2016/04/11

一週間

きぼうし


一週間でこんなに大きくなりました。
一日に数センチ、人の目でわかる変化です。
こういう目にわかる成長をするのは、朝顔とかタケノコでしょうか。
それが一段落すると、そのうち花が伸びてきます。
タケノコは食べるけど、うるいはベランダの自分のキボウシを思いだして、やっぱり食べられません。

スポンサーサイト
2015/12/18

もみじの実力

もみじ


もみじは、梅の木を少し大きくしたぐらいのものをよく見かけるので、
「そういうもの」だと思っていたら、本当は、大きくなる木なんだそうです。

写真のもみじは樹高が20~30メートルぐらいありましたが、これが本当の姿のようです。
ここは周囲にソメイヨシノが、その外側は常緑樹の大木が囲んで、
熾烈な競争が予想される場所。さらに、ここから数メートル先は崖となっています。

椿もこれと似たような性質があるみたいで、街中でも山でも見かけますが、
(剪定してしまう、ということもあって)街の椿はそれほど大きくなりません。
山の椿は、とても大きいものをよく見かけます。
春、山を歩いていると、椿が落ちていて、上を見上げると、とっても高いのです。

前に椿を育ててみたのですが、切っているわけでもないのに、
毎年数センチほどしか大きくならず、鉢植えはお気に召さなかったもよう。
椿は、山の斜面が好き。
つまり、根元に日は当たらないけど、ジメジテというより、程よくしっとりが好みで、
葉にほどよく日が当たるところ、鉢植えはとても実現しにくい環境です。

もみじもこれと似たような感じで、どこにでもあるけど、
真の実力を出すためには、場所は選ぶようです。

巨木を見ると可能な限り幹に触ってみます。
くすのきなどの常緑樹は、からっとして冷たくないのですが、
巨木となったもみじの幹は金属のよう、とても冷たかったです。

2014/02/28

追い出す、とも言う

河津桜



冬の間、家の中に入れる唯一の植物である、ジャコバサボテンを外に出しました。
花の終わったあとの休眠期のはずですが、家の中は暖かいのか、新芽を出していました。
もう家の中にいれません、秋の終わりまで、外でがんばってもらいます。

2013/05/31

すみれせんそう

すみれせんそう


「薔薇戦争」というものを知っている方でも、
この言葉には、どことなく優雅な感じが残ると思うのです。
今、この場所(日本)は平和なので、「花」のほうが強い感じ、
「薔薇戦争」も優雅に思えてしまうのでしょう。
「花」と「戦争」は、まるで反対言葉みたいですね。
・・・なら、万が一戦争が起こっても、私は花を育てていよう。

「薔薇」が「すみれ」になっても、それは同じですが、
写真は、リアルな「すみれせんそう」の現場。
丸葉と、とがった葉のすみれの、「同居」とも言えますが、やっぱり「戦争」かも。

丸葉のすみれは、私が植えましたが、とがったものは、どこからかやってきたもの!
マンションのベランダに、一体どこからかなーと、思うのです。
最初は一株、濃い紫色の花を一輪咲かせて、なよなよとしていましたが、
そのうち同じ鉢に仲間を増やしていったのは、もちろん、となりの鉢にも、勢力を拡大。
来年の春はどうなっているのだろうと思います。
私としては、二色の小さなお花畑を望みます。

続きを読む

2013/05/28

こたえ

さがえ


私が選ぶ植物に対して、環境が苛酷なのか、一人前になるのに、ひどく時間がかかることが多いのです。
写真はホスタの大型品種として有名な「寒河江」です。
去年までは「あなたは、ほんとうに寒河江さんですか?」
とよく思っていました。
何年もあまり大きくならず、ふつうのホスタの大きさでした。

今年の冬の終わりから、
この「寒河江さんだろうけど、そうは思えない寒河江さん」が、やけにやる気だな、と思っていたら、
じゃんじゃん大きな葉を出してきて、
「寒河江です!!」
と答えてくれました。

2013/05/27

魔の時

ばら


もうカタログも送られてこなくなったし、バラを増やそうとも思わないし、
うっかり植物が増えてしまう「魔の時」はなくなった!と思ったら、
実はまだ「魔が差す」余裕はあったのでした。

少し前まで、花咲くジャングルのようなありさまだったのですが、
花がなくなり、枝を整理し、植木鉢の位置を整えると、
ものすごーくガラーンとしたんですよ、ベランダが。
するとすぐに「魔」が来たんですよ。

アジサイはやっぱりいるな、とか。
アジサイなら、ヤマアジサイがいいなとか。
色は、青や紫もいいけど白もいいな、とか。
「とか」って書いてますけど、もう決定されたようなもんです。

2012/11/23

いろいろあるけれども/マイ庭

こむらさき


自然の中に、むらさきいろはたくさんあるけれども、この実にかなうものはなかなかないかも。
日陰でも実がつくようなので、挑戦してみようかな。

たまにおじさまが庭があったら、なにをするか聞いてくるのだけど、
家庭菜園はしない、と答える。
庭作りがあきたら、どっかでやるかもしれないけれども、
あたしは庭をつくる。そう、役に立たない花をどっさり、バブリーに!

ベランダしかない私は、小紫を買って鉢でそだてるしかないのだけど、マイ庭がほしいなぁ!

2011/12/01

デカ・・・

いちょう


手が写っているので、小さい葉が、トクベツに小さいわけでもないことが、わかっていただけると思います。

今日から12月ですね。
あれをしなくてはなりません。今年は何を撮ったのか、あまり記憶にないです
午後にでもまた更新します。