2009/04/29

紬の着物

きもの


ある朝、母からの電話。

「Yさんが、あなたに着物を、って。裄はどのくらだった?」

サイズを確認してから、と思っていたら、
びっくりすることに、その翌日、
配達のお兄さんが、重いですよというほどの箱が届いた、Yおばさんから。

Yおばさんは、洋裁の先生だった。
小さい頃のわたしの服も、そのわたしの娘の服だって、作ってくれた。
着物も大好きなのは、お母さんが、日常を着物で過ごした人だったからかも。
その人が、1,2度、遊んでくれた記憶も、また、一緒に撮った写真も、
着物姿。私のアルバムに残っている。


弟が呉服屋にいたころ、Yおばさんと、何度か、買い物をご一緒した。
私が、すべすべ、てろんとした着物に、うっとりしていると、
Yおばさんはいつも、暗い色の紬を買われていく。
そして、仕立ては、いつもお願いする方がいるようで、
ニコニコして、反物をお持ち帰り。


そんなことから、箱をあける前に、
柔らかい着物は、ないだろう、
ドキドキするような古い着物も、あるかも、
この到着の早さは、Yおばさん、この中の着物達と別れる(大)決心したんだろう。
サイズは直して、着つづけて!というメッセージだなと思った。

真ん中の、クリーム色に赤の麻の葉模様の紬、かわいいけど、
私が着るのには、もう遅いか、ぎりぎり・・・。
それとも、あと2,3年、若いつもりいる、という手も・・・^^;)

肩にかけると、足もとにのこっている丈が、自分の着物より少し短い感じ。
でも、おはしょりがなくなってしまうほどでもない。
衿の先のあたり、身頃に青いチャコペンシルのあと。
単衣なので、見えてしまうのだけど、針の運びは、プロの人のそれではなくて、
シロウトの、よたよた、これはおばさんの自作!
着物の直線は長いから、
洋裁の先生だって、シロウトだということを、暴いてしまう・・・。

あとの着物は、丈が足もとにたっぷり残っているので、
麻の葉の着物は、若い時に作られたんだろうな・・・・・・。
Yおばさんの来し方まで、しっかりのっているような着物たち。

柔らかい着物も、あった。
目の覚めるような鮮やかな紺地に、しつけがついたまま・・・。
でも、模様(に糊を置いたあと)の白い線がぬけてしまってぼけている、古いもの。
これは練習用かな?

どの着物も、裄だけ直せば、着れそうなのは、不思議な感じ。

学校から帰って来た娘は
「ママ、それ、どこにしまうの?」
「・・・・。」

しまう場所も、帯も、着ていく場所も、あんまりない、かもね。
いや、着る、着る、着るの!

スポンサーサイト
2009/04/28

自覚する (ふき)

ふき



あるブログを、数年、のぞいていました。
ある時、管理人さんは、病気と闘う方であると、知りました。
そのことを、それまで全く、少しも気づかせなかったのは、
すごいこと。
日本語って、書くとその人の背景がよく出るんです。

ある症状になったら、(ご本人としては)マズくて、
その反対でも、だめのようで、
「よい状態の、中心」のようなところが、
自分でわかっていらっしゃるようでした。

メーターの針が完全に振り切ってしまうような具合に、
そうなってしまうと、
もう何がなんだかわらかなくなるのでしょうけど、
少しでも「中心の存在」を体感できるなら、
この方は、きっと克服なさるなぁと、思いました。


昔、ポール・マッカートニーが来日した時の
新聞のインタビュー記事。
びっくりしたのが、
「歌は、少しうまくなったつもりなんだ!」
と、言っていたこと。
その時、彼は60ぐらい。大スターで、キャリアもどっさりあって・・・・
あー、そんなんじゃ足りない、現代の生きてる神様。
神様も、努力するらしい。
私が60になって、今のやっている何かをし続けた時、そういう態度でいれる?
自分の「現在地」がわかっている、というのは、一つの才能なのかもしれません。


