2015/02/28

夢/春の歌/最後

発表会


今日は、ピアノの発表会でした。
本日の最大の目的は、
やってみたかったことをやることです。

でも「キューピー」や「くまちゃん」柄、真っ赤やピンクの服を着るわけにはいかないので、
姉妹ブランドである”INGEBORG”の花柄のワンピースにしました。
娘に
「みんな、引くわ~。」
とか、言われましたけど、めげません。
味方はメンデルスゾーン先生。
「春の歌」なのだから、このくらい許される。。。と思います。
(特に装飾はなく、ただ全身にストンとたっぷりこの花柄です。)

演奏のことは聞かないでください。
二曲、計八分弱をやることにした、去年の(秋、決めた)自分を呪いたくなりました。

普段の1.5倍速で演奏して、最後のページまでたどり着くなり、
「よし、最後だ~!」
と思った自分が、まるで理解できません。
自分のどこに「1.5倍速モード」があって、
最後ページにうかれる余裕がどこにあるのでしょう?

本当はこういうことが大嫌いなのだと思います。
自分のホントウノコト、というのは、わかっているようで、実にさぐりにくいですが、
この件については、やる気があっても、練習を積んでも、
それが「いい」にはならない、別の問題のような気がしました。
何年か前から気になっていましたが、今回はっきりそう思いました。

自分を追い詰めることも限界、
先生を変えるつもりはないので、これが最後です。

スポンサーサイト
2015/02/27

遠いところにあるもの

グランドピアノ


グランドピアノは私にとって、
先生のお宅で、発表会で、写真のように部屋と楽器を借りて触れるものです。
屋根をちょっとあけようと、思ってピアノをのぞいたら、
長い棒と、二つの穴しかないようです。

そんなはずはないので、もう一度よく見ると、
長い棒に埋め込まれるように、中くらいの、
さらにそれに埋め込まれるように、鉛筆ぐらいの長さの短い棒(写真)があって、
まるで「マショーリカ」のような構造になっているのに、びっくりしました。
よく知っているようで、知らないピアノ。。。

何を弾くか、についても、近い存在、遠い存在があるようです。
遠い存在のことは、考えようともしないものですね。

続きを読む

2015/02/26

春と雨の日

チューリップ


届きそうで届かない、春の雨の日。

2015/02/25

咲く

河津桜
2015/02/19

チューリップ


中をちらっと見て、通り過ぎようとしたとき、
何色とも言いがたい絶妙なチューリップと、
それよりもいくから黄色がはっきりしているけど、
チューリップと姉妹のようなスイートピーを見て、
足を引き戻し、迷わず店の中に入りました。
お花屋さんの中はすっかり春でした。

2015/02/18

余裕/エライ/あった!

河津桜


これでいいか、と思ったので、ちょっと余裕、
雨が降っていましたが、カメラを持って外へ。

写真を撮るようになってから、ごくまれにしか手袋はつけないようになりましたが、
今日がその「ごくまれ」にあたる日だったような気がしました。
でも、手袋は持ってきていません。
15分もすると、手がジンジンしてきました。
風も強く、こんな日にマクロレンズをつけてくるなど、まったくエラすぎるし、
この次の暖かい日には咲いてしまいそうなキミたちもエラいです。

続きを読む

2015/02/16

よゆうがない/まだ、降らない

2014


余裕がないので、あっという間に、更新しないままの一週間。
あと30分ぐらいで、チェックポイントを完成させないと思いながら、
放置されているこっちも気にかかり・・・。

余裕がないので、写真も撮らないから、去年の2月の写真を見てみると、
雪が何回か降ったみたいです(上の写真)。
私の住んでいるところでは、まだここまでは、この冬、降っていません。

2015/02/08

おかしのたび@青森 その5

おかしのたび@青森



おかしのたび青森編の最後は、ジュースです。
しかも赤いの!

続きを読む

2015/02/06

恵方巻/15年の夢/復活

削りたてのかつおぶし


最近の節分は、どこかいやだなと思って、
何もしなかったら、娘が先生から信じられないと言われたそうです、授業中に。
私は余計なお世話だ!と言ったのですが、
これでますます嫌いになりました。
今後もスーパーで恵方巻きの予約など、絶対しないぞ!という私が、
おねーさんの頃から、夢見ていたことがとうとう実現しました。
15年はかかった、壮大な夢でございました!

続きを読む

2015/02/04

おかしのたび@青森 その4

おかしのたび@青森


東京あたりの洋菓子は、この十年ぐらいでずいぶん甘くなったと思います。
それは昔からある地元のケーキ屋さんというのが消え、
外国のどこかで修行したというパティシエがいるという、
外装からこじゃれたケーキ屋さんが人気になってきたことも、
外国からやってきたお店のせいもあるでしょう。
ケーキは、経歴や素性が大事になったってこと?

「おかしのたび」というものを続けていますが、私は甘党ではありません。
どっちかというと、辛党なので、
最近のケーキは一度で食べきることができません。
近所の好きなケーキ屋がなくなってしまったので、
ケーキが食べたくなると、「コージーコーナー」へ行きます。
あそこのケーキは(ありがたいことに)大きいので、あっさりでも、よほど調子よくないと、
一度で完食できないのですが、もはや貴重かも。
お店自体は、どこにでもありますが、
「日本のケーキ」って感じの、あの味をこれからもあまり変えないでほしいと思います。

今日は前置きが長くなりましたが、「日本のケーキ」は地方にあるみたいです。
程よい大きさで、ふんわり、あっさりしているので、私でもあっという間に完食です。

続きを読む

2015/02/02

おかしのたび@青森 その3

おかしのたび@青森


りんご好きのための、究極のお菓子かも。

続きを読む

2015/02/01

おかしのたび@青森 その2

おかしのたび@青森


ごろごろっと、ナッツ好きには、たまりません!

続きを読む