FC2ブログ
2019
06.20

逃避願望

Category: e.t.c.2
@山形新幹線


東京でオリンピックが開かれることが決まったときから、
「期間中は、どっかに行っておきたいなぁ・・・。」
という逃避願望がありました。
いつものオリンピックのように、遠くから、静かに見たい・・・。

最初は外国に行くことを考えましたが、それはイケないですよね、空港は大混雑に決まってます!
日本の主要な観光地もダメで・・・山奥に隠棲するのがいいと最近では思ってます。
でも実際、期間中は休日ではなく、通学の人は少ないでしょうけど、会社は休みにならず
「ただの日常」が続くわけで、願望は実現しそうにないですが・・・
二週間ぐらい、どこかに行きたいです。

写真は来月のカレンダー写真の、5分後に撮ったものです。
新幹線の5分ぶんだけ、街に近づいた感じですね。

スポンサーサイト

Comment:0
2019
06.17

めんどくさい男

Category: e.t.c.2
ajisai


めんどくさい男と言って、思い浮かぶのは誰ですか?

私は、ショパン。
弾くたびにいつも、それはだんだん強くなっているように思います。
「めんどくさいな。」と思って弾いて、いるわけじゃないのですよ。

ショパンのいいところはヘタクソが弾いても、
なんとなく「それらしく」聞こえるところで、他にそういう人はちょっといないかも。
そのクタクソが、譜読みしている時、ガッツリ楽譜を見ながら、音をとっていると、
心地よさとある種の異様さを感じます。

聞いている時と、弾いている時では、時間の流れが違って、
弾いているときのほうが、遅く進むように感じますが、遅いけど内容は薄まらず濃厚、
というなんとも矛盾した中で、
あっちこっちに振り回されたような・・・そうじゃなかったような、
とにかくスルスルとは手にできなかったけど、やっと出てきた終着点は、
羽根のような、シャボン玉のような、ふっと消えた、なにか。
「こんなものを作る男は、実際、めんどくさいに違いない!」

と、一曲に必ず一度は思うのですが、そう思った箇所が、だいたい私の(その曲の)ツボです。


Comment:0
2019
06.09

夕焼けばっかり見てられない

Category: e.t.c.2
@瀬波温泉


スマホの壁紙を探しに行くと、そこに意外にたくさんあったのは、「夕日、夕焼け」。
ちょっとびっくりしました。
みんな、夕日好きなの?星の王子様!!

いつもいつも夕日ばっかり見てられないと、はっきり思って、
私は昼の海の写真を選んだのですが、
この「夕焼けばっかり見てられない」という心理は、どういうことかなーと思いました。

「若いものにはまだまだ負けられん。まだ、しっかりしてる!」
とか頑張って言っているおじいさんと、もしかして同じ心理か?
とも考えてみましたが、よくわかりません。
夕焼け見て感傷的になるほど、若くないしー。
夕日の壁紙を使う人は、若い人が多いのかな?

そういう私が一番最近撮った夕日はどれだ?と探してみると、
瀬波温泉に行ったときでした。
雲が多くて、オレンジより、ブルーが勝っているクールな夕日でした。


Comment:0
2019
06.07

三角比/私がオバさんになっても/技

Category: e.t.c.2
バラ



訳あって、高3の女の子に数学を教えました。
「わりにできる」と聞いてきたのですが、それはまったくの謙遜、「すごくよくできる」子でした。

去年、娘が受験生だったので、時折、青チャートやら赤本をにらめっこして、
少しは復習をしましたが、高校3年生が、何を、どのように攻めてくるのかかわからない状態は、
もう無理だ・・・っていうか、数Ⅲって、むずかしいのよ、高校生はえらいのよ・・・
などなど、ドキマギしていましたが・・・(おや?あれ?!)
「cos45°= 1」で計算しています。
(本当は「45°=4分のパイ」だったけど、パイが変換してもでないのね。)

指摘すると、なんと!娘と同様に、三角形を書きはじめました。
娘には(てめー、そんなことをしてるんじゃなーい!)と、内心思ってから、
「覚えなさい。書いて確認しているヒマはありませんッ!」でしたが、
「ひとさまのおこさま」なので、やさしく優しくその旨を言いました。

これ、悪いことじゃないですが、理系志望の子はやめたほうがいいです。
聞くところによると、学校の先生が今はこう教えるそうです。
私はどう教わったかと言うと、恐怖の時間を2回ほど過ごしました。
1回目
sin,cos,tanをさっくり説明したあと、直角三角形を何種類も書いて、
先生が教室の端から一人ひとり、全員あてて値を答えさせました。
2回目
sin,cos,tanの0°30°45°60°90°の値を、5分ぐらいで暗記させて、
やっぱり同じように答えさせました。

それほど優秀な学校に通っていたわけではありませんが、皆、ちゃんと答えていきました。
後ろになればなるほど、覚えたり確認する時間はあるのですが、緊張感がぐっと増します。
緊張を強いられるのは嫌だなとも思うし、
今はこのようなやり方は無理かな?とも思うのですが、
あのときのクラスの異様な雰囲気と自分の集中力でなしきったことは、
私がオバさんになっても頭に残っている「先生の技」です。
O先生、ありがとう。(先生の名前も忘れません)


Comment:2
2019
05.14

資生堂さんちのまつ子さん

Category: e.t.c.2
P5024565_.jpg



ある日、化粧品売り場で、このポスターを見たとき、
私の中で何かが「ばりーん!」と盛大に壊れて、新しいものを見たような気がしました。

美はオリジナル!
あるいは、「個人個人、一人ひとりのもの。」
私(達)は周囲の目にどう見えるかで、これを決めていなかった・・・?

この表情は、単なる女装家のものではないような気がしました。
マツコさんが(今でもたぶん出ていらっしゃる)月曜日のあの番組しか出ていなかった頃からのファンで、
オカマが好きだよね。」
と、よく言われたのですが、あっという間に誰もが知る人になってしまいました。
そして、美もがっつり極めてしまったようで、女優さんも憧れる資生堂のポスターよ。
もう「まつ子さん」ですわね。

今日のこのへんな写真は、車中。
携帯も使えなくなって(画面上のバツ印、「通信サービスはありません」)、
カーナビは、道のあるところは終わって、ないところを進んでいます。
もうバックすらできなくて、ただひたすら秘境に向かった帰りの写真。
この話はまた明日。


Comment:0
2019
04.30

白衣とヘルメット

Category: e.t.c.2
花


半期ごと、授業料を収める時期が来ると、
「やめようかなー!」
と、いつも考えていた自分の経験から、
やりたくないことを考えてみたら?と、言いました。

高校生ぐらいで、自分の勉強したいことなど、はっきり分かる子なんて、そうそういるわけがなく、
中には、入学してから細かく(学科を決める程度のことかな?)決められるところもあって、
良心的だなぁと思います。

「白衣を着て、試験管を眺めているようなことは、イヤだ。」
というのが、娘の答えでした。
こういう写真って、絵になるからか、大学の案内にたくさん載っているのです!
それで、大学を決めて、今に至るのですが、
最初に買わされたものは「ヘルメット」でした。
外に出ることが多い学部です。

私も白衣は着て、実験などしたくなく、一人であれこれ考えているのが好きでした。
「あれに行くしかないのだな?!」とは、思いましたが、
どうも自分に合っていると思えず、その先にはやりたくない職業が並んでいる感じで、
結局、「白衣実験コース」でした。
タイムマシンがあるなら、過去の自分のところに行き、
「先は考えるな!」と言ってやりたい。。。

「あれ」にいったほうが、よかったのでしょう。
今では自分の適性を感じるし、今、花形のモテモテの分野です。
後悔というほどでもなく、違う自分を見てみたいような、一種の甘い夢です。


Comment:0
2019
04.16

混んでる?/さくっと10日

Category: e.t.c.2
新緑


昨日の続きです。
角館や弘前などに行ってしまうと、混んでいるだろうし、
日帰りできるような近場は、そもそもすでに宿が空いてないか、
「え?!」という、びっくりお値段になっているので、
そういうのも避けてみたのですが、例年に比べて、うまっているような気がします。
10日も家にいて、ご飯作る(だけでも大変な)もろもろの家事をし続けるのも、イヤですものね。
経済効果がすごそうです。
こうしてみんなが一斉に休むのじゃなくて、
いつでも10日ぐらいさくっと休めたらいいのにと、昔から思います。


Comment:0
2019
04.08

ほぼ

Category: e.t.c.2
チューリップ


入学式は行かないでいいかぁ・・・と思っていたら、
ふと、写真を撮らなければ!と、写真だけ撮りに娘と大学に行きました。
お決まりの門のところは、長蛇の列。
私は当然並ばないで(行列はキライです)、大学の様子がわかりそうな違うところを探しました。

入学式を、親は入学式が行われている会場とは違う建物で映像で見ることになっていて、
そのあとも、必要とも面白そうとも思えなかったので、写真を撮ったら、さっさと帰りました。
そんなヘンな人はおらず、人の流れと逆行するように駅に戻ったのですが、
男の子でも、ほぼお母さんと来ていました。


Comment:0
back-to-top