最近、気持ちが荒れそうな時は、料理をするようにしています。
それも、(いつも私がやるより)手がかかるようなことを、します。
手早く作れるものは、気持ちが反映されるか、加速してしまいそうなので、
その時はつくりません。
時間と手をかけているうちに、気持がほぐれるのだろうとおもいます。

上の写真の「ふき」を煮たとき、
出来上がったときには、かなりリラックスしたようです、お皿にしているのは「ふきの葉」。
ふきの葉を、佃煮にするほどじゃ、なかったみたいです^^;)

2009/04/27

緑の御簾

牡丹
2009/04/26

My Book 2冊目

my book



「My Book」の2冊目を作りました。

少し前まで、学校で、娘は、生れてからのことをまとめていたらしく、
写真をくれだの、使っていたものを出せとか、手紙を書いて等々、
いろいろ言われました。

手紙は、便せん一枚分。
書いてと、ランドセルから出されて、5分後に、
「できたよ。」
と、渡すのもどうかと思うのですが、
わたしの頭の中は、そんなことより、
「アルバムをまとめていない・・・まとめなくちゃ!」
で、いっぱい。
生まれたばっかり~1歳ぐらまでは、あるのですが、
それ以降は、ほとんど「形」には、なっていませんでした。


写真を始めたころ、家族をちっとも撮らないので、
そのことで、「ふーふげんか」をしたことがあるんですが、
いつもいっつも撮るほどには、「人」には興味はないので、
それは無理な相談であると、とり合いませんでした。
撮るものを指示されては、困る。

私の言ったことは、言葉にしてしまうとキビシイですが、
たぶん、多くの人はそんなところ。
携帯にカメラが、あっという間に当たり前になりましたけど、
写せるものがあっても、家族の写真なんか、それほどは、撮らないでしょ?
だから、いっつも家族の写真を撮っている人は、エライなぁと思います。


今回、作ったものに、収められているものは、
私が写真を本格的に始める前の数枚から、つい最近1年前ぐらいまでの期間。
この時期、写真を撮る時は、半分以上、娘を同伴していたので、
1か月~2か月に1枚、気まぐれに彼女を撮ったとしても、
数年も経てば、相当な数。
そうして、集めたこの数年間、私が何をしていたかも、
ちゃんと(おそろしくはっきり)写っていました。


こういう個人のアルバムは(子供の場合は特に)、
ある程度は時系列に従わないと、いけないような気がするのです。
そうすると、
この本のはじめの方は、
「撮れちゃった!」的なもの、
最後の数ページは、
「撮りました!」になっていました^^;)

いや、家族の写真なんて、
「撮れちゃいました!」で残っていれば、十分価値があるんです。
残っているのが、大事なんです。
娘の学校は、成績表に(娘の、家族と一緒でもいいらしい、スナップ)写真を貼ります。
最初はびっくりしましたけど、成績表を保存する甲斐がありますね。


で、My Bookの話に戻りますけど、
今回はソフトカバーにしたのです・・・これは失敗、ペラペラでした。


「My Book」や、「Photoback」については、こちらや、こちらの記事もあります。

2009/04/25

れんげつつじ

れんげつつじ
2009/04/24

昨日と今日の失敗

あまおう



記憶にないけど、失敗したらしいことが、結構あるわたしです^^;)
昨日も、失敗しました。
お酒のことじゃなくて、ケーキに粉を入れるのを、忘れました。
生地を型に流し込み、オーブンに入れようとしたところ、
視界の端で、粉類の入ったままのボールを発見してしまいました・・・。

一瞬、型から出して、粉類と合わせようと思いましたが、

「いや、もうだめだ、このまま焼いてしまおう!」

オーブンの蓋を閉めてから、
粉類の入っていない、別立て(卵白と卵黄を別々)のこの生地を焼くと・・・と考え、
「スフレじゃん!!」
と、なぜか、うれしくなりました。

