もう、咲いているかも

2009.08.31.Mon.13:50
彼岸花


こういう彩度の高い赤い花、他にはなかなか思いつきません。
コスモスとほぼ同時期に咲きだすので、この花も、どっかでもう咲いているかも。
来月、稲刈りに行く時まで待っていてくれないかなぁ!

あっという間に消えてしまう花としては、藤 > 彼岸花 > 桜かな。
桜はどこにでもあるその量の多さも手伝って、案外、息が長く、
藤、彼岸花は、一週間あるかないか!


カレンダーへの応援、ありがとうございます!
今年は、一番の悩むところの、用紙がすでに決まっているので、さくっと作れそうなことと、
お友達にプレゼントしてくださる方が、思いのほか、たくさんいらして、
去年、大変申し訳なく思っていた、数量制限をしなくて、大丈夫そうです!
11月初旬にはお知らせできるようにと、思ってます。

スポンサーサイト

コスモスは、何月?

2009.08.29.Sat.08:43
コスモス すすき



これは去年の写真ですけど、今年はすでにコスモスが咲き始めています。
夏の終わり、元気のいいオレンジの「キバナコスモス」のことじゃなく、
ピンクや白の、おなじみのコスモスほうです。

これの何が問題かというと、
10日前ぐらいから、
「コスモスは、9月か10月、どっちだろう・・・?」
と、考えていました。もちろん、来年のカレンダーのことです。
使う写真にも、よるのでしょうけど、
「10月かなぁ・・・!」
半分くらい決まりかけたところへ、
8月のおわりに咲きだした今年の現実をみて、「やっぱり9月・・・?」。

写真を決めるのに、9月10月あたり、いちばんやりにくさを感じます。
秋は長いです、私が紅葉を撮り始めるのは、11月末ですもの!




カレンダー、楽しみにしてるよーという方がいましたら(← うれしいなぁ♪)、
拍手マークをクリックしてくださると、励みになります!!

それはたぶん・・・

2009.08.28.Fri.12:37
空


 ・・・の続き、思い浮かびました?

なんの理由や脈略もないけど、ふっと浮かんだこと、
それはもしかすると、鳥がはばたこうとしているのかもしれませんよ。



夕焼けの空の下、散歩でもしたいな、と思ったら、拍手ボタンでぽちっと応援、お願いします!

新米

2009.08.27.Thu.12:07
稲



南のほうからの、新米が出回るようになりました。
日本のすごーく南のほうでは、お米を二期作しているようなので、
日本一早い新米は、6月頃(!)なんだそうです。
ちょっと食べてみたい気もする・・・6月の新米。


私の植えた稲はこうやって、垂れているのか、心配です。
来月刈り取ってから、乾燥、脱穀するので、
お茶碗の中にふんわりおさまるのは、再来月。
だから、今、出回っている新米って、八月の初めには、稲刈り?
暑い作業だったでしょう・・・安売りはやめてほしいような、貴重なお米ですね。

それはそうと、人に「新米」と使うと、それは決してほめ言葉じゃないのですけど、
「新米」はおいいしですよね。
この温度差、なんだろう・・・?



毎日、拍手をありがとうございます。
おかげで、更新も、はかどっています☆

秋の予感

2009.08.26.Wed.12:36
秋の予感




そうそう、もう秋・・・・と思ったら、拍手をお願いしまーす。

夕月

2009.08.25.Tue.17:20
夕月




・・・って、かまぼこじゃないです。
でも、あのかまぼこ、そーゆーことなんだ、お・つ・ま・み!


かちょうふげつには、ときどき、へんなことがかいてあるよね~と思ったら、拍手!

ねこカフェにいく

2009.08.25.Tue.08:33
ねこさん


新参者、まずは「荷物点検」されるのでした・・・。
(このあと、かばんの中まで、しっかりと点検をうけました!)


続きを読む "ねこカフェにいく"

無理かもしれんが・・・

2009.08.24.Mon.07:55
ねこさん



見事な障子。キミも(が)加担した(犯人)だろう?

