: e.t.c.2
クローゼット ブラームス


妙に奥行きのない変形の押し入れを壊し、クローゼットにする作業をしていました。
破壊作業はオジサマにしてもらい、私はベニアにパテを塗って、シーラー、ペンキ。
楽しく作業ができたので、どっかほかに塗るところがないか、探してしまいました。

その押し入れにあったものを、他に入れるため、ダンボール2箱分の本を処分。
その中から、ブラームスの本が出てきました。
これを買った頃はショパンが好きで、ブラームスなんて全く縁がなさそうな気配だったのですが、
今はすっかり逆転してしまったかも。

作品118を弾いていた頃、ブラームスとクララ・シューマンについてまわる不倫説を
いろいろなサイトでよく見かました。
この作品がクララ・シューマンに贈られたものなので、
クララと結び付けられて解釈、語られてばかりで、本当にうんざり。

作者の私生活と作品を結びつけて考えるのが、私はあまり好きじゃなく、
どちらかというと、切り離したいと、思っているのですが、
ブラームスには、譜読みしている時々、
「えー、この音!何が?!」
と、ひどくびっくりしてしまう箇所があって、
なにかひどく辛いことが・・・と思わずにはいられません。
長い間、弾いているうちになじんで、そんなことも忘れてしまうのですが。

この本の中では、なにも判断していませんが、
「不倫」と人から言われるような時期は、実際、なかったのでしょう。
「何か」あったかもしれないけど、秘密でも何でもなく、公然と親しかった。
「何か」が発展しても、クララが「ブラームス夫人」になるわけには、いかなかった・・・
ということも、承知しているブラームス。
要するに、「片思い」に近いものだったのかなと・・・。

未だに詮索される二人のことを、去年からよく思い出していました。
読み返してみて、私の中のモヤモヤがすっきり。
今度、ハンガリーの5番を連弾するので、すごく楽しみです。

スポンサーサイト




Comment:2
2018
01.27

2018おみくじ


今年最初のおみくじは「吉」でした。
欲張らずに、地道に進んでいこうと思います。


Comment:0
2018
01.26

早々と退散

渡良瀬遊水地


来年の春まで、遠くへの旅行はおあずけです。
来年の春、ヒューンと何処かに行っているか、家でマッサオになっているのか、
すべては娘次第です。
「落ちたら、絶対怒るよね。」
と、今から恐れられています、ハイハイ、そうですよ~。

それで、近くで遊ぶ第一弾は、前から気になっていた渡良瀬遊水地。
このあたりのことは話で聞いてはいたけど、想像以上に風が強くて、ものすごく寒いです。
で、早々と退散しました・・・(おいおい
桜の季節にまた来ようと思います(たぶん


Comment:0
2018
01.25

ストレージとメモリカード

Category: カメラのこと
@仙台駅


メモリーカード類は大容量になったし、
その気になれば、ネット上のドライブに置くこともできるので、
今は使う人はあまりいないと思うのですが、旅行へはフォトストレージは必須でした。

仙台に行く前日、
長年使っていたフォトストレージが壊れていることを発見しましたが、もう、いらないなーと。
実際、使うことも少なくなっていましたが、
数年前、10年分ぐらいの写真が一挙になくなってしまったとき、
このストレージに残っていたものが、私をずいぶん慰めてくれました。
今年のカレンダーの3月(鹿児島)や11月(伊豆)は、このストレージがなかったら、
もう「ない」ことになっていた写真でした。

仙台についた夜、ヨド○シカメラに行って、コンパクトフラッシュを探したのですが、
高いのなんのって、びっくりして、帰ってから、アマ○ンで注文しました。

私のカメラはコンパクトフラッシュかピクチャーカードなのですが、
アダプターを介せば、SDカードでもOKなんですね、ちょっと怖ような気もするけど。


Comment:0
2018
01.25

おかしのたび@宮城 その2

Category: おかしのたび
おかしのたび@宮城


世の中のプリンが、「とろけるプリン」に変わりつつあるので、
見かけても、スルーすることが多かったのですが、
パッケージのかわいさに負けたのか、しばらく眺めてから、食べる決心をしました。

なにを眺めていたかというと、これが「とろけるプリン」であるかどうか、見極めるため。
プリンはどうやら2層(カラメルを考えると3層)。
上の方は明らかに、とろけるプリンだなと思ったのですが、
下の方は「そうじゃないかも!?」。