もしかしたら、「スフレ」にならない・・・・かもしれないと、思いましたが、
「ココア」だけじゃなくて、チョコレートも入った、チョコケーキを作ろうとしたのが幸い。
(チョコ味なら、なんでもいいらしい)家族に大好評なチョコスフレになりました。

卵黄の生地のほうに、溶かしチョコレートが入っていたのですが、
プレーンな生地だったら、救えない失敗でした・・・。

続きを読む

2009/04/23

森の白くて小さい人たち

ちごゆり


チゴユリ(稚児百合)

名前は知っていたけど、人の呼吸でも、ゆれそうな、こんなにちいさい人だったとは!

実際の大きさは、たとえがヘンですけど、
「アポロチョコ」ぐらい。

続きを読む

2009/04/22

さ、がんばるぞ。

夕焼け


さっき、以前書いた「すずらん先生」の記事に、
リンクしようと思ったのですが、もうなかったようでした。
旧ブログのほうだったかと思うのですけど、
そんな記事もあります。
つくづく、長いことやってるなぁ・・・と、思いました。

写真の対象は、昔からあんまり変わりませんが、
何を書くのか、本人も明日のことすら、わかりません。
そこが、ここのツボ・・・・?

見てくださって、拍手も、コメントも、いつもありがとうございます。
できるだけ更新が滞らないように、がんばりたいと思います!

2009/04/22

すずらん先生(ピンク)

すずらん


今朝、ベランダに出て、びっくりしました。

「わたしは、ピンクのすずらんを植えたらしい・・・いったい、いつ?」

いつ、どこで買った苗か、さっぱり覚えていません。

以前、家の白いすずらんのことを書いたのですが、
その時、「すずらん先生」と呼びました。
私があちこちに植え替える、夏には、地上部が(ほぼ)枯れてしまうこともあって、
その存在を、すっかり忘れたある年の春、
花が咲いて、びっくりしたんです。
それは、「石の上にも三年」のような世界を、
身をもって、教えてくれるような・・・。
期待していると、咲かないのですけどね。
ちっとも増えずに一株、オールドローズの根元で、静かに暮らしています。

でも、それは、(しつこいですが)白いすずらんの話。
写真のすずらんは、白っぽく見えますが、ちょっとピンクがかっています。
今は、日陰に置いてあるので、色が強くつかないみたいです。
(紫外線にあたると、発色します。)

隠していたいたずらが、時をおいて、発見されたときのような変な気分で、
すずらんの花ことばを、私が選ぶなら、「忍耐」だなと、思った朝でした。

ちなみに、すずらん先生(白)は、まだ「ご存命」です。
でも、今年は、咲きたくないみたい(笑)

2009/04/21

おばあさんといぬとねこ

おばあさんといぬとねこ


この「いぬさん」は、私が自然と手を伸ばしてしまうほど、やさしいオーラを発していました。
「オーラ」と書くと、なんだか怪しい感じがするかもしれないですけど、
たとえば
「なんか話ずらい・・・。」
と思われる人には、やっぱり、そういう何かがあるようです。
それが動物にも、ある気がするんですよ。

この「いぬさん」、すごくかしこく、おとなしい性格のような気がしたんです。
おばあさんと、お話ししました。

続きを読む

2009/04/21

「マムシ注意」

海


今日のタイトルは、もっとも嫌いな看板の文句。
これを見ると、
「家に、帰りたい・・・。」

海に行っても、山に行っても、南に行っても、北に行っても、
この看板に遭遇するので、
ある程度はあきらめていますけど、
やっぱり、いやなんです!


正岡子規も、蛇が大嫌いだったようで、
自分が大阪市長になったら、うなぎを「まむし」とよぶのを、
禁止すると書きのこしています。

食いしん坊の彼は、大好きだっただろうから、
自分のすきなものに、きらいなものの名前がついているのが、
言葉を扱う人間として、身震いするような、とてもガマンならないことだったのかとおもう。
わたし、うなぎは嫌いなので、それはどうでもいいのだけど、
関西に住んでいたら、
街中でも「まむし」の文字をみることになるのかな、住めないかも?