きょう、猫カフェに行く予定になってます。
猫はむやみに触ったり、抱っこするもんじゃないなぁ・・・と、
「猫カフェの、ムリ」のようなところを、
想像してしまうと、行く気がせず、
話題になってもその気にはならなかったのですが、
猫を見ながら、お茶を飲むだけ、ということで、行ってみようかなぁと・・・。


「じゃ、明日、写真を載せてね♪」
と思ったら、拍手をお願いしま~す!
昨日、拍手をしてくださった、みなさま、ありがとうございます!


ついでにお知らせ・・・
FC2のブログは、携帯でも見れます!
私のブログのURL http://77moon.blog47.fc2.com/
のあとに続けて、?m (?とmだけ)
と入れると、(見にくいとは思うのですが)閲覧可能のようです。

怒られる

2009.08.23.Sun.15:09
海岸


今日は、久しぶりにおもしろい夢をみました。
怒れるんですよ、あたし、しかも横綱に!

どうして朝青龍が出てくるのが、その前後のつながりや背景なんか、
ちっともおぼえていないのですけど、
怒鳴られるのではなく、諭されるように怒られました、それだけが、鮮明。

非難されつつ、一方で愛されてファンを広げ、
にこにこしながら、タブーを堂々破っていく横綱。
ほんとうはそんなに器用じゃないけど、がんばっているのでしょうか?
誰にでもできることでは、ないなーと、感心しているので、
しんみりして、お小言を聞いていました、わたし。


いつも拍手ありがとうございます。
拍手ボタンは、この右下のアイコン、手の絵のほうです。
励みになりますので、よろしかったら、クリックお願いします!

みどりいろ

2009.08.22.Sat.11:38
みどりいろ


これはだいたい日本の真ん中ぐらいのみどりいろ。
縦に長い日本は、山や森の木はもちろん、街路樹も、場所によってかなり違うみたい。
さらに南にいくと、広葉樹が多くなっていき、モコモコ感がすこし違うのかもしれません。

続きを読む "みどりいろ"

ごめんね、生キャラメル

2009.08.21.Fri.17:20
ニセコのひまわり


かなり前から、「生キャラメルが食べたい」と、娘が言っていたのですが、
お取り寄せすると、キャラメルの分際で、おそるべき値段なので、
相手にしませんでした。

去年、北海道に行った時、空港でもチャンスはあったんですよ、あんまり行列もしてなかったし!
でも・・・あたしは苦手なんです、濃いミルク味というのが・・・。
しぼりたての(熱処理をしていない)牛乳というのが、まず、ダメ。
瓶やパックの牛乳なら、大丈夫。
牧場のソフトクリームは当然のように、濃いミルク味なので、
いつも、家族が食べるのを見ているだけ。
ごくまれに
「これは、ママでも大丈夫。」
と、娘が言うとき、味見させてもらいます・・・なんか、損しているなぁーと、思うのだけど!


生キャラメルも、銅のボールで、クリームを煮詰めてるあの映像から、
たぶん、好きじゃない味、と思っていました。
生キャラメルをあえて無視して、空港で私が買ったものといえば、
当時品薄だったバターとか、ロイズや六花亭のチョコレートなどなど・・・。
そもそも空港についたころには、すでにかばんもおなかも、パンパン!

そうやって、避けていても、いつかはきっと娘の口に、生キャラメルは入るのだろうと思っていたら、
やっぱり、そうなりました。
そうして、にこにこして
「あー、もう(口の中で)なくなっちゃった!」
と食べながら
「これは、ママの嫌いな味!」
と。
彼女の舌を、結構信頼している私ですが、あんまりもにこにこしているので、
ほーーんの少し、食べてみる気になって、包丁で5ミリぐらい切ってから・・・
(あんなに柔らかく、包丁が入る食べ物も、ない!)
信じられない速さでとろけます、そして想像以上のミルクと甘さが、押し寄せました・・・ごめんね、生キャラメル。

でも、生キャラメルと一緒にやってきた、「じゃがポックル」という、フライドポテトのようなお菓子は、おいしかったです!


