FC2ブログ
2009
12.31

落ち葉の中から(2009 蔵出し15)

Category: はな(冬)
福寿草


来年の運勢。
一つくらい、何かでお読みになったでしょうか?
昨年、読んだもののうち、一つだけ「これって、ばっちりあたったな!」というものがありました。
それによると、今年は「大変疲れる年」で、気になる来年は「華やかな年」。
ちょっと想像しにくいですが、
冬を越した春一番の花は、落ち葉の中から咲きます、そういうこともあるのかもしれません。
今年は、今日でおしまい、新しい気持ちでいきましょう!

今年一年、かちょうふうげつをご覧くださって、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Comment:0
2009
12.30

もうしばらくすると(2009 蔵出し14)

Category: はな(冬)
梅


1月に入れば、梅も、

続きを読む
Comment:2
2009
12.30

最近のいろいろ (12/16-12/29)

最近のいろいろ


上段 左から

時々食べたくなるカツサンド。
たいしたものじゃないと思うのだけど、なぜか作ると喜ぶ人、多数。
家で作るのは、とりのむねにくを使い、キャベツをこれでもか!と気合いを入れて、
身体にもお財布にも、やさしくなってます。

焼き肉であるよ。(あたしとしては、もう遠慮したい。)
辛いものは七味しか食べられないので、キムチはパス。(何が違うの?と聞かれそうだけど・・・)
チャングムに出てくるような宮中料理は辛くなさそうなので、食べてみたいなぁ!

中段左から

誕生日が近いからなのだと思うけど、ねんきん定期便(特別便じゃないよ)がきたよ。
将来、もらえる年金が、ずばり書いてあって、実にリアル。

「紅まどんな」という、みかんというか、オレンジは、とってもおいしいです。
いよかんぐらいの大きさで、持った感じが、
「この中に、ゼリー入っている?」
皮が薄いけど、とっても(おそろしく)ジューシーなので、手でむくよりスマイルカットがオススメ。

鮭フレークは、いつも自家製。ゴマをたっぷり入れる。
(あと、しょうゆと油を加えないと、市販の味にはならないです。)

下段左から

なにを仕込んだか?結果は、再(!)来年。

豆しば占い。結構、本格的。動物占いに近いかなぁ?
私はグリンピースしば。
あの・・・念のために書いておくけど、娘が好きだからじゃなくて、私が好きなのよ。

どこへ行ったか・・・(続)
中央上部の白い点は、元日の満月に向けて、太っていく月だよ。


Comment:0
2009
12.28

ここで、みているだけ (2009蔵出し13)

Category: はな(冬)
あじさい かれる



どうしてもプリントできない写真があります。
そういうものは、カレンダーにはもちろん、部屋にかざることもできず、眠っています。
よくあるのは、ハイライトの飛びすぎですが、色が出せないとか、固いとか・・・まぁいっぱい出てくるので、
プリントすると、(いっぱい!)反省できます。

この写真も眠っているひとつで、モニターの前でじっと見ているだけです。
JPGの欠点がはっきり出てしまうような、とてもデリケートなところもあるみたいで、
これだけ小さくすると、私の好きな空気感が消えてしまっています。


Comment:0
2009
12.26

向かいあって(2009 蔵出し12)

Category: きせつ
いちょう


中央にぼけている落ちてくる黄色い葉は、右の木からのメッセージ?


お互い、ふれることなく、その場所を動くこともないけど、向かいあって・・・。


Comment:0
2009
12.24

最近はこんなにかわいい!

Category: はな(冬)
ポインセチア



赤が苦手な人も、これならいいでしょう?