・・・と、ここまで書いてきて、その「まむし」を見たことがなく、
もう、このまま一生遭遇したくないと思っているのですが
今頃、野や山に行くと、やたらに「遭遇」する
「まむし草」、よく似てるそうですね・・・。


子供がいなければ、夏、どこかに行くということも、しないのかもしれませんけど、
夏休み終わった後、娘から聞かされるのが、
「だれは、どこに行った。」
という話。
先生は、夏休みは「なにを」しましたかと、話をふっているのでしょうけど、
子供は、「どこに」行ったかを、言ってしまうようです。

今年は、海水浴にかな?と、いろいろ調べ始めているのですが、
きれいな浜というのは、周囲の自然もワイルドっていうか、なんていうか・・・
「マムシ注意」に遭遇する確率も、高くなるみたいです・・・。

2009/04/20

おおでまり

八重桜とおおでまり


いろいろな植物が、どんどん咲いて、
うっかり家に閉じこもっていられない感じです。

「おおでまり」も、もう少しあと、私の住んでいるあたりでは、
ゴールデンウィークの頃だったかと思うのですけど、
今年は、八重桜とのコラボとなりました。

2009/04/19

そとにでたい、にゃ・・・

ねこさん

続きを読む

2009/04/18

colors



ユニクロの入り口。
山積みにされた色とりどりのシャツを、鏡の前で、自分にあて
楽しそうにしていらしたおばあさん二人組を、見かけました。
年をとっても、色の冒険ができるって、いいなぁ!

いつも似たような色ばっかり買ってしまう自分が、
つまらないなーと、最近、すごく思っていました。
かといって、濃いグリーンや、パープルを着てみようなんて、
ちっとも思わないので、一体どういう冒険をすれば、いいんだろう?

2009/04/17

りんごのはな

姫リンゴの花


果物の花をいろいろ見てみたいと、かねてから思っていたのですが、
姫りんごが、花盛りでした。
姫りんごは、りんごと思って食べると、
それほどでもないですけど、
花はグリーンとのバランスが、いいですね。
香りは、ハーブのような、花の香りぽくない!ものでした。


一か月ぐらい前、バスに乗っていると、

「振り込まれちゃうと、いつのまにか消えちゃうわよね、電気代とか!」

と、給付金のことをにぎやかに話すおばちゃん一行。
たしかにそうです・・・。
何かの補てんにするにしても、
それはまた考えることにして・・・
これに使った!と、いうべきものを考えようと、その時、おもったのでした。


今、私の頭の中にあるのは、「ビンボー旅行×3」。
「3」は、3人ってことではなくて、3回!
今年は、米を作るプロジェクトにも、参加しています。
4回ぐらい田んぼに行くだけで、
あとは農家の人におかませな「なんちゃって稲作」ですけど。

・・・・ここまで書いて、やることをたくさん思いだして、テンションがあがってきたかも(笑)

2009/04/16

木立



もう、夏と同じ格好です。
長そで、帽子、そして今年は手袋まで、
今の私と同じころ、登山を楽しんだ伯母からの、忠告です。

もっこうばらが咲き始めました。
ハナミズキは当然、牡丹や藤までも、
はやすぎないか?ってぐらいに・・・。

一か月ほど前、心を鬼にして、
45リットルのゴミ袋がいっぱいになるほど、枝を切った、
わたしの「きもっこうばら」も短い枝に、花を咲かせています。
「ロングヘア」を「坊主」にしたぐらいのイキオイで、
「ショック死」するんじゃないか?とも、思ったのですが、
けなげです・・・・また、思う存分に伸ばしてあげます。