写真は、ニセコの、小さくてかわいいひまわり。

4:45 am

2009.08.20.Thu.17:00
4:45 am


ケーキと旅と手相

2009.08.18.Tue.14:40
神威岬から


20代のころ、旅行ということに、あまり興味がありませんでした。
周囲は男の人ばかりだった会社員をやめ、
派遣として、いくつかの会社へ。
びっくりしたことの一つは、
若い女の子の旅行熱。

思い出すと、私の友達だって、当時は皆、旅行にかなり行っていたみたい。
わたしはもっぱら、「絵葉書、お土産をもらう人」。
誰に対しても、そうであることに、何も感じなかったけど、
友達以外の、事情を知ることで、
「あたしって・・・。」
と考えてしまった。

ある会社の(形ばかりの)本社は、男の人よりも若い女の子の数のほうが圧倒的に多くて、
たぶん、おのずと自然に、
おじさんは、若い女の子のご機嫌をうかがう「社風」になったのだと思う。
で、こっそりやりたい放題。

たとえば、いくつかある応接室は、受付嬢がスケジューリングしているのだけど、
使われていない応接室があると、こっそりおとなりのホテルから調達したケーキで、
ごゆるりティータイム。
一度に大勢はとても席を外せないから、順繰り、順繰り・・・万事、内線で調整。
したがって、「関係者」は相当いて、
つきあいたくないけど、つきあわなければならない、事情。

そんなとき、誰かが必ず持ってくるのが、海外旅行のパンフレット(なんという余裕・・・)。
夏が終わると、お正月の休みのための、お正月がおわると、夏の・・・。
誰のデスクの中にも、パンフレットはためられいて、お昼休みの話題も提供・・・こっちは、ケーキの話と違って、よくあることなんだと思う。

今では、写真に動かされるように、旅行に出かけるようになっているけど、
私のてのひら、生命線の手首側には、「旅行線」と思われるものが、いくつか。
そのうちの一本は、生命線と二股になっているかのような大きな線で、
これを見ると、なんだかとてもわくわくします。


写真は、神威岬から。
写真中央から左、ぽつんとごまつぶのようなものは、
小舟にのって、「うに」を取る人(たぶん)。
海の淵の黒いところは、昆布やら海藻で、うにはこれを食べているらしい。
このあたりで「うに丼」をたのむと、ご飯の上に、うにが二層、三層・・・で、びっくり。
東京のお寿司屋さんで、うに丼があったとしても、(大事にそうに)一層、でしょ?
お取り寄せしても、おいしいと思うのだけど、
現地に行って、オドロキとともにココロゆくまでいただいた、ヨロコビまでは買えそうもないです。

2009.08.16.Sun.16:53
海



私のこのブログを、このくらい楽しみにしてくださる方がいたらいいなぁ・・・と(それは夢のようだけど)、
毎日、ある方のブログを拝見するのが日課。

そこには、日々の小さな(だけど大きい)あれこれや、
前の晩見た夢の話もよく出てくる。
夢の内容がぶっとんでいて、おもしろい。
たぶん、見ているご本人がものすごく良い意味でぶっとんでいるからだと思う。
それに引き換え、この半年か一年で、私の見る夢は明らかに、
日々の、ほぉおーーんの少しの(くだらない)延長、になってしまい、
なんだか、くやしい。
そう、それは、私自身が、(さらに)くだらなくなったみたいで!

ひとりごち

2009.08.15.Sat.11:30
ハイビスカス


今日はよく晴れていますが、これはもうすっかり秋。
私以外の家族は、プールに行きました。
娘がパパはイヤっ!というまで、もうすこし時間があるのか、ないのか、よくわからないですが、
いちいちわたしが、かかわらなくよくなって、バンザイ!

最近は卓球台にもなっている大きなテーブルの上に写真を広げて、ひとりごち。
昔は娘がいてもできることだったんですが、最近は
「これは、だめだね。」
とか、私が決める前に言うので、
完全に一人にならないとできないことになりました。

夏らしい夏

2009.08.14.Fri.12:52
夏


今年、田植えをしたことをつい最近まで、すっかり忘れてました・・・(やっぱりいい加減)。
来月の中旬には、もう収穫してしまうのですが、こんなにどんよりした夏で、大丈夫・・・?

