2011/03/31

はる 2

ふきのとう
スポンサーサイト
2011/03/30

はる 1

ひめおどりこそう
2011/03/29

634

634


あの日の翌日から、暖房器具も津波の映像ばかりのテレビも消してしまって、
計画停電はぜんぜんだいじょうぶ、のはずだったのだけど、
ひとつだけこまったこと、マンションやビルでは、停電中は水が使えないのです。

最近は、外出することにしました、停電のない23区へ。
不公平かもしれないけど、避難(とは大げさですが)できる場所があるのも、いいではないでしょうか。


634って、ねらった中途半端なのだろうと思ってはいたのですが、
じゃ、なによ?と、長いこと疑問でした。
展望台から見える (← おそらくそうなのでは、と私は思ったのですが)土地のことでした。
すぐ近くにありそうに見えますが、撮った場所からだと、徒歩20分ぐらいかかります。

2011/03/28

春のはじめに 7

はるのはじめに
2011/03/27

春のはじめに 6

ヒマラヤゆきのした
2011/03/25

春のはじめに 5

すいせん
2011/03/24

春のはじめに 4

つくし
2011/03/23

春のはじめに 3

はなだいこん
2011/03/21

春のはじめに 2

椿
2011/03/20

春のはじめに 1


2011/03/16

落ち着いて

bule moment
2011/03/12

だいじょうぶです。

自宅にずっといました。
ピアノが動いたのには、びっくりしました。
2011/03/09

いちばんといちばん

_3049552_1_.jpg


富士山は、正装でお待ちくださったようです。
写真の左端、かすかに細く東京タワーも。

この写真だけを見ていると、こちら側とあちら側のようで、
あちら側の(そういう信仰もすでにあると思うのですが)富士山に神様が住んでいるような気がします。

2011/03/08

福島産ミルキープリンセス

ミルキープリンセス


ミルキークィーンでは、ありませんし、わたしはふざけていません、っていうか、わたしがまずそう思ったのね。
「クィーン」とどう違うのか、確かめたくもありました。

とてもつやつやです。これは、日本のプリンセス「つや姫」だって、負けていません。
撮ってから白米だけをすぐ食べるのが、お約束なのですが、
「クィーン」と「プリンセス」のちがいを、ちょっと残酷に実感しましてよ!
違いは、「水分量」ですもの!!
要するに、おばさんとおねーさん。ふんふんっ!!

なぜか怒りたくなってしまいましたが、
水分の多い、新米のフレッシュなあの感じが、このお米のウリのようです。
ミルキークィーンの重さと言うか、どっしり感はそれほどありません。
こちらのほうが万人に好まれそうな感じです。

このお米、浸水している間に、目でわかるほどはっきり、水をたっぷりと含みます。
といだらすぐ、いきなり炊けるような気もします。

「プリンセス」とは、よく言ったものだなーと思ったところで、「おいしいお米の旅」はとりあえずおしまい。


北海道産 ふっくりんこ&ゆめぴりか

北海道産 ななつぼし

北海道産 おぼろづき

岩船産 こしひかり&こしいぶき

山形産 はえぬき

山形産 つや姫

石川産 ミルキークィーン

福島産 ひとめぼれ


数はやったようでいて、あんまりありませんね。
比較的新しい銘柄ばかりです。

いろいろ試すこと自体がおもしろく、しかもおいしい体験でした。
いつもと同じお米っていうのは、もったいない!


最後は少し写真がましになったかなーと思いつつ、この点だけはまだ余地はありそう。
カメラが途中でかわったので(レンズは同じでも全く違いますね)、そのあたりがよくないですね。
このシリーズだけ、ここまで三代目で通すべきだったかも。

「おいしいお水の旅」っていうのを、やってみたいのですが、これは現地に赴いてがいいですね。
私の中で結論がもうあるような感じなのですが、それがやっぱり結論なのか、確かめたいですね。
やっぱりこういうことは、宝くじ、だな。




2011/03/08

きのう

とさみずき


今日はもうウソみたいに思える、きのう。

2011/03/07

ゆき

ゆき
2011/03/07

にじ

にじ



西の窓際に置いた多角形のガラスの花瓶がつくった、にじ。
日の傾き具合によって、白い天井にもできたり、なかなか気分の良いものです。

2011/03/03

チョコ飯

チョコ飯



世の中には、「チョコ飯」なるものがあるそうで、出かけてみました。
小さなホテルですが、開業時にはヨン様も来たそうですよ。

左上 
この「コアラのマーチ」には、中にチョコが入っていません。
それがなぜかすごくおいしかったです。「大人のコアラのマーチ」として売ってくれないかなぁ!
このサラダをいただいているときに、ほんのごくかすかに、ココアの風味がしました。

右上 
これはカレー。見た目よりっずっと辛くて、スパイシー。
これだけでも十分おいしいカレーなのですが、
チョコレートソースをかけると(こげ茶の部分)、ふわっと、まろやかぁ!になりました。

左下 
ハヤシライス。やっぱりこれだけでもすごくおいしいのですが、
ホワイトチョコのソースをかけると(白い部分)、味が豊か、フルーティーになりました。

右下 
ホワイトチョコレートのソース。単純にチョコレートを溶かしただけのものではないようです。
工夫されているようで、カレーにもハヤシライスにも、どこにもムリヤリ感がありません!
おいしいソースをかけていただく、という感じ。

普通のランチ価格なので、ご近所なら、是非@シャルロッテチョコレートファクトリー


2011/03/01

そしてわたしも、

花畑


春色を探しに。

こういうものあるのです・・・

続きを読む