夏が消えるころ 5

2012.09.30.Sun.06:16
_9253744.jpg
スポンサーサイト

夏が消えるころ 4

2012.09.29.Sat.10:42
きくいも

夏が消えるころ 3

2012.09.28.Fri.09:04
ききょう

夏が消えるころ 2

2012.09.27.Thu.08:23
ひがんばな

夏が消えるころ

2012.09.26.Wed.14:29
あさざ

昨日のW

2012.09.20.Thu.14:05
二重奏



夕刻、こんな日は虹が出るなと思って、窓をあけるとその通りでした。
そして数分おきにちらちらと見ていると、なんと二重に!
色の並びが、逆ですね。

HPの別館を作ってみました。(スライドショー専用のページです。)
かちょうふうげつ annex

新しいページが出たら、いっぱい並んだサムネイルをクリックすると、スライドショーが始まります。
第一弾は沖縄です。

江ノ電に乗って帰る。

2012.09.17.Mon.11:05
江ノ電から


江ノ電に乗ったことがない、と一緒に行った友人が言うので、乗りました。
行きは、(ちょっと怖いと思っている)モノレールで。

江の島カメラ

2012.09.16.Sun.14:37
江の島


大学生がきっとまだ夏休みだったせいもあると思うのですが、
江の島はワカモノの島でした。
あのアップダウンは、エスカーにたよってもお年寄りに優しいとはいえないので、
まぁ、当然かもしれませんが、それとともにびっくりしたが、
ミラーレスのカメラを首から下げていた人(=ワカモノ)の多さ。

大きな一眼レフは一回ぐらい見かけたかな?程度。
ほとんどがパンケーキレンズをつけて、首から下げた時の、
物理的、ルックスの収まりも、すごくよさそうでした。
こんなにたくさん見たのはじめてで、
やっぱり売れているのであるぞ、使っているのはワカモノね・・・と納得しました。
友人と一緒だったこの日、私はコンパクトカメラでさくさくと撮っていました。
たとえ一人でも、
あの日差しの中、ヨレヨレしながら、大きなものを首からさげ、マニュアルでピント合わせてなんて・・・
無理ですわ。

おかしのたび@江の島鎌倉

2012.09.13.Thu.08:13
おかしのたび@江の島鎌倉


おいしいものをみつけたので、日帰りでもおかしのたび。

左上 しらすパン
ふかふかでぷかぷか。
中の空洞になった部分に、クリームチーズ+しらすが入ってます。カルシウムばっちり
あたたかい状態で売られていて、すごくかる~い。江の島の参道で。


右上 チョコシフォン
ケーキ屋さんで、ココア味じゃない(←重要)チョコレートのシフォンケーキ自体、
なかなかお目にかかれないのです。
しかも、ものすごく、ものすごく!わたし的に理想でした。
ふわっとかるいけど、しっとり。
キャラメル+岩塩(だったか?)も、おいしかったです。

おいしいシフォンケーキを売っているお店は、
他のスィーツだっておいしいに決まってます、シフォンケーキは卵が命
で、わたしはバームクーヘンを買って帰ったのですが、
家族に食べられてしまいました。ひとかけ食べたけど、やっぱりおいしかった。(だから写真はないよ。)
鎌倉に行ったら、是非どうぞ。
西口(にぎわっている八幡宮側とは反対のほう)からすぐ、「ちもと」。



右下 江の島駅にて
色の組み合わせが、さわやか。秋冬バージョンとか、あるのだろうか。



左下 江の島駅そば、移動パン屋さんの田舎パン
「おかしのたび」だけど、強引にパンも入ってます。
ふかふかで美味しかった!毎日でも食べたい。おねーさんが売っています。

ねこは知っている

2012.09.12.Wed.09:33
ねこさん


そこは、ひんやりしてそうだね。

続きを読む "ねこは知っている"

家族構成

2012.09.11.Tue.08:47
海の見えるレストラン


家族の始まりは、一組の男女からからですが、
それからどういう男女構成で家族が増えていくかで、
家の中や「お母さん」の様子がずいぶん違うような気がします。

従弟の家は、4:1の女家族。
その奥さんは
「うちは、便座の蓋をするのはあたりまえ。女のルールで動いてるの。」
と言ってました。
私の家も、女のほうがどうやら勝っているのですよ。
何年か前まで、風呂の後、窓を開ける作業を、家族分していたのですが、
娘に教えると、おじさままで(教育が)伝わったようで、その作業はなくなりました。
「お母さん」が唯一の女性だと、家の中に細かいルールを設定するのは無理だろうと思うのです。
ひたすら自分の手で、整えていかないとならないのでしょう。

家に戻れば唯一の女性となる友人が、
写真の海の見えるレストランで、しみじみいい場所ね~と浸っていました。
そのどっぷりな様子に、わたしがちょっとびっくりしたぐらいで、
その理由に、なんとなく上のようなことを思ったのでした。

家に女性が一人しかいない人は、たまにはいい雰囲気のレストランへ連れて行ってあげましょう。

シンケン、なのである。

2012.09.08.Sat.10:40
えんむすびのいちょう


カップルも、シングルも。

影だけで、いいか?

2012.09.07.Fri.07:58
雲



「ヨーグルト+栗」って、どうでしょう?
想像もしなかった組み合わせに、
言葉を失ったあと、私は食べてみる決心をしました、ヤクルトの期間限定味です。

「時々、自分の会社が何をしたいのか、分からなくなります。」
この不思議な組み合わせについて、ヤクルトのおばさんはおっしゃっていましたが、
ヤクルトの期間限定味はなかなかおいしいものが多いですよ。
自分の会社、わけがわからん!となるのは、たぶん、だれもがです、ね?

香りがすごーく「栗」。
そうやって、栗を近くに、すごぉーく!近くに感じながら・・・出会えないのです。
栗の気配だけで、ヨーグルトは食べ終わってしまいます。
好きな人の影をじっと見ていると、消えてしまった・・・という感じでしょうか。
メロンとか、イチゴと違い、栗は「そのもの」が求められますね。
でも、おもしろい味なので、一度お試しを 

2012.09.06.Thu.08:47
みどりふかぶか


去年の九月は何をしていたのだろうと、写真を見ると、
その枚数、ざっと四捨五入すると、ゼロでした。
今年はちょっとがんばろうと思い、予定をたてました。

いつだったか「おかしのたび」で、全国に行きたいなーと書いたら、
来てくださいねー!というメールを、思いがけずいくつかいただきました。
遠くへはしばらく行けそうにありませんが、いつか行きます!

写真は去年、夏の終わりと秋の終わりにも行った福島県の裏磐梯。
福島で最初に泊ったところは、浪江町から避難してきた方がおられ、
迷路のような小さなペンションの、お風呂の場所を教えて下さいました。
その日、駅を降りてから、いつもと違う(と思われる)いろいろなことを見てきて、
いつもの旅行とはちがうことを、小さなペンションで思っていたのですが、
そうかもしれない、ああなるかもしれない、たぶん、おそらく・・・なんていうことよりも、「現実」。
・・・ということに気付かされました。

この場所は、数々の池が点在し、みどり、ふかぶか。
クレヨンで、ざっとみどりいろに塗りつぶしたすきまに、小さいペンションがぽつぽつ。
不安な気持ちでは、これを楽しむこともできず、
カメラをもって遠くにいけばご機嫌な、わたしの「福」でした。


明日は唐突に友人と江の島に行ってきます。
ピアノの1オクターブはまだ痛いけど、大きいカメラは持てそうです。

涼しくしておきます

2012.09.04.Tue.13:16
すすき


毎年カレンダーを作っているのですが、
今年の「9月」は、濃い過ぎる青がすごく暑苦しいですね。
涼しくなったころに、勝手なイメージでもって作っているので、こういうことに?
おわびに今日の写真は涼しくしておきます。

カレンダーは今年も(来年分)作ることにしました。
写真を小さくしてでもカレンダーの文字を大きくしたいな、と思い始めると、是非とも作ろうと思いました。