蓮も見に行きたいですが、8月、写真はほぼ撮ってません、毎年のように。

オーラ

2009.08.13.Thu.19:27
ハマナデシコ


この間、東京駅の地下街を歩いているとき、
「あなたのオーラを撮影します!」というお店を発見して、ちょっとびっくり、お値段3000円。

オーラっていうのは、あると思うのです。
年齢やら体調、不安やよからぬたくらみ、
あるいは今の気分のよさやしあわせ加減。自分を構成する成分を、他人はそれぞれに感じるのだと思う。
色、光、好悪、具体的な花やら動物、単に
「いつもと違う・・・。」
とかでも。
この件について、数年前まで自分のカンを疑っていたけど、
写真を撮るようになって、
「やっぱり!」
と思うようになりました。


「そーりだいじん」が、近所に来るというので、見に行きました。
現役の「そーりだいじん」が、近所に来ることも、そうそうあるとは思えないし、
「そーりだいじんのオーラ」というものを見たかった。

なんだかんだ言って、人気あるのです、すっごい人だかり、警察官は叫びっぱなし。
(演説をするための車じゃなく、その場所へ来るための)車から降りただけで、すっごい拍手。
でも、マイクを握った時、
「あ・・・、そいういうことか・・・。」
と思って、最後まで聴いていると大変だろうこともあって、私は帰ることに。
すると、すぐ後ろにいたおばあさんも、私ににっこり微笑んで、
「わたしも、見たから、帰ることにするわ。」
たぶん、おばあさんも、一目で了解できる、いわば「オーラ」を感じたのだと思う。

なんにもないなら、ないほうがいいのです。
上手く装って、それに自分の目をだまされた、裏切られたと知った時、
人はとっても怒ったり、悲しんだりするみたいだから・・・。
念のために書いておくと、
「そーり」からは、育ちのよさゆえの、ひとのよさのようなところを感じました。



「なでしこ」のオーラをすっごく出しているこの花は、やっぱりなでしこでした、「はまなでしこ」。

チョコケーキ

2009.08.11.Tue.10:28
チョコケーキ


家の冷凍庫には製菓用のチョコレートがたいてい入っています。
十円玉ぐらいのタブレットになっているクーベルチュールは、
口に入れるのには、大きさがちょうどいい感じ・・・ある時、そんな想像にくすぐられ、
ふとそのまま食べてみました、おいしいです!
そのうち家族もやりだして、
ちっとも「製菓用」に使われなくなりました・・・・、たまには、ちゃんと「製菓」します!

マフィンカップでつくったチョコレートケーキ、
チョコレートのスポンジケーキをカップに入れて焼きました。
デコレーションしなくていいので、ラクです。

赤いごちそう

2009.08.10.Mon.17:46
海


最近、赤い色や鮮魚を見ると、必ず金目鯛を思い出します、この夏、わたしのごちそうリストのなかに
「きんめだいの煮付」が加わりました (^-^)v
一匹丸ごと甘辛く煮た、あれです。
それとご飯があれば、もう何もいらない!

この魚は、夏と冬に旬があるみたいなので、冬に遊びに行ってもいただけます・・って、無意識のうちに計画してるような・・・。

それでもかーさん

2009.08.07.Fri.13:44
船の上から


かちょうふうげつ 7月 8月 更新しました。
(HPでは、画像の直リンクできないようにしました。それ以外で、見れない場合は、教えてください!)

上の写真は、8月の別ショット。今月は船の上からなんですよ。
遊覧船の名前の通り、かわいらしい外観。船の重量もかわいらしいものだったはずだけど、
「おや?!」と思うほど、ぶっとばす!
ゴムボートにのっているんじゃないかと思うほど、ゆれる、ユレル。
酔う人が出るなと思っていたら、それは娘でした。

船内のほうが、ムッと暑いので、酔っている人間を引っ張って、外へ。
座らせて、風を送ります。
そして、こんなことぐらいじゃ、大事なことはすてられません。
三枚ぐらい撮っては、娘の顔色をうかがったり、
あとちょっとで戻るから、がんばりなさいとか、励ましましつつも、
揺れるので、構図の保証はないから、こういう時は、もう、何枚も撮ります!
あと何年かしたら、
ママは、あんなときも撮り続けたよね・・・と、言われるはず。