開けてみると、その通り。
「上の方」の話はしませんが、
「下の方」は、すばらしく正統派プリンでした。
以前取り上げた葉山のおじさんプリンに近く
あれよりもさっぱりとしてます@これはどこで買ったか忘れてしまいました・・・
ファミマが併設した道の駅だったはず。


Comment:0
2018
01.19

おかしのたび@宮城 その1

Category: おかしのたび
おかしのたび@宮城


写真の縦横比からわかるように、今日はスマホで撮った写真。
私の頭や目が3:4になっているので、もうなんだかわからなくて、これをトリミングする気にもなりません。

仙台は、お菓子がありすぎて、困ってしまいました。
困った挙句、私を動かしたのは、ラフランスのシャーベット。
すごーく美味しかったです。

続きを読む
Comment:2
2018
01.16

No.3

秋保大滝


この滝がナンバー3だと・・・。

続きを読む
Comment:0
2018
01.15

スワン型

Category: ねこその他
白鳥


あ、スワン型!

続きを読む
Comment:0
2018
01.14

立派

Category: ねこその他
ねこさん


私が近づいても、ちっとも気にしないで座ってたこの子は、
どこかで飼われているメインクーンでしょうか、立派ですね。
でっかい猫と暮らしてみたい。。。。


Comment:0
2018
01.13

やっぱりこの色/気が遠く

@仙台


仙台に行ったのは12月中でしたので、当然これも見に行きました。
嫌になるほどには人は多くなく、大変よかったです。

青い光ばっかりのイルミネーションを見ていると、
私はなんだか気分が悪くなってくるのですが、この色はOK。
けれども!
けやきの細かい枝まで空高く・・・、手間を考えると、気が遠くなります。


Comment:0
2018
01.07

おじさんとフカヒレ

ふかひれ@石巻


一度っきり、お会いした後、30年以上も「おじさん」と呼んでいる人がいます。
おじさんは、外国船に乗ることが仕事だった人で、
最初にお会いしたとき、オーストラリアから連れてきたコアラのぬいぐるみをくれました。

そして一年もしないうちに、おじさんのお葬式に行きました。
おじさんは祖母の再婚相手で、「おじいちゃん」と呼んでもよかったのですが、
祖母が「おじさん」と呼ぶので、そうなりました。

離れて暮らす時間が永かったせいか、祖母は30年間、一貫して、
「おじさんはいい人だった。」
部屋ごとのおじさんの写真を見ながら、暮らしていました。

一度、写真立てのガラスが割れたのがそのままになっていたので、
私が新しいものをあげたら、ひどく感謝されました。
そして祖母は何もしない母のことをこき下ろし・・・。

実の娘よりも、うんと頼りになって優しいおじさんのようで、
女の人にはナンダカンダいたって、亭主が最高なのよと、いつも言います。
仲の良い女友達だって、面と向かって思いっきり文句を言えないからだそうです。
有閑マダムだった祖母は、数々の趣味を持ち、
80を過ぎるまでは、頻繁にお友達と遊んでいたようですが、
「女同士のめんどっちくさっ。」も数々あったのでしょう。
私もオジサマ(オット)に文句ばっかり言ってますからね、納得。

おじさんと一度だけお会いしたとき、中華をいただいたのですが、
寿司、うなぎなどのごちそうがきらいだった私は、初めて食べる「フカヒレスープ」に感激。
それから機会があるごとにフカヒレスースープを食べるのですが、あれほどのものは・・・。
そうして、フカヒレは私の中で燦然と輝くごちそうになりました。

寿司はそのうち好きになって、
石巻や気仙沼にフカヒレの寿司があると知ったのは、かなり昔ですが、宮城県に行ったならば絶対に!と。

知っている味で言うならば、エイヒレにちかいなぁ、おつまみの。
でもあの時のフカヒレスープの中に入っていたのと、同じ食感でした@泰平鮨


Comment:0
2018
01.05

最南端/小さくても強い/信じられない

@岩井崎


ざっぷんっ!

続きを読む
Comment:2
2018
01.04

残った景色

@松島


今日は前回よりアップして。
手前の松の木を見れば、ここは残ったんだなぁと。
(この写真には写っていない)少し左にいくと、突然ごっそり何もない荒れ地があるのですが、
またすぐ松の木が続いています。
海はするんと静かで、波の音、濤声というものが聞こえませんでした。
昼、歩けば観光客でいっぱい。
そしてこの街から少し離れると、違う景色がありました。


Comment:0
2018
01.02

忘れてました!

@松島



あけましておめでとうございます。
一昨日更新すると書いておきながら、昨日公開するのを忘れてました!
松島の朝です。


Comment:0
back-to-top