2010/10/19

PCの調子が悪いので、ちょっとお休み

使っていると、そのうち画面がピンクの網目模様でいっぱいになって、動かなくなるんです。
修理に出さないと、いけないのは、いやだなぁ・・・。
カレンダーは、あと2,9,10月を残すだけになったのに!

メールとコメントの返事が遅れます。
スポンサーサイト
2010/10/17

もしかしたら

鏡沼


ここは、ニセコの西のほうにある、鏡沼。
ほんとうにぴったり名前の通りで、そして、
ちょっとした心の動きも雑音になり、
その人から飛び出して、水紋がうまれそうな気配。

山の中腹にあるらしいのですが、
車で行きました。
五色温泉のほうから、(舗装してあるものの)林道のようなほそーい道を、
うねうねとつたっていくと、
ひょっこり「鏡沼 入口」という小さい看板に遭遇します。
駐車場など、ありませんので、道の端によせて、出発。

多少タップダウンがありますが、30分ぐらい歩くとつきました。
その間、家族の
「クマが出そう!クマが出そう!」
と、うるさかったこと!

絶対に出ないとは言わないけど、
まだ7月だったし、
このへんには、クマはいないらしいって地元の案内にもあったし、
でも、出たら、出たまで。
何事も、その時は、その時。

「金太郎」、「森のくまさん」、「プーさん」からわかることは、
クマはいつも、私たちからそう遠くないところにいるって、こと。

クマって、(なんとかとかいう)蜂が大好きなんだそうですよ。
プーさんの、はちみつ好きっていうのは、そのへんからきている?


人があまり通っていな道でもなかったのに、
だぁーれにも、会わず、この景色、貸切状態。

この静かさはクマ好みかもしれず、向こうの木の下あたりに、もしかしたら、いたかも!
また行ってみたいです。

2010/10/16

どこにいっても

きんもくせいがちる


いろいろなところで、見かける
「きんもくせいが香って・・・」
のような、定型の季節のあいさつとか雰囲気を、
こわすようですが・・・
今年は、きんもくせいの香りすら、弱い気がします。

あの香りが大好きでもなく、でも、それでも、すっごい不満。
あの、盛大に香る感じはないです、どこにいっても・・・。

「えー!うそぉ!」

と、思われた方は、ご自身のほうが正しいんです、私の嗅覚がどうかしてるんです。

バラ園に行っても、そうだろう、きっと。
楽しみが一つ減ったかも。

2010/10/15

つりふねそう

つりふねそう


拍手、ありがとうございます。
励みになります。

2010/10/13

行きたくもないところで、

ねこさん


時々、HPのほうの「マイブーム」を、こっそり書き変えているのですが、
今年のいつだったか、「ミッチー」って書いたら、しばらくして、
「ほんとうに??」って、メールが。

ミッチーっていうのは、及川 光博さんのことですが、
わたしが、十分たっぷり「おねーさん」だったころ、ミッチーは怪しげな歌を歌っていました。
堂々としたへんな感じに(?)、面白い人だなぁ・・・程度にしか、
その時は、思わなかったのですが、
「相棒」の再放送を見た時、
「いい感じに年をとっているなぁ、ミッチー
何年も行ってない映画館にも、行っちゃうからね、あたし。


ミッチーは、おじさん達の中で、「おにーさん」な感じが、かすかにキラーン☆と。
でも、それはこれから、すでにあるなにかと一緒になって、別なもの変わるんだね、これから!
と、よい予感のするものでした。

わたしの「おねーさん」度は、ぐぐーーと下がって、もうちょっとの残りもないゆえ、
やりようがなく、いろいろなところが、

「もう、こっちに行くからね、行くからね、行っちゃうさぁー!」

とだけ、わたしに告げています。

行きたくもないところで、一体どんなふうになっていいかわからず、
写真のような(このねこさんは、まだ十分若いですが)、
ちょっと怖い感じなおばさんになっちゃおうかなぁと、おもうのですが、
ちょっと女王様ぽくもありますね。


2010/10/12

イケてない!

こねこ


シロウトの、ゴルフとか釣り、写真などの世界に絶対にいる、
自分の腕よりも、機材をコレクションして立派にする人。
見かけるたびに、腕力だなぁ・・・と思います。
女の人でそういう風に転ぶ人は、あんまりいない代わりに、ファッショナブルにしちゃいます。

でもね。
ねこが好きだという共通項があるとはいえ、
知らない人が集まるネコカフェで、
活発な子猫を撮るには、ちょっと機材不足。
ファッショナブルでもない私は、イケてないなーと思うのでした。

続きで、子猫をお楽しみください。

続きを読む

2010/10/10

ねこカフェに行ってきたよ

こねこ


ハローキティの話を書いたせいかもしれないけど、
猫に飢えたので、行ってきました。

ねこカフェを思いついた人は、ステキすぎる!
猫が大好きで、飼いたいけど、飼えない!
飼えるけどさ!
飼っているけど!
いろいろ、とにかく!
いっぱい見たい、見ていたいし、触りたいのね!