家に来て、二年咲かなかった、バラも、今年はやっと蕾をもって、
(工事の人がいないスキに)ベランダに出て、ワクワク。
外に出しっぱなしの大きなバラは、
支柱が1,2本程度ですむくらいに切って、
工事の人がラクに移動できるよう、キャスター付きの台にのせました。
鉢を適宜移動して作業しているようで、許してくれたんだろう・・・。

家の中に入れたバラは、ダメです。
新芽を出しては、それがどんどん枯れていき、
体力を消耗させている状態。
それを見ながら暮らすのは、ずいぶん気持ちが折れそうな感じですが、
まぁ・・・・工事が終わったら、カタログとにらめっこしたりして、
また、増やすのだろうことが、自分でわかっているのかも。

2009/04/15

わたしはチューリップ

チューリップ
2009/04/15

二輪草

にりんそう


昨日とは、違って・・・
彼らの居場所は、だいたい決まっているし、
相棒も、ほかの仲間も、大所帯だって、好きらしい。

続きを読む

2009/04/14

すみれの居場所

すみれ


すみれは、小さな「家族」を形成しつつも、
たぶん、ひとりがすきなんだとおもう。
他の花と仲良く一緒、あまり見たことがないもの。


根を張りにくい、崖のような斜面だったり、
石段のスキマ、
あるところでは、ふかふかな地面を、「すみれ一族」が、お互い距離を置きつつ、独占して、
そして、
静かに、「思慮深く」、首をかしげている・・・・。


おじいさんのような木の根っこの間で、
どこか満足そうなすみれを見つけました。

2009/04/13

かたくり

かたくり


もう遅いかなぁ・・・と、かたくりの自生地を訪れると、
まだ、咲いていました。
大好きなんですが、
なかなかお目にかかることがなく、
家にあった、黄色いかたくりは、
いつまにか、消えてしまった・・・。

やっぱり、落ち葉のふかふか「おふとん」が、必要なんですね。

2009/04/11

さくらふぶき ごっこ

桜の道


右の女の人、ほんの少し前、
「さくらふぶき ごっこ」
をしたんです。
そうは、見えないですよね。

桜の花びらを、手のひら両手に、ごっそり盛り、
手をほどいて、走りだすと、
宙に、長い「さくらのかわ」を作ってみせました。

あんまりのことに、
じっと見とれて、
なにをするのも、忘れていました。
そして、愉快な気分が、わたしのなかに。


「遊びをせんとは うまれけむ。
戯れせんとや うまれけむ。
遊ぶこどもの こえきけば
我が身さへこそ ゆるがすれ」

「今日は、○○をした、食べた。」
のような単純なこと書いてあるのに、滋味深く、
この人って、いいこと書くよね、と思うのは
たぶん、あそび心があるから。
そういうものが欠けると・・・・
本人も、周りも、いずれ飽きてしまようです。

「忙しかったけど、○○はした!」
そんな毎日が、理想かな。

2009/04/10

シアワセ

幸せに・・・


自分のやっていることが、よくわからなくなることがある。
そのことについて、考えるべきなのかも、よくわからない。

けれども、写真なら、
一枚撮ったら、それは大切な一枚。
百枚撮ったら、そのすべてが大事。

それに、撮っていると、誰かが、
そのものに、目をやったり、足を止めたり、
あるいは、私に声を掛けたり。
そうやって、人の時間を、ちょっと変えるのは、
悪いことじゃないような気がする。


桜吹雪を撮っていると、
後ろの方から、女の子の声。
足も止めたみたいだったので、少し横に移動すると、

「なんかさぁ・・・シアワセになれそうじゃない?」

そんな言葉とともに、桜吹雪のなか、私の横を歩いていったから、
あわてて、カメラに収めた。
もう一度会えるなら、この写真をプレゼントしたいくらい。

今も、シアワセでしょ?
舞う花びらをみているように、実感に乏しいかもしれないけど、
この写真が、証拠で、
その言葉を聞いたわたしが、証人。

そして、その予感の通り、
これから、もっともっと、シアワセになれるよ!