カレンダーを印刷しています。
一度締め切りましたが、ついでに印刷しますので、ご希望の方は、メールをください、明日ぐらいまでにね。


Comment:2
2009
12.24

花火は夏だよ(蔵出し11)

Category: きせつ
花火


ここは、花火大会の升席。とはいえ、田んぼの上に作った仮設ステージぐらいのもの。
10月になっていたので、花火を見ながら、飲食するのは、ちょっとつらい。
寒いねといいながら、桜の木の下でビール、に近いです。
花火はやっぱり夏だなぁ!
昔から日本でそうなっていることの、もっともわかりやすい理由なのかもしれません。

この花火大会には、(夏の)忙しい時期をはずすことで、
全国の花火師さんが集まりやすく、かつ来年の新作発表会という意味もあるらしいです。


Comment:2
2009
12.22

続・こひするゆうべ(2009 蔵出し10)

Category: そらもよう
続・こひするゆうべ


これは、この少し後

続きを読む
Comment:0
2009
12.21

鯛と渦(2009 蔵出し9)




学校を出て、最初に入った会社は、(かなり)ぶっ飛んでいた。
入社して間もなく、お花見と称して皆で、お昼休みに近所の公園に行くと、
会社の冷蔵庫にあったというお酒が、何事もなくフツーに出てきた。
そうかと思えば、忘年会は東京駅のホテル。大宴会場を貸し切って、ビュッフェ。
あんなにリッチな忘年会は、今後、私が体験することもないと思う。

その会社のほとんどの人は、やった仕事の分だけ給与が支払われる方式で、
ボーナスも(会社の業績に関係なく)そのように決まっていて、
一回で、百万、二百万もっていくおばさんが、ぞろぞろ。(しかも年に三回あるんだよ!)
そういう私も、新入社員としてはもらいすぎで、それに気がつくのは、数年後。

すべては、働いている人に利益を還元するという社長の方針のおかげ。
私がいたころ、一回だけマイナスだったことがあって、社長がポケットマネーから補填(借入ということなのだろうか?)してくださったのよと、事務のおばさんから聞いた。

ある時、社長に、今まででいただいたものの中で、いちばん記憶に残っているものはなんですか?
と、聞いてみた。社内遠足(?)で行った金沢八景あたりの割烹で、おいしいものを前にして。

明石の鯛、という答えだった。続けて鳴門の渦潮の話も。
以来、明石の鯛は食べておかないとねと思って、まだだなぁ・・・。

でも、我ながら(苦しい思いつきのような感じだったけど)ナイスな質問だったなと思う。
人を大切にする人の舌って、すごく信じられるような気がするもの。


Comment:4
2009
12.18

後半はないけど、今年前半のバラ(2009 蔵出し8)

Category: rose
ルージュ ピェール ドゥ ロンサール


ルージュ ピェール ドゥ ロンサール

ピェール ドゥ ロンサールが売れたからって、これはどうかなぁ?と、いつも思っているのですが、
こちらも人気らしいです。
赤いツルバラの持つ強い感じが、あまりないですね、ぽってりと豊満。

続きを読む
Comment:2
2009
12.16

貸切でござる (2009 蔵出し7)

海の見える温泉


旅に出て、温泉に入らないと、(気持の上で)消化不良な感じ。
これって日本人だよね~!
探せば、日本のどこにだってありそうだもの!

時間もないのに、急いで露天風呂へ行くと、貸切でした。


Comment:0
2009
12.15

五月のわけ(2009 蔵出し6)

Category: きせつ
藤




カレンダーのご注文、ほんとうにありがとうございました!
私個人の楽しみを、一緒に楽しんでもらえたら、いいなぁから始まった三年前、
個人の楽しみだけだったら、ここまで続かないだろうと思います。
すでに来年へのアイディア、たっぷりです。(宣言しておこう)。


今年は、毎月ぱきぱきと写真が切り替わっていくような感じで、五月には飛んで行ってしまってます。
カレンダーとしては、全く失格なのですが、
あの印象を胸のどこかに置いて、さわやかに五月をお過ごしてください・・・(言い訳としては苦しいなぁ)。

作る前にすでに、あれは使えるかな?と、たくさん頭にあるのですが、
その半分はいろいろな理由から、使わない、使えないままです。
使えない理由の一つは、気持よくトリミングができないからなのですが、
それはある意味、すごくいいことだと思うのです。
明日もトリミングができなくて、ボツになった写真を見ていただこうと思っていますが、
ええ、五月は絶対にできませんでしたけど、すばらしくいい五月でしょ!

