2007/05/28

色づく頃

あじさい

外のあじさいも色づいてきました。
時計やカレンダーを持っているわけでも、誰かに教えられたわけでもなく、毎年決まったことだけど、その変化が、なんとなくうらやましい。





スポンサーサイト
2007/05/21

水の中の森



水の中の森の透明な耳

空の音 緑のため息
光の渦巻 広がる波紋

香しい誘惑 くじけたセンチメンタル、
恋人の沈黙 晴天の霹靂 詩人の涙、

・・・冷静沈着に記録する


2007/05/19

あじさい

あじさい

雨が降ってきました。この何年か、ゴールデンウィーク後というのはまるで梅雨のようです。
骨折をした感じがやっと抜けたように思うこのごろ。動かせるようになっても、筋力がまるで落ちてしまって、高いところに手を伸ばすと、腕はピリピリしていました。右利きなのに、見てすぐわかるほど右の二の腕のほうが、細い。完全に以前に戻すという意思のもと、努力しないともとに戻らない・・・そう思いました。

ピアノは腕力で弾くものではないのですが、それが全く必要のないものでもないのです。リハビリに「もしかしたら」いいかもと、かすかな期待を持って、強烈な箇所のある曲をひぃひぃいいながら、しごかれやっていたら、戻った!背中も痛くなくなったし。(こんな方法で本当に戻るとは思わなかったのですが。)

同じ太さになっても、喜べない、左腕の「プニっ」。
そうこうしているうちに「一年の真ん中」な時期になりました・・・。


2007/05/17

魅惑のアルバローズ

フェリシテ・パルマンティエ

’フェリシテ・パルマンティエ’

アルバローズというと、バラの本には、誰でも知っているであろう名画ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」のことが出てきます、宙に散らばった花は「アルバローズ」であろうと。私にとって何もかも驚きでうっとりのアルバローズ。「フェリシテ・パルマンティエ」のかわいいこと!クォーターロゼッタ咲き。するする伸びていくアルバローズの中では小型な樹形。


続きを読む

2007/05/17

君を愛す

プリンセス チチブ

「なによりも君を愛す とこしえに君を愛す!」


続きを読む

2007/05/16

桃色昼咲月見草

桃色 昼咲月見草

「月」という名前をもらったからには、ぜひ黄色であったほしい気もするけど、かわいいからゆるす!


続きを読む

2007/05/16

こどもふじ

ふじさん

山なのに、なぜかいつも白くて青い富士山!


2007/05/12

タモラ

タモラ

「もっとひいてください!」


続きを読む