こういう武勇伝(?)は、いくつかあって、
何年か前、娘が熱を出しているのに、ピアノの発表会に出たかーさんでございます。

海のそばに住む

2009.08.06.Thu.13:16
おつきさま


目の前が海っていうのは、日が昇ってから、暮れるまで写真を撮れるので、
(可能な限り)そういうところに泊ります。
たまに失敗します。そばであっても、
低層階ゆえに、部屋からは海を望めなかったり、
去年、積丹半島に行ったときは、泊ったところから、海までは100メートルもないはずなのに、
海までに一つ小さな山があったんです。
行ってみなければ、よくはわからない、オーシャンビュー事情。

で、そういうところに、住んだらどうなるのかな?と思います。
海のそばに住むこと、誰でも一回ぐらいは憧れますよね。
気のせいかもしれませんが、海のそばに住んでいる女の人は、明るくて、親切、私が何かを聞くのにためらったり、苦労することが、あまりありません。

今日は満月ですね。

ハマゴウ

2009.08.05.Wed.20:27
ハマゴウ


この花を、三年前、見たときは、名前を調べることができなかった。
宮古島で見たので、亜熱帯の植物かと思ったらしいことが、いけなかったみたい。
けれども!
再会したのに、わたしは初めて見る植物だなと、思って撮った。
帰って、モニターで四角く切り取られたこの写真を見たとき、
「あ!」
と、思いだした。
もう日が暮れだした東平安名埼でみた薄紫の花は、南の島に似合わないような感じ、なにもかもに赤が混じっているような世界だったから。

もう、なんでも撮っていかないと、なにもかもなんでも、忘れていってしまうかも。

続きを読む "ハマゴウ"

Sleeping beauty

2009.08.05.Wed.19:49
Sleeping beauty



このお店の自慢のねこさん。
両目がアクアマリン、ほんとうに!

飼ったことがある人はよく知っているとおもうけど、
猫は目の病気になりやすかったり、目が弱かったりする。
猫に目薬をさすのは、ちょっと大変。
引っかき傷をこさえながら、コツをつかむ(のだと思う、母を見る限り・・・)。

このねこさんも、そんなことを想像させる目をしていて、いつもは力なく伏せ目がち。
そこをお店の人が、
手をたたくとか身体に触るとか(何をしたのかあんまりおぼえていない。)して、
私に一瞬見せてくれた目は、透明な水をたたえたアクアマリン。
この形容になんの過剰なところもなく、
見とれた一瞬の色が、私の中にしっかり残っている。写真には撮れなかったけど!

また行くから、元気でいてね。

がらん・・・

2009.08.04.Tue.18:11
がらん・・・

晴れた日ならば

2009.08.02.Sun.20:08
海



晴れていなくても、泳ぐ人はどこにでもいました。
でも、いつもに比べると圧倒的に少ないようで、
海の家は閉まっているところもかなりあったし、駐車場のおじさんもヒマそう。
写真に人が写っていないのは、ここが遊泳禁止だから。
このすぐ右に、泳いでいる人たちがいます。
晴れた日ならば、海の色はもっとよく、三宅島が見えるそうです。

遊び相手はかにさん

2009.08.01.Sat.20:54
かにさん


年をとったというか、めんどくさくなったというか、海水浴をする気には、なれません。
海水浴に来るような家族のお母さんは、だいたいは、一緒に楽しまれるようなんですけど、
たまーに見かけました、水着じゃない楽な格好をして、ひとり、テントやパラソルのそばで座っている女の人。つまらなそうでした。


私はできるだけ人の少ないほうにいき、写真を撮ってました。
海で泳ぐ人を待っていても、そんなに退屈でもありません。
この日は岩場、小さなカニがたくさんいるところ。
こんな小さなハサミでも、あちこちにいれば、こわいような気もしてきますが、
見ているうちに、あんまり攻撃的でもないらしいことに気がつきました。
海の水は冷たく、足だけつかっていれば、かなり涼しく感じる、寒い夏です。


HPのほうは、最初からそうすればよかったのですけど、バラの写真(だけ)は、しばらく公開しません。
他の写真は、2,3日のうちに見れるようにします。
ちゃんと見てくださる方には、申し訳ないのですが、もうしばらくお待ちください。