FC2ブログ

残念だから挑戦した2 謎の紐

2021.01.16.Sat.20:30
帯結び



長いこと、使い道のわからない紐がありました。
自分で着物が着れるようになっても同じで、
この紐を解説してくれるものは、ありませんでした。

娘の振袖はセットで買ったものではないので、小物はほとんどが私のもの。
夏のおわりに、道具の最終確認をしたとき、
「謎の紐(上の写真の白いひも)」の使いみちがわかりました。
これは帯を飾り結びするときに使う紐。
なので、二重太鼓しか結ばない私が知りうるわけもありません。

ただ今は、紐の真ん中が三重にゴムが重ねられた「三重紐」
というものを使うようだったので、慌てて購入しました。

振袖の帯結びはとても難しそうに見えますが、三重紐があれば楽勝です。
帯を畳んでバチンバチンとと三重紐にはさんでいくだけ。
鏡と手探りだけで、自分の背中にお太鼓を作るほうが難しいです。
ただ、柔らかい帯の場合。
娘の帯は、私がこだわって選んだのですが、非常に硬く、たたむも挟むも難事業。
わかっていれば、適当なものを選んだのに・・・・。

帯結びの練習は、大きい枕を使ってやりました。
写真の帯の下、上下に出ている薄い黄色が枕です。
勉強しようとは思わなかったけど、いろいろ勉強になりました(終)。

スポンサーサイト



もうそんな歳じゃない

2020.12.18.Fri.18:00
振袖



予定通り、写真館へ行かず、美容師さんの手を借り、撮影しました。
昔は「前撮り」という習慣がなかったように思うのですが、これはいいな、と思いました。

「ママ振袖」を着るという娘の友人が、まだ写真を撮っていないというので、
確か卒業式の時、お父様がよいカメラをお持ち(で、ちょっとお話した)だった記憶があったので、

「お父さんに撮ってもらえば?」と、提案すると
「父に向かって、笑えるような年でもない。」

と返されました・・・・あ、そうそう・・・そうよね!!
娘の仲良しグループにいたこのお嬢さん、
卒業式の時には、カメラに向かってよく笑ってくれました。
私は娘を撮っているというか、このお嬢さんを撮っているような気すら・・・。
その時と同じように考えていた私はバカというか、最強っていうか(はぁ?)・・・。

娘の話に戻りますが、着物&美容室選びから始まって、苦節4年、
ようやく撮影終了、ゴール!!のはずでしたが、
いろいろ考えて、ゴールを先延ばししました。(続編があるのよ)

この日、娘は終始ご機嫌で、なんであんなに嫌がったのだろうと思ったほど。
昔のほうが、よほど機嫌を取りました。

残念な写真

2019.10.13.Sun.19:48
_9035053_.jpg



長いこと赤い横線が一本入るようになったテレビが(やっと)壊れたので、電気屋さんへ。

最初は、今よりも少しだけ大きい液晶テレビを買おうと思っていました。
昔のテレビより、外枠が小さくなっているので、大きくしないと小さく感じられるようでした。
でも、有機ELテレビを見てしまったら、もう、他のものは見れませんでした・・・。
触ることのできような闇というか、奥行きというか、ぬめっとしているというか、
黒がとても「セクシー」。

そして、数日間「完全に予算オーバー」と「セクシーな黒」に煩悶しました。
いくつか電気屋さんを回って気がついたことは、
一番高い有機ELテレビがぜんぜん好きになれなくて、
私が好ましいと思うのは、安い方のもので、諦める理由が弱くなります。。。

調べてみると、日本で売られている有機ELテレビ、実はある会社が全部作っています。
(興味がある人は調べてみてください。)
「味付け(ソフトウエアに当たる部分)」が違うようでした。
一番安くて、一番美しい理由に納得がいったし、
「そんなにいいなら、買ったら?」というオジサマの声に押されつつ、
予算倍だよ!と思いつつ、
(今は42型)大きすぎても、もう知らん!
55型をポチりました。(これより小さいものは、ありません)。

大きな大きな下敷きのような、あまりの薄さにびっくりしつつ、
テレビで自分の写真を見てみました。
「うわぁ
大きくするとピントの合ってなさがバレるので、絶対に合っているものしか見ません。

上のようなトンボにピントが合っているような、いない残念な写真は、見てません、てへ☆

一点集中

2019.04.10.Wed.21:39
ガーベラ


この間の続きです。

撮った写真を義父に送りますと、どうやら孫の姿が小さいのが問題な様子。
学校の様子をわかるように撮った写真は、娘の姿が小さいです。
「・・・一点集中なのね。」
背景がレンガの壁のほかは、娘しか写ってない写真を送ると問題は解決したようです。

一点しか見ない見方は、最初にヒトが獲得するもの。
最初はひとつだけ、そのうち親しい人と自分がはいって、そのうち太陽が加わったりする
こどもの描く絵の変化を見ると、わかるでしょう。

好きな人ができると、それしか見えなくなります。
少し経つと、そのヒトを囲む背景も見てみたくなります。
そして嫌いになると、もう見たくありません。
人の視線は多くを語りますね。

しばらくは、このまま

2018.06.19.Tue.08:49
バラ


写真について、無意識がどうのこうの・・・という話があります。
だとしても、人間が意図的に作るもの。
それは写真になる前、カメラの部分から。

去年の今頃、カメラ選びをしているときに、
ミラーレスがどうしても気に入らなくて、結局、古いカメラを買いました。
ピントが合っているところから、ボケるところまでが、どうも不自然に見えてしまって。

去年は、ここまではっきり思わなかