2014/12/20

ヘリコプターに乗り損ねる(2014 蔵出し14)

@沖縄上空


私たちが本島へ帰る予定になっていた日、
台風は過ぎ、朝からよく晴れていたのですが、船は出ませんでした。
すると宿の人が、ヘリもありますけど・・・と控えめに教えてくれました。

スポンサーサイト

続きを読む

2014/12/19

ニライカナイ (2014 蔵出し13)

@ニライカナイ

続きを読む

2014/12/18

海中散歩(2014 蔵出し12)

@古座間味


いつもに増して、見にくい写真ですが、よろしかったら、海中散歩へどうぞ。

続きを読む

2014/12/17

ビーチで読書(2014 蔵出し11)

@古座間味ビーチ


このビーチで、不思議に思ったことは、
外国人は、どうしてビーチで本を読むのか?ということ。

ペンション程度のものしかないこの島に、
日本人以外のアジア系の人はあまり来ないみたいなので、比較はできないのですが、
欧米の人は、パラソルの下、ベットに寝転がって、寝ているか、本を読んでいます。
あたしは、ビーチでも海の中でも休みなく写真を撮って、満足なので、
人のことは、どうでもいいのですが、
日本人はしない(ビーチへ本を持っていくという発想がないですよね。)
ガイジンのお約束みたいなこの光景が、不思議でした。

2014/12/17

ビーチを探す(2014 蔵出し10)

古座間味ビーチ


日本は海に囲まれているけど、山の国でもあるので、
海のすぐ近くまで、山がせまっていたりする。
ここは、当然海が見えるわよね?と思っていくと、海までにまだ小高いものがあったりします。

古座間味ビーチへは、船から下りて、歩いて行くのは結構タイヘン。
アップして、ダウンして、15分ぐらい。
ほんとうにこの道??と思いながら、そうやって、たどり着いた景色が上の写真。
帰りはその逆。
こーゆーのが、日本各地にある。
私が思い出すだけでも、いくつか。
だから、うんと、あるハズ。

2014/08/27

アクア

@座間味


曇って、湿度もかなりあるので、ぼんやりしていますが・・・

色で言うとアクア
この色の海は他でもあるでしょう。
でも、底から光るような、ガラスや宝石を敷き詰めたような気配と言うか明るさは、
この島だけのような気がします。

「アクア」の中の暗い色の散らばりは、ほとんどが珊瑚でしょう、魚の居場所、魚を育む場所。
だから、珊瑚が枯れると、そこに住む魚もいなくなります。
氷が溶けるとホッキョクグマが・・・なんていう話は、よく言われるし、わかりやすいですが、
水族館に行っても、海ののことに思いをはせる人は少ないでしょう。
島から離れると、ぐんと深くなるのか、見慣れたただのブルーになってしまいます。

山には松の木が多いです。
昔、この松を燃料に、鰹節を作ったそうです。
この島の鰹節は、とても高級品だったそうですよ。

2014/08/26

思い出したこと

@座間味


海に向かって、なだらかな緑の壁が落ちていく南の島の展望台で、
北海道の神威岬のことを思い出しました。
神威岬は、小樽の先にあります。昔の記事はこのあたりです。
北の夏と、南の夏では、緑色が違いますね。

2014/08/26

何でできているのでしょう

@座間味



座間味島のほとんどは、山です。
海のそばに集落が三箇所ぐらいあって、あとは山。
しかも、大地というのでしょうか、その様子が今まで見た沖縄と違うのです。
そのせいで、この島で農業は難しいようです。

で、(大変な思いをして、自転車で)山のほうへ行くと、
おや?というような地層や岩に出会えます。
この島はどうやってできたのでしょうか。