続きは次回。
・・・って、ちゃんと撮れた写真があるのか、かなり不安。

2010/10/09

1/30

雨を撮る


シャッタースピード1/30秒、というのは、特別な数字。

撮りはじめて3年弱は、コンパクトカメラを使っていました。
2台のカメラを使い倒す、意外に長い期間だと思うのです。

手ぶれ補正がついてないような、ちょっと昔のコンパクトカメラの、
(夜景とか、高感度ではなくて)通常のモードだと、
低速のシャッターは下りないようになってます。
私の使っていたカメラだと、1/30秒まででした。
これよりは遅くならなくて、どんなに暗い場所でも、このスピード。

雨の日、すこし暗い場所に植えられているバラなんか撮っていると、
だいたいこのスピードいきつきます。
ぶれた写真を量産しましたけど、
そのうち、1/30秒が、普通に撮れるようになってきました。

その次やってきた(今の)カメラは、手ぶれ補正がついていて、
数秒分の一でも、手持ちでなんの苦労もなく、ばっちり撮れます。
おまけに(やけに)立派な三脚もあるので、撮れるものがずいぶん広がりました。


でも半年ぐらい前から、ダメになってきました。
カメラの中の手ぶれ補正の装置が、働かなくなったみたいです。
低速だって、シャッターはおりる一眼レフですので、ブレた写真を(また)量産中。

シャッターよりも、こちらのほうが先にダメになるらしいというのは、
買ったときに知っていたので、あまり驚いてもいないのですが、
シャッターの耐久枚数に届くまでの、あと数万枚は、きっと1,2年で。

このカメラを触っている間、何かがすごく変わった気がします。
私の中で、じわじわと起った新旧の入れ替わりを、すっと、吸い取ってくれたようなよいカメラです。
よいカメラは、人それぞれ。
ひと真似ではなくて、自分のカメラを見つるつもりで、選んでくださいね。

まだ、しばらくは、がんばってもらいます。
今日の写真は、1/30秒。


2010/10/07

消えつつある、世界標準

男前豆腐


あ、ちょっと誤解してたかも・・・と、思いました。

「力」とか「勢い」みたいなものが、この言葉のそばにあった気がするのです。
裏切らないゆえ、一切合財を引き受ける、余裕とすがすがしさ。
こっちのほうがいいなぁって、相手は豆腐。

私がこのお豆腐から思いついた「男前」は、
「カサブランカ」のリックでした。
年が疑われるような古さですね。
いま、あんな筋の映画やドラマを作ったら、
「ありえない・・・!」
と、笑われるだけだろうと思うけど・・・。

でも。
この定義からいくと、もう
「紳士」とか「ジェントルマン」と、同一系統みたいな感じになって、
なーんだ!
「(外見ではない)よいおとこ」さんの定義は、
案外、場所も時代も関係なかったりするもかもしれません。

そういう意味では、「よいおんな」さんも同じだろうし、
そういう「よいもの」は、
おとこもおんなも、
今の時代、合理化されて(消えて)しまい、
魅力があれば、どっちでも、その中間でも、よいんですね、最近は!
マツコが大好きな私は、しみじみ思います。

2010/10/06

よいいろ

まつよいぐさ

2010/10/05

Hello!Kitty

Hello!kitty



わたしは、
おおきなおねーさんが「ハローキティ」をかわがった、最初の世代じゃなかいと思う。
「キティラー」という言葉ができる前の話。

高校生のころ、今までの赤と白の古典的なキティじゃなくて、シックでクールなキティが登場した。
それを見た日から、わたしは「ハローキティー」に囲まれる毎日。
お茶碗、カップ、筆箱の中身はもちろん、
私服校だったので、すっごく目立つ(けど、すっごくかわいい)キティーの鞄で学校に行った。


それから何年かすると、「キティラー」という言葉が出てきたけど、
わたしはその頃、「ピカチュウ」が好きだった気がする!

でも、今、旅行するたびに見かけるお土産やさんのキティを見ると、
なんか悲しい気がするのは、どうして?


まぁ、ポケモンも、最初の151匹は(あるいは、「だけが」)すっごいよかった、というもの、なんかだし、
やっぱり、生身の、"kitty"のほうが、かわいいのであるよ。

2010/10/02

おおきくなったね

コスモス


五月はこんな感じでした。

続きを読む

2010/10/01

さよならと、ちいさく手をふっているような

さよなら