2013/02/28

Touch me !

ねこさん



実家にいたころは、ずっと猫と暮らしていましたが、
まだ体験したことのないことが、あったのでした。

スポンサーサイト

続きを読む

2013/02/22

まだまだです。

うめ
2013/02/20

スカイベリー

スカイベリー


おいしいとうわさの「スカイベリー」です。

最近のいちごのチャンピオンは、「あまおう」だろうと思っていたのですが、
あまおうって、関東で買うと高いのです。
地元ではそんなでもないと聞いたことがあるので、
誰か送ってくれないかーと、あまおうを見つめていたら、
となりにヘンな名前のいちごがあって、それがスカイベリーでした。
値段はあまおうよりひかえめ。
でも、最初見た時は、
それほどおいしそうにみえなかったのです、へたのあたりが白っぽくて!

(つづきを読むが、広告の下にあります。)

続きを読む

2013/02/16

紫にんじん

紫にんじん



紫にんじんは思ったより早く出会えました。
紫というより、ブラックですね。
木工版画を思い出しました。
(「続きを読む」が、広告の下のほうにあります。)

続きを読む

2013/02/12

福寿草

福寿草


福寿草は、結構頻繁に開いたり閉じたりするのですが、
この日は、じーっとしていました。
とても寒かったらしいです。

2013/02/10

白い花は女王

寒牡丹


明日と言いながら、何日かあいてしまいました。
家族がインフルエンザにかかろうとも、ノロになろうとも、
何事もなく元気な私は、ワイルドだろぉ、じゃなくて・・・、いよいよバカかもしれないと思います。

白い花が女王だろ思うのは、その葉にも理由があります。
白い花を咲かせるものは、さわやかな緑色の葉を持っていることが多いです。
逆に、赤い花を咲かせるものは、濃い色の葉。
絶対とかすべてとは言えないのですが、
写真の白い寒牡丹など、葉の色も質感も女王です。

薔薇は、オールドローズがそのような性質をもっていることが多く、
特にアルバローズは天国にいる姫の気配・・・意味不明ですみません。

百合は、これにはずれて濃い緑ですが、
真っ白ではない、ぽったりとしたアイボリーには、濃い色のほうが似合いそうです。

2013/02/07

白 / よいことは何も / 別格

寒牡丹



色白は七難を隠す、というのは、いわば陰口ですね。
(色白の)本人が使うわけでも、褒め言葉にもならない。
私は顔色が悪いくらいの色の白い人間ですが、この言葉は昔からイヤでした。
だって、色の白いことは、何も隠さないのです、むしろ強調。
うらやましいようで、よいことは何もありません。

でもよいことが、一度だけありました。
おじさまのおばあさまに、はじめてお会いした時、私の顔をまじまじご覧になり
色の白いことをさんざん褒めてくださいました。
たぶん昔のほうが、女の人の容姿の問題は、その人生にシビアにかかわっていたのでしょう。
そして、色が白ければ、黙っていてもよいほうへ、女の人は進めたのかもしれません。

おばあさまは最後に、
「色白は七難を隠す・・・フフフ。お祝いをあげよう。」
と、おっしゃいました。

おじさまが言うには、おばあさまは決して気前のよい人ではなく、
義母は、これはあなた(私)のおかげだねと。
私は、(色白は・・・)のことは忘れて、
おじさまと義母の言うことを信じることにして、やったーと思うことにしました。
今でも、ちょっとへんな気がしてますが。。。

でも、花が白いことは別格。
白い牡丹、白い薔薇、白い百合。
私が作った花の三女王です。
(続きは明日)

2013/02/07

もう2月だからね

梅
2013/02/06

今日はみぞれですが、昨日は

ゆきやなぎのめ
2013/02/04

夕日 / 思い出 / 星の王子様

夕焼け


「星の王子様」のなかに、
王子様が移動しながら、ずっと夕日を見続けている話があるのですが、
(挿絵は、王子様が椅子を移動しながら、夕日を見ていたようなものだったかと)
あれが長い間、理解できませんでした。
なぜ、そんなことを・・・と。

最近の私の理解では、誰かに宛てたこの物語、
あれは悲しい記憶をずっと引きずることの比喩なのだろうかと、思ってます。

どうしてこんな話を書いたかというと、
この夕日のタイトルは「思い出」だなと撮った時に思ったのですが、
「思い出」と「夕焼け」と「悲しいこと」は、非常に親和力がありそうで、
それはちょっと厄介。そのあたりから、
王子様の話を思い出しました。

2013/02/03

小さいけどうれしいものが消えるころ

富士山&スカイツリー


写真を撮っていって、あっちのほうが見えるよ、いいよ、とか教えてくださるのは、
ほぼ、おじさん、おばさん(私の両親ぐらいなので、実際は「おじいさん、おばさん」かも)です。
「良心」と言っては、大げさかもしれないけど、
そういう小さいけどうれしいものが、もうすぐ消えそうな気が、以前からします。

若い人を見ていると、そういう気がするのですが、わたしの世代がいけないのでしょうかね?

2013/02/01

チョッパー豆腐

チョッパー豆腐


「ワンピース」好きが一人いるので、買ってみました。
「ザク豆腐」の時も、ガンダム好きが一人いたので、買いました。

私自身は「ワンピース」と「ドラゴンボール」の区別もついてなかった人なので、
どーでもいいのです、豆腐を食べる動機としてね。

続きを読む