2009/04/09

線路際のフリージア

フリージア


何年か前まで、フリージアは、お花屋さんのものだと、思っていました。
でも、あるんです、庭に、鉢に、公園の花壇に。
そして、今日は線路際で見つけました。
すぐ横の狭い道を車が通っていくので、
あまり長い時間はいられなかったけど、
しゃがむと、あまーい香り。

根付くと、簡単に咲くということなのかな?

2009/04/09

花よりシュークリーム

シュークリーム


この写真だけで、どこのお店のものか、おわかりになる方も・・・。

ケーキ屋さんなのに、ドアマンが
「いらっしゃいませ。」
と、扉をあけてくれ、
おねーさんに、
「外のベンチで食べます。」
と伝えると、こんな感じで渡してくれました。

カスタードがおいしいのは、今どき当然なのだけど、
ココのお店は、皮も、とってもおいしいです。

続きを読む

2009/04/08

お子様 御一行

お子様 御一行


そういえば、こういうのって、
見たことがありそうで、なかったなぁと。

すべてが「大人」になってしまうと、
池が混雑しそう・・・。

2009/04/07

満開

桜


3日ぶりぐらいに、近所の桜のあれこれを見に行くと、
ようやく、いい感じになっていました。
今週末も、お花見が楽しめそうな感じです。

そして、八重桜も咲き始めました。

2009/04/07

また行くさ

車窓から


いよいよ、
「時刻表」を買い、
にっこりしてしまいそうだと、思ったのでした。

続きを読む

2009/04/05

ひとをよぶ / 最終回です

桜


桜が、大きな電気スタンドのようで、
その光の届くところに、
人は集まります。

続きを読む

2009/04/05

洋本の間にはさむ桜かな

桜


去年、娘が俳句を暗唱していた時期があって、
プリントに、芭蕉と蕪村が並んでいるのを、目にしたら、

「とっても、申し訳ないけど・・・・、蕪村のほうが、いいかも・・・。」

と、思ったのでした。

芭蕉の句は、どこか、カレンダー写真的。
後々の人が、俳句の、「古典的教科書」な存在にしてしまったから、
そんな気がするだけかもしれないけども。

蕪村を「発見」したのは、正岡子規なのだそう。
「発見」以前は、それほど評価されていなかったらしい。

タイトルは、今日の新聞に載っていた子規の句。
はさんだのは、たぶん、「花びら」の方だろうし、
写真は、「洋本」じゃなくて、「墨汁一滴」。
これから読もうと、子規の本が、何冊か積んであります。

続きを読む

2009/04/03

三年

桜


ふと、気がついたのですが、
毎年、この時期、
桜を撮っては、
「あーあ・・・。」
と思い、
ピアノを弾いてはやっぱり、そう思ってます、きっちり毎年、苦悩の時期かも、そーゆことだったか。

一昨年まで、春の終わりか夏に発表会があったからなのですが、
そういうものに、出ないことにした今は、

「うわぁ、もう4月になったよ、なにも弾いてないじゃないか!」

と、年初からのことを反省する時期になってます。

去年の4月の「げっかん かちょうふうげつ」には、
モーツァルトのことを書きましたけど、
それは、その時、弾いていたからです。
まだ、今年も弾いてます、
「三年ぐらい、バッハとモーツァルト、だけ。」
と宣言したので。
そういうことを思いついて、やっている自分が
すごいような、すごくないような気がしたところで、
そろそろその三年が来るのですが、
まぁ、三年前より、ずいぶんマシです、
ふつうの人なら、一年ぐらいでやってしまいます(断言)。


この桜は、ちょうどよいところにベンチがあったので、
ベンチに立って撮りました。
そういうことに、あったはずの気恥ずかしさが、もうなくて、全然、平気。

続きを読む