・・・そういうことを気持の上で、みなさんとシェアしたかったのかもしれません。


すべての方の入金を確認しました。お忙しいところ、お手数をおかけしました。
来年から、物々交換もあり!と思っているのですが、やっぱりそれは無理?

上の写真は、桜にからまる藤。なんだか夢のよう。
藤は、カレンダーにはちょっと使いにくいです。


Comment:0
2009
12.14

いろいろ(12/4-12/14)

いろいろ(12/4-12-14)



上段 左から

「悪歌の巣窟 百人一首。」
歌よみに与ふる書 。思わず笑ってしまったけど、なんてスカっとしたことだろう。
私の素直な感想として半分以上は、こじつけとか、「で、なに?」のようなことを感じる。
まぁ、でも、娘の学校で毎年暗唱やかるた取りとしてやっているので、買いました。
絵がきれいなものが欲しかったけど・・・ピンからキリまで、いろいろありますね。

今、読んでいる本長いこと新聞連載をしていたもの。
終わりの三分の一ぐらいだけをなぜか突然、毎朝楽しみに読むようになりました。
最終回の朝、とうとう作者も、許されざる者になったのね、と。
ひさしぶりに面白いものを読んだなという気がしています。

5日では、稚内を往復できないみたいです。北海道に入ったら、とたんにサクサク行かなくなりました。
どこかで一回でも特急に乗るとできそうだけど・・・目的地を変更しよう(続く)。

中段 左から

ある日の昼食、広島風お好みや焼き。ちなみに私が作ったものではなく、私は食べる人。

どっちもおいしいけど、やっぱりオオナバノエンレイソウのほうが、好きだなぁ!

これは、マシュマロ。
甘くなく、ぷにぷにってよりふわふわで、果物をいただいているようなさわやかな酸味。
(マシュマロはかなり)嫌いなのだけど、これなら食べられます。

下段 左から

空気の読めない・・・空気に触れないおしょうゆ、いいですよ。

紫芋のコロッケ。毎年、紫芋が来ると、これしか作らない、色を生かせる他の料理が思いつかないからさ・・・。

もっとも好きな食べ物はロールキャベツで、しかもとってもうるさい。
書きだすともう作文用紙に何枚でも書けちゃうからね。それは省略するけど要するに
トマトもホワイトソースも、ドミグラスも、玉ねぎも、かんぴょうもスパゲティも、全部、だめなのよ。


Comment:0
2009
12.13

一枚目と二枚目の違い(2009 蔵出し5)

Category: ひと
さくらのころ


先週、テレビをつけると、にこやかなおじさん、アラーキ。
スタジオ観覧しているおばさん達を、いいねぇと、おっしゃっていたけれども、
(確かに、有名でおもしろい男の人を目の前にしているうれしそうな顔のおばさん)
わたしは、
「そうかなぁ?」。

その違いはどこまでも書けそうだけど、まずは愛ですね、ご本人は、小さくさらりと言葉にされたけど。

写真のお二人は、親子とかお嫁さんお義母さんというような近い関係なのでしょうね。
上の一枚目は、意図しないところにお二人が入ってこられたのを、そのまま撮ったもの。

続きを読む
Comment:2
2009
12.11

定点観察(2009 蔵出し4)

Category: はな(春)
さくら


2009.3.20

雨です。

続きを読む
Comment:2
2009
12.10

そう、考えるだけ(2009 蔵出し3)

桜バイク



今、ちょっとした遊びをしているのです。
この冬に使える「北海道&東日本パス」を使い、稚内まで5日で往復できるか?ってことを、
時刻表を使って、考えています・・・ええ、考えるだけです。

パソコンでいろいろ検索してしまうと、とたんにつまらなくなるので、
答えが出せるまで、時刻表だけで考えることに。

この切符、「青春18きっぷ」と似てますが、違うところは、
・関東以北のJRのみ(北のほうで、ちょっと私鉄にも乗れる)
・連続して5日間
・青森~函館のみ、夜行電車や(特急料金のみの追加で)特急が使える
・・・って、ことでしょうか、ジャスト1万円。

で、びっくりしたことに!
青森まで、さくさくと、その日のうちに行けるんですね。
もう一回言うと、
この切符は青春18きっぷと同じ、びゅーんと速い電車には乗れません。
ほぼ始発電車に乗り、その日の午後8時頃、青森に到着、すごーい!!
思わず、拍手してしまいました。

これを見ていた娘が、電車を降りて休憩もしないと、いやだよと言うので、
そういうことを加味して、
午後7時頃、八戸で、第一日目を終了することにしました。
(青森よりも八戸のほうが、おいしそうな気もするし!)

けれども、ここから悩んでしまいました。
青森から札幌まで、一挙に乗せて行ってくれる電車が夜10時に出るのですが、
これに乗るべきか、どうか、なんです。
朝6時には札幌についているので、二日目の夜か三日目の朝には、稚内!
そうすると、無理をしてでも1日目に青森に行かないと。


この鉄さんな旅は、私には退屈になる時がくるだろうから、
とても一人ではできそうもないし、
かといって、長い旅の相手は、
(去年も書いたような気がするのですが)人を選びます・・・この話の続きは、またしますね。


今年、近所に図書館ができたので、ずっと通っているのですが、
ある時、ツーリングの本を発見し、熟読。
私好みの旅行ができる乗り物は、きっとバイク!と確信しました。
これも、そう思うだけ、ですが・・・写真のバイクの中途半端な遠さが、そのとおりを語っています。


Comment:2
2009
12.09

まとめて更新です。

Category: 未分類
かちょうふうげつ10~12月


かちょうふうげつ 10~12月更新しました。


左から
10月 私は自分の立ち位置はおのずと逆行なので、それに強いこともレンズが条件。

11月 これは、学校のプール。そう書かないと、わからないような写真はいかんと思うけれども。

12月 横たわる物体は、三脚。シーンは忘年会であるよ。
雲台の下あたりに、グラスが二つ(大きい写真は、HPのほうでご覧ください)。
ほれぼれするような彼でも、忘年会にわざわざ連れて行かないです、その前にイルミネーションを撮っていました。
で、翌日は、だるかったであります。


Comment:2
2009
12.08

マドンナの次はモーツァルトだよ(2009 蔵出し2)

チューリップ



ピアノの話もしてくださいというメールを、
livedoorにブログがあったころから、つい最近も、いろいろな方より、いただいているのですが、
にもかかわらず、あまり書かないのは、
それは!
練習もしなければ、普段あまり聴かなくなってしまったから。
こっちも先細り感っていうか、もうやめよっか、ピアノも手放そう!と、
この2,3年ぐらいは真剣に考えることがたびたびありました。
でも、来年は、生誕200年の、ショパンイヤー。
ピアノを始める時、決めたんですね、2010年には、ショパンが弾けるようになろうと。

かなり前、思ったより案外簡単に、それにたどりついてしまい、
さらに2,3年前、肩を骨折して、ピアノが弾けるようになった時にも、ショパンをしばらく弾いていました。
でも、するすると弾けるようになっても、
弾いている本人が一番わかるんですね、(理想に)届かないわ、足りないわ、まだだわ、私には、ってことが。
それ以来、勉強をしなおそうとしているのですが、すっかり、カメノアユミ、になってしまいました。
でも!
来年は、せっかくなので、ショパンを何か弾こうと思ってます。
(先生の空気を読むと)どうも次はベートベンじゃないか?という言う気もするのですが、
私と一回りは違わないけど、10は違うだろう、乙葉さん似のかわいい先生です、お願いしてみます・・
っていうか、まずは月一で通う熱心な(?)生徒にならないとね。


