FC2ブログ

次はヨックモック

2020.06.19.Fri.12:45
クッキー缶


私の裁縫箱はクッキー缶。
小学校で買ったものをそのまま使われている方も多いと思います。
細々と決められた場所にきちんとしまうことが、私はイラッとします・・・。
多分、そんなに裁縫が好きじゃないのでしょう、
終わったら、ざっくり、さぁーーとしまって、次に行きたいのです!

これまでの「ユーハイム」の缶は、表面が軽く膨らんでいて、
ガサツな私の無理をかなり聞いてくれたので、同じものをと思ったら、
最近は箱に変わってしまったようです。

がっかりしているところで、「ヨックモック」でとてもよいものを見つけました。
中身もすごく美味しかったです!

スポンサーサイト



過剰な過敏

2020.06.13.Sat.21:07
カーネーション杏色


ピアノのレッスンを再開したので、先生のところへ行くと、初体験が待ってました。
マスクをしてピアノを弾くあるいはレッスンを受けるということ。
これは想像より大変でした。
そのうちボーっとしてきて、集中力がなくなってきます。
座って、(私はどちらかというとあまり上半身を動かさないで)
手を動かしているだけなのです・・・、
部屋は十分涼しく、風も通るのですが、マスクして歩いているほうがラクです。

先生はマスクにフェイスシールドまでなさって、立ったり座ったり、
私より更に疲れそうでした。
学校の中でも、あれこれ対策をしているようですが、
スキのある(ツッコミどころ満載の)妙な過剰さが気になり始めました。

伝説のフロシキ

2020.06.02.Tue.16:50
ウコン色のフロシキ



振袖が届きました。箱を開けた時、
(こ、これはもしかして・・・伝説の「ウコン色のフロシキ」じゃないか!)。

私の思う「ウコン色」は黄土色に近くて、
この色は、よく知ったものでいうと「善逸君カラー」ですけど
呉服屋さんが使うというアレだな、というのはすぐにわかりました。

存在と用途は知っていましたが、私が着物を買ってもついてくることはなく、
実物とその目的は知りませんでした。

ウコンで染めたフロシキには防虫の効果があるようで、昔から使われるようです。
色からしておめでたい感じがしますから、振袖を包むものとして特に選ばれるのかな?
なので、今日の主役はフロシキ、中身はいずれ。

来年の成人式はないでしょうね。
私はまたしても写真館に行って撮ってもらおうなど微塵も思ってないので、
どこで撮るか思案中、思案中・・・考えがまとまりそうにないです・・・・。

スリリングな体験

2020.05.30.Sat.18:03
落花 バラ



冬の後、長いこと外に出ていなかったので、ある一つの懸念がありました。

決心して、「もっとも細いスキニー」をはいてみることにしました。
足がむくんだりすることがあまりないので、いつだって、足はするっと入るのです。
問題はそのあと、ですね。

最後まで着用することはできたのですが、太もものあたりや腰回りがビミョーでした。
皆様も、「ひきこもり生活の成果」をお試しください。

写真は、ばさっと落ちたイングリッシュ・ローズです。
桜のようにハラハラ落ちないし、花首ごと落ちる椿のようでもないけど、
このまま掃いて捨ててしまうのを、ちょっとためらいます。

マスクの・・・

2020.05.07.Thu.10:22
立体マスク


先週、手芸店の前でご夫婦を見かけました。
奥様は、ハギレコーナー、
ご主人は落ち着かない様子、顔のあたりをもぞもぞと触っています。
すれ違うとき、ちらっとご主人の方を見たのですが、
ちょっと小さめの、柄の可愛いマスクでした。
男の人は無地の白いマスクのほうがいいのでしょうか。

ということで、立体マスクを作ってみることにしました。
やっぱりこちらのほうが、きれいに作りやすいです。
平面のマスクは、普段裁縫しない方でも、
おしまいまで手順の想像がつきやすいので簡単な感じがします。
が、平面だからこそ、いろいろなアラが明らかに。。。

立体マスクは難しそうですが、意外にも簡単でした。
私の参考にした型紙がスタイリッシュだったので、若い人にいいかもと、
着なくなったタンガリーのシャツで、娘用に作りました。
立体マスクは、柔らかく薄い生地(Wカーゼなど)より、
多少ハリのあるもので作ったほうが、やりやすいです。


立体マスクは上下がはっきりあるので、小さいワッペンをつけました。
こう撮るとすごく目立ちますが、耳のすぐ横ぐらいになるので、
装着時はあまり見えず、子供っぽくならないはず。

数は揃ったので、もうマスク作りはおしまいです!

感心なダイエット

2020.04.30.Thu.20:24
@山形


私が夕食のメニューにそれほど悩まなくなったのは、
20年近く前、ある料理研究家の方(女性)が、
「一汁一菜」を実践しているのを読んでから。
買い物にも作るのにも迷いがなくて、いいですよというお話でしたが、
本当にそうでした。

なので、普段からたくさんの品目を作らないのですが、
この頃は、さらに作らなくなりました。
え、だって、家にばっかりいるのに、食べてしまったら・・・。
当然、お酒もだめだなと思い、(普段、ほぼ飲まないけど)きっぱり「ナシ」にしました。
とはいえ、普段の2倍の頻度で、お菓子を作っているので・・・。

ということをしてたら、このところダイエットをしている方の話を読みました。
数日はまったく食べない危険な方法でしたが、見事に痩せられ、
このつまらない、グダッとした時期に、なんて精神力があるのだろうと、感心しました。

技量

2020.04.26.Sun.20:40
マスク


行列に並びたくなく、数百円だったものが何倍もするのも嫌なので、
かなり前から、マスクを作っています、布は「さらし」です。
ふきんを作るために持っていたのですが、
今、さらしでも買おうとすると、やっぱり2~3倍のお値段。

簡単!作ってみよう!と言われるマスクですが、
洋裁の基本、タックを作る、角の始末、まっすぐ縫う・・・等々が、
かなり問われる厄介なものだなぁと思いました。
手縫いでもミシンでも、まっすぐ縫うだけで一目瞭然、技量が出ます。
楽器でスケール(音階)を弾いたときみたいに!

マスクは二重にして作りますから、
タックを作ると、四重、六重・・・の布を縫うことになり、
真っ直ぐになんて、どっかに行ってしまいます。
最近のミシンではどうなのかわかりませんが、
私の古くて調子の悪いミシンでは、苦戦しました。
未だに満足できるものができません。
おそらく、上記のことがない「立体マスク」のほうが、
(手縫いでも)作りやすい気がしてきたので、今後、挑戦してみましょう。

野望

2020.04.19.Sun.20:59
_5033408_.jpg


今年のGWは、どこにも行けないですが、野望は持ち続けます。
発端は、6月、北海道でアスパラガスを食べることと
先生の「6月の津軽はいい。自信を持っておすすめする、来てごらん。」
(こんな書き方じゃないけど、こんなニュアンス)。
GW頃から、北へ北へ向かって、最後は北海道の初夏みたいな旅を、
1~2ヶ月したいなぁと、昔から思っているのですが、
こんな長い旅、今よりもっと若くなくては、無理なような気もします。
若いつもりでいるのですが。。。