2015/10/29

すみれが咲いたよ

すみれさま


真夏以外は、ほぼいつも咲いているようなすみれさまですが、
夏がおわって、秋深くなった今、咲き始めました。

写真のすみれは南山すみれと呼ばれるもので、花に大きく変わったところはありませんが、
葉に深い切れ込みがはいっていて、美しいです。
すみれなので、あちこちに種を飛ばして、勝手に殖えてくれます。

スポンサーサイト
2015/10/27

りんご/新しい切り方

りんご


写真のりんごは、「ふじ」の枝がわりだという「涼香」。
「ふじ」ほど、がっつり甘くないのですが、
果汁がたっぷりで、酸味と甘みのバランスがよくて、
食べるたびに、爽やかな気分なります。
少し前、スーパーで出会った「かみひめ」というりんごも、おいしかったですよ。

続きを読む

2015/10/27

足りない

ねこさん


目標も目的も動機も、あやふやに続けてきた漢検受験ですが、
一年前に予想した通り、受からないでしょう、明らかに少し足りないです。
きちんと自己採点したわけではないですが、そんな気がします。

一級の合格率は、10%以下。
この中には、もうすでに何度も合格している人たちが相当数含まれるようで、
初めて合格する人など、5%以下でしょう。
試験が難しいといいたいわけではなく、
合格率の低さは、勉強のしにくさを表すものだ!と、しみじみ納得のいった数か月でした。

そして1級は、おじいさん、おばあさんが多いです。
私の隣は、杖をついたおばあさん。
後ろは、試験が終わるなり隣の人に「○○の設問がありませんでしたよね?ね?」というおじいさん。
そうした年齢で受験することに、ある種の美しさすら感じましたが、
私には、それはできないと思うので、
(今お読みのこの字の大きさで、「壺」と「壼」の違いが、すぐにわかります?
わからなかったら、200%ぐらいに拡大してみてくださいね。)
もう一回ぐらい受けるかもしれないですが、根気が続かないかも
ちなみに、歴史小説や中国の古典がお好きな方は、とても楽しい受験勉強になると思います。

2015/10/18

もうちょっと

ねこさん


漢検の試験が迫っていて、それだけしているような毎日です。
ここまで一発合格できたものの、
さすがに今回の目標は低く、100点超えればいいなぁと思います。
あと一週間ですが、どこまでいけるかが、目的になってきました。
優等生は、まんべんなく勉強すればいいのですが、
劣等生は、捨てるのもを決めて、ヤマをハルのです。
何かを集中的にやってみるといいと思います。

130点を超えたら、もう一回、受けようかなーと思いましたが、
これをやっていると、ピアノを弾く時間がないのです。
先月半ばから今月いっぱい、レッスンを休みしました。
ブログも、もうちょっとお休みします。

2015/10/09

2016カレンダーの件/ありがとうございました

カレンダー


2016年のカレンダーは、ごめんなさい、作りませんっていうか、作れないのです。
ここにも書いたのですが、
保険の意味で、二つの外付けHDに入れておいた写真が、
二つ同時に壊れることで、写真の一切がなくなりましたので、
作るのが大変むずかしくなりました。

どちらか一方壊れても、大丈夫なようにしてあったのに、
同時に壊れるのは、想定外でした。

三年ぐらい経つと、かなりの確率でどうにかなってしまう、
外付けHDを信用するのはもうやめて、Onedriveを1T分、すぐに確保しました。
結局、昔の写真で残っているのは、ブログとHPに移した分だけで、
ネット上にあるものなのです。
写真をなくなることを考えたら、一か月1000円ちょっとなど、私にとって安いものです

休むのは一年?ということですが、来年も作らないと思います。
これまでのつくり方は、限界を感じていたもの事実で、
別の方法で、皆さんに頒布できたらなと、
それが一体何なのか、探っていきたいと思います。

ご贔屓にしてくださるリピーターさんが、ほとんどなので、
とても心苦しいのですが、長いこと、ありがとうございました。
また、何らかの形でカレンダーをお目にかけられるよう、頑張りたいと思います。

2015/10/03

かぶとおじさん

@茨城県


朝から、新聞紙で「かぶと」を作りました。
朝から、「えっ?」です。

新聞紙は真っ白ではなく、グレーがかり、若干、黄色ぽいです。
なので色を出すのは、とてもむずかしいと思うのですが、
最近は、髪の白さや印刷技術がアップして、
中間色も、とてもきれいです。
ほんの数秒、かぶるそうなので、
ちょっとでも恰好よくなるよう、色のついたページを使って、折り始めました。

が、すぐに手が止まりました。
かぶとは、どういう三角形からはじめるのだっけ?
ぴんぴん!と、左右に伸びている鍬形(くわがた)の部分は想像つくのですが、最初がわかりません。
娘が持っている折り紙の本を開き、解決。

二つ必要とのことで、もう一つ折ると、
オジサマは、それをもって、そそくさと出かけていきました。
なので、写真はありません、かわりに休日らしい写真でも。

いい歳したおじさんが、折り紙のかぶとをかぶるとか、どーよ?と思いますが、
イングレスのためなら、恥も捨てられるようです。。。