ショパンを聴くといえば、昔(十年以上前ね)は、横山幸雄さんの連続演奏会によく行きました。
今年は、辻井 伸行さんの先生として、あちこちでお顔を拝見しましたが、
ますます江川さんに似てらして・・・(ご自身でもそう思っていると、昔、どっかで読みました)。

いつのまにか大学の先生になられてびっくりしたのですが、私にとってはピアニストです。
クールな演奏は、人によって好みが分かれそうですが、
からっとしているからこそ、ショパンの良さがすごくよくわかる気がするんです。
おすすめは、やっぱり別れの曲 ~ショパン : エチュード全集
今なら、どう弾かれるのだろうと、すごく興味があるなぁ!



今日のタイトルは、私のパソコンに入っている音楽を名前で並べると、こうなります。
もうちょっと書くと、
エリック・クラプトンの次は、グレン・グルード(あんまり好きじゃないので、聴かない)。
これは、なんか面白くないけど、
スヴャトスラフ・リヒテル(バッハなら、彼だな)の次は、ザ・ビートルズ(実際には、すべて英字で)。


クラッシクとそれ以外を、分けるべきだった・・・と、今思いました。


Comment:0
2009
12.07

どこから?(2009 蔵出し1)

さくらテニス


しばらく、今年書いたことや写真を見直していたのですが、
今年もよく撮って、よく書きました。
更新を休むことが多くなってしまった気がしていたので、
それは私の実感以上のボリュームでした。
驚くほど、あれもこれも、たらたらと、一体、どこからやってくるのでしょう?
シャッターを押す動機と、書くことのネタ!


今年は、1万枚前後しか撮ってないので
(しかも、3月から5月までにその半分を撮ってしまっています)、
先細り感が否めないのですが、
来年もなんとか続けられたらなぁ!と思ってます。
今年も蔵出しにお付き合いください。


テニスは老若男女に愛されるスポーツですね。
子供のテニススクールも盛んで、親子で楽しむ話もよく聞きます。
私が今後、スポーツを趣味にすることは、ないだろうなぁ・・・。


Comment:0
2009
12.04

いろいろ(11/23-12/3)

11/23-12/3


左上から右へ

なんと!今頃ホスタの花が咲きました(本来は真夏)。
今年はマンションの工事があったので、植物達は悩んだ末、こういう結果をだしてきたのかも・・・。

当てる気まんまんの、サランラップ&ジップロック。(どなたか当てたら、ちょうだい!)
ジップロック(コンテナ)は電子レンジがOKだけど、食洗機がだめなんだ・・・。
(そのことをパッケージに大きく書いてほしかったよ。)

うちの娘がなぜかお気に入りの、キャベツとツナのパスタ。
キャベツはごく短時間加熱して、しゃきしゃき感を残し甘みを出すと、おいしいです。

中段 左から

今年の五月にデンドロ(デューム)を買ったよ。枯らすことなく、花が咲きました。
写真は小さなバルブ(ランの茎)の先端に咲いたもの。
お店に売っているような、上から下まで花がびっしりついた姿は、来月ご披露できそう。
(さすが!あたし!とか思っているので、そのうち室内がランだらけになるかも・・・。)

My新米、完食です。10キロって書いてあるけど、もらったのは12キロ。
世の中の報道に反するようだけど、豊作だったらしい。
最後は、たきこみごはんにしました。

下段 中から(左端はありません、写真が9枚そろわなかったんだよ!)

トマトとほうれん草のパスタ。写真に記録すると、週末は必ずパスタを作っているらしいことがわかります。

冷蔵庫にハムがたくさんあるので、サンドイッチを3日おきぐらいに作ってます。
下の赤いのは、スモークサーモン。
喫茶店(って死語?)でアルバイトしていた時、サンドイッチの修行をしました。
いまでも守っていることが、はさんから、すぐに切らないこと。
翌朝、いただくなら、前日に作って、厳重にラップ&ビニール袋で、冷蔵庫。


Comment:2
back-to-top