2007/04/30

キモッコウバラのかびん

きもっこうばら

明日から天気が荒れるらしいので、きもっこうばらの整理、剪定をしました。天気がよいままだったら、一年でいちばんすばらしいベランダの景観の維持に、もう少し貢献してもらいたかったのですが、菊の花びらのようにぱらぱら散ってしまうこのバラ、掃除が大変なので、今日のうちにはさみ。
けれども、ゴミ袋に花枝がたまっていくのはなんとも無残。急遽、オアシスを用意。長い花枝をたくさんさして広げて、根元をふわふわ花で埋めて、一見ダイナミックで見事なアレンジメント(よく見るとバランスが悪いので、写真はありません)。
小さくカットしたものは花瓶へ。家の中はイエローにあふれています。

きもっこうばらは挿し木でぐんぐん育つので、増やしてみようかなぁと考えているところ。欲しい方に、もしかしたら差し上げられるかもしれません。グリーンも柔らかくていいですよ。

スポンサーサイト
2007/04/29

くすのき

くすのき

あめ つち ほし そら
うちゅうのとびらで
キューピッドがわらう

しんらばんしょう
きみといる奇跡


2007/04/28

チューリップ

チューリップ

もうチューリップの季節は過ぎてしまったでしょうか?四月が終わろうとしているのが、恨めしいこのごろ。

チューリップの故郷はトルコ、中央アジアの他、地中海の島々にも原種がたくさん自生しているそうです。チューリップの原種の多くは、タンポポ程度の背の高さにとがった花弁。バイカラーのものが多い気がします。
日本でも秋になると原種に近いタイプのチューリップの球根を手に入れることが出来ます。それをコンクリートでできた(あるいは「そばの」)、水はけがよい土の花壇に植えると、植えっぱなしでも、毎年咲かすこともできるかもしれません、故郷は石灰岩質の土壌です。写真のチューリップがまさにそのような場所でした。


2007/04/27

おきゃくさま



今年はじめてのバラのお客様です。
きもっこうばらは「黄木香ばら」と書きます。黄色のほかに白色があるのですが、そちらのほうがあてられた漢字にふさわしく香ります。でもいわゆる「ばらの香り」ではなくて、「木香」。あげはちょうには黄色もよく香ったのでしょうか。我が家に蝶がくるのは雨の前か、後。このあと短い雷雨がありました。湿度が高くなるとよく(濃厚に)香るのは、香水も同じ。


2007/04/26

きれんげつつじ

れんげつつじ

そのへんのつつじは、なんだかうるさくてあまり好きではないのですが、このキレンゲツツジはエレガント。つつじの中でも、れんげつつじの学名は特に 'Rhododendron japonicum 'となっていて、「やまとなでしこ」。つつじの中でも耐湿性にすぐれて、湿地のようなところが好きなよう。学名に「日本の」とつく植物の多くが、そういう性質を持っているようですね。水の国、日本。


2007/04/25

ふたりしずか

ふたりしずか

もりににげた こいびと
さがさないでください

ふたりのこゆびは ようやく
みどりのいとで むすばれて
いつまでも いつまでも
なかむつましく くらしました


2007/04/24

Romance

こでまり

Romanceを 
遠い昔の思い出のように
思っているでしょう?


2007/04/23

公孫樹

いちょう

これはいちょうの雄花。花言葉は「長寿」。
公孫樹の「公」はお祖父さんのこと、「孫」はそのままそのとおり。この樹を植えても、実をとれるようになるのはその孫、実をつけるまでに非常に長い時間を必要とすることから、この字があるようです。でもいちょうの生命力は大変つ強く、「生きた化石」。マツの仲間だそうですが、シダ植物のほうがより近いそうです。
娘の通っていた幼稚園の裏にあったいちょうの樹が、ばっさりと三分の一ほどに切られたことがあって、びっくりしたことがありました。が、その後ナニゴトもなかったように、あちこちから芽を出していました。ゆっくりゆっくり時間をかけて、やっぱり天へ伸びていくのでしょうね。のんびりマイペースさんのがんばり、のようなものを感じました。

2007/04/22

キモッコウバラ

キッモコウバラ

更新が遅くなりました。
一日中家にいたのですが、パソコンは朝からずっと写真のバックアップをとるためだけに動かしていました。

会社の健康診断で「血液ドロドロの肥満」と言われたオジサマが、やっと「ダイエット」に目覚めたので、つきあっていたら、買ったときからずっとはけなかったジーパンが、今朝ラクラクはけました。そんな服があること自体不思議ですが、体重計かわり。一本持っておくと頭の片隅で緊張感がかすかに(!)持続します。(体重計には何年ものっていません。)

