2014/12/13

うどんを食べるペコちゃん(2014 蔵出し7)

うどんを食べるぺこちゃん



ペコちゃんの認知度はすばらしいので、もう「家」でのんびりしてればいいのに、
この何年かは、文房具売り場にいたりします。
そして、香川ではうどんを食べていました。
本業はこっち??と思ってしまうほど、キマっているペコちゃんでした。

スポンサーサイト
2014/12/12

登りたい入りたい(2014 蔵出し6)

@桂浜



「○○浜」とあれば、泳げるのだろうと思いがちですが、ここは、泳げません。

山が好きな人は「登りたい。」と思うように、
海が好きな人は、海があれば「入りたい。」

泳ぐと言わずに、「入る」としたのは、別に泳ぐわけじゃないから。
入って、中を見たいの。
だから、泳ぐってことじゃない。

続きを読む

2014/12/10

守る/開ける/移動中(2014 蔵出し5)

@桂浜付近


小学生のとき、ただ歩いていて電柱にぶつかった私は、
車の運転は絶対止めておこうと思い、それを守り続けているのですが、
それはいいことよ、こういう景色を写真に撮れるのだから!

高知は、沖縄とは別の意味で、気分の開けるようなところでした。

(去年販売した)今年のカレンダーの12月と、
今販売している来年のカレンダーの2月は、車の中から撮ったものです。

2014/12/10

作るということ・消費するということ(2014 蔵出し 4)

ジャージーさん


お米が「おや?」と思うほど、安いこのごろですが、
農家の人が困るなら、あたしは嫌だな。

今年、ヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)という本を読みました。
名前がイージーであれですが、身近な話です。
金融破たんした後の、アメリカの(グローバルじゃない)ローカルなモノ(商品)の話です。
これって、日本のことよね??と思いながら、読み進みました。
安さゆえに、遠いところから来たものに手を伸ばすことを、
ちょっと考え直すきっかけになりそうですよ。
日本のお米、地元の野菜・肉・魚と、
日本のかつおぶしでだしを取って、お料理できなくなったら、どうしましょ?
それにわたしは、日本でジャージーさんに会えなくなったら、困りますわ!

四国に行く前、ジャージーさんはいませんか?とためしにググったら、ありましたの!
小さな牧場ですが、お店もあって、
地元の人が次から次へと、お買い物に来ていました。
(ここでまったりしすぎて、うずしおを見に行くのを断念しました。また行きますわよ。)

私はここで、ジャージー石鹸というものを買って(写真はないよ。)、
しばらく
「ジャージーさんありがとう!!」
と、毎晩思っていました。

それにしても、きみたちは、かわいい!連れて帰りたくなります。
それに、ものすごく清潔な牛舎。
一日に何度も掃除しないとこうならないはずで、
大事にされているのねと思いました@おじさん牧場

2014/04/18

行きと帰り

行き


行きは新幹線。
一ヶ月前まで、夜行か飛行機か船か・・・と考えましたが、
瀬戸大橋を車で渡りたいということが決め手でした。

始発の新幹線は、博多行き、しかも三連休の初日ということもあって、
30分前以上に到着したのに、改札口は、人であふれていました。
(ホームへは、時間が来ないと入れてくれません。)
改札があくと、皆、猛ダッシュ。
なので、座りたい人は荷物は少ないほうがいいですよ。

席を取る気まんまんな、オジサマに
「席が多いのは、2号車らしいよ。」
と教えて、ダッシュしてもらいました、元陸上部だし。

続きを読む

2014/04/16

にこ淵へ行く

にこ淵



滝がありますが、来た人は皆、美しい色の滝つぼに目が行くのでしょう、
名前がそう物語っています。
私がこの場所を知ったのは、テレビ。
知ってから何年か経てますが、いつか行こう程度に思っていました。

四国に出かける数日前、行けそうだから、行こうかな?!と思ってから、一日ぐらい考えました。
だって、危険そうなんだもの。。。

今日はそれがよくわかると思うのですが、
写真が下手になってます。
ウスウスわかっていたのですが、あ゛ーこんなに、と思いまして。。。
でも、続きます。

続きを読む

2014/04/14

ごめんね、うどん

ごめんね、うどん



家族によると、私のベツバラは「うどん」なのだそうだ。
いつの間にか、一家の中で一番食べない人になってしまいましたが、うどんだけは別らしいです。

うどんぐらいなら、いつでも食べられるような気がしています、そう、いつでも・・・。
そう思っていたせいか、「うどん県」に行っても、食べたのは、一口だけ。
他のものがおいしすぎました・・・ごめん、うどん!!

写真は、お土産に買ってきた「塩ぬきうどん」と「讃岐のおもち」。
(なぜかお餅もおいしそうに見えました。)

讃岐うどんというと、腰が強くて、言ってしまうと、硬いうどんのようなイメージがあったのですが、
それは、讃岐うどんのほんの一部のよう。ふんわり、もちもちしたうどんもメジャーみたいです。

2014/04/10

春