娘の入学式に、十年前のスーツを着る奥さん(←しかも同じものを食べているのに血液さらさら)を見て、さらに反省したに違いありません、ハリウッドの女優さんがやるというビリーのなんとか(←超有名らしい)という体操まで始めました。あまりにハードなので、正気とは思えないのですが・・・。

雨にも負けず、風にも負けず、満開のキモッコウバラ。


2007/04/21

水鏡

水鏡

いつのまにか新緑の季節でした。


2007/04/20

ラブラドール・レトリーバー

レトリバー

これはラブラドール・レトリーバー?
ニンゲンぽい目がよいなぁと思いました。この犬はあっと言う間に日本でよく見るようになった気がします。個性もあるのでしょうが、基本的にとても素直で優しそう、大きな犬のもつ圧倒感(?)がなくて、どこか愛らしい感じが好まれたのでしょうか。


2007/04/19

落日

落日

苦い言葉
厳しい現実
世界の果ての 想像もできないこと

のみ込みにくいことを のみ込み難いと
思うのか 思わないのか

今日もまた 明るい闇がやってくる

2007/04/18

デート中

hはと

2007/04/16

おたんじょうび

琴音

数日前、娘が小学校には「おたんじょうびかい」がないことを知って、とても不満そうでした。私は思わず、あたりまえよ!と言いそうになりましたが、あたりまえじゃないかも。ふと思い出しました、誕生日プレゼントをくれた先生のこと。

卒業式のときに卒業生が胸につけるコサージュ(たぶん生花)を毎年、一人で全員分(300人近く!)を作ったり、クラブや部活で、造花や木目込人形の作り方を教えていた数学の先生がいました。
クラスの生徒の誕生日には、小さなかごに入ったお手製の造花(造花と書くと味気ないですが、あの年代の女の子なら誰でもほしくなるようなかわいらしいものでした。)に、
「14歳と280日のお誕生日おめでとう!」
のメッセージ。男の子も照れくさい顔して、同じものをもらっていました。あ、花色が女の子とは違ったかも。このプレゼント、小学一年生だったら当人がただ喜ぶだけ、先生には「中学生にだからこそ」で、目的がおありになったのだと、今は思います。

最近写真を撮っていないので、昨年の春の写真、「琴音」です。このバラは、春はピンクが強く、秋はほぼオレンジになります。


2007/04/16

たんぽぽの道

たんぽぽ

この道 コノミチ このみち?

でも 風の吹く日は まだだからね


2007/04/15

プレゼント

スプレーバラとブプレリュウム

このスプレーバラ、なかなかいい色合い。シャーベットオレンジにイエローやピンクがにじんでいます。私の家にある「タモラ」ようです。学校でもらいました。グリーンは「ブプレリュウム」。

昨日キッモコバラが咲きはじめました、4月14日。ひそかに競争していた近所のお宅に植えられているやっぱり早咲き原種の「ナニワイバラ」は、あと一、二日。藤も牡丹も咲いていました。なんてはやいのだろう!


2007/04/14

さやえんどう

さえやんどう

農業でもやって暮らしたい・・・なんて思っている方、おられますか?我が家のベランダことなどちっとも知らない家人が、ときどきそのようにぼさくので、まず花でも育てたらと言ってみるのですが、花なんて・・・と言います。
家庭菜園ではなく、自分の生活をかけた農業は、農業が人を選ぶ。やったことはありませんが、そういうことのような気がします。
ワタシ自身は、ムリだな・・・と。時折遠くへ出かけて電車に乗っていると、畑や田んぼの真ん中にぽつんとお墓を見ることがあるのですが、農業的世界観をまざまざと見る思いがします。

それにしてもバイカラーで、おしゃれです。左中上ぐらいのものは、もう実!

2007/04/13

片思い

片思い

2007/04/12

過ぎ行く春

さくらじゅうたん

しばらく天気が悪そうです。昨年の春もあまり天気がよくなくて、雨が多かったのです。そのくせ梅雨には大して降りませんでした。逆に雨の日を待っていたぐらい。日本の気候が変わろうとしているのかもしれません。


2007/04/11

入学式

070410.jpg

昨日は娘の入学式でした。
家から遠い幼稚園に通っていたこと、近所の同じ年の知り合いはなぜか皆、私立へ。知っているお友達はだれもいないけど、まぁ、そんなことはどうでもいいね。
子供は六年生にもなるとびっくりするほど大きいですね。でもよく考えれば私もその頃には160センチ近くあって・・・オトナですね。その頃になればもう「ママ、すき(ハート)」なんて、言ってもらえないだろう・・・。

写真は私の目の前、見ろと言わんばかりに置いてあったもの。中・大判カメラのピントグラスをのぞいてみたいですね。この日の出張カメラマンのカメラは、女の人。そしてカメラマンが手際が悪かったら、致命的だと思いました。


2007/04/10

いよいよ!

キモッコウとロサ ダマッセナ

右:キモッコウバラ
左:ロサ ダマッセナ

たまにはベランダの植物のことを書きましょう。
今年はバラの芽吹きが非常によいのです。寒さが戻ったのはちょっと痛いですが、強い風もなく、すくすくと葉を茂らせています。ある程度茂るとムシやうどんこ病が出てくるのがいつも。でもそれがなくちょっと信じられない、うれしい!

今年は冬の間、娘をコキつかって水遣りをしたので、ロサ ダマッセナのお風呂にいれてあげましょう。彼女はごくチビの頃から、お風呂にバラを入れるとものすごく喜んで、いつまでも入っています。

キモッコウバラは小さい小さいカーネーションのような形の花がたくさん咲きます。トゲもなくしなやかで扱いやすく、栽培もラクです。冬の肥料と花後の剪定ぐらいで、あとは放置。のびのび枝を伸ばします。私は支柱におさまらなかった分はベランダの外にだらり。
ムシや病気になることもめったにないと思います。しかも午前中だけ日の当たる場所でも大丈夫です。
咲いたら黄色のリボンのようになるでしょう!寒い日がなければあと一週間ぐらいでしょうか。他のバラもゴールデンウィークにはどーんっと咲いてしまいそうな勢いです。


2007/04/09

さくらふぶき

さくらふぶき

桜吹雪はよいものだと思います。
風景の外から、その中にいるものよし。桜の花びらが髪や肩に、衣服や持っていたものについているのを見ると、払うのを一瞬ためらいます。清らかなほど純真なものにふれると、人はすこし素直になれるでしょうか?ちょっと忘れたいようなイヤなことを思い出してみてください。桜にめんじて、なかったことにする、あるいは忘れるというのはどうでしょう?


2007/04/08

花見

花見


2007/04/07

つくしとたんぽぽ

つくしとたんぽぽ

「すぎな」はよく見かけても「つくし」もすくすくと育つところは少ないみたいです。当然ですが、人に踏まれるようなところにはいませんね。人があまり歩かないだろう場所、あるいはなにかの隅っこにちょこんとひっそり。昨年は墓地にたくさん見かけたこともありました・・・。でもある日、見つけてしまったのです。


続きを読む

2007/04/06

Duet

duet

2007/04/05

はなのちるらむ

さくら

ひさかたの 光のどけき 春の日に
        しづ心なく 花の散るらむ (紀友則)


2007/04/04

雨と桜とつばめと

雨と桜とつばめ

怪我のあと、実は恐ろしいことになっていました。写真を撮れば、あらゆることが手からなくなってしまったようだし、ピアノを弾けば音が変わった、と指摘される具合。書きませんでしたが、大きな大きなため息。けれどもだいぶよくなってきたみたいです。
冷たい雨の昨日、つばめが川面を低く飛んでいました。なにをしていたんだろう?この後スタバへ行って、プレミアムホットチョコレートを飲みました。おいしかったです。


2007/04/03

桜冠

さくらとおとめつばき

2007/04/02

大島桜

大島桜

時々ソメイヨシノに混じってぽつんと見かけます。花色が明らかに白く、ほわっとふわっと大きいのですぐにわかります。そして葉。桜餅の葉っぱは、この桜なんだそうです。見ると(当然ですが)桜餅の葉っぱでしょう!スリムで葉脈が深く、周囲のぎざぎざが細かい。ソメイヨシノの直系のご先祖。「大島」はこの桜の出身地から。潮風の桜。

2007/04/01

...

枝垂れ桜

悩ましや 艶しや いのちの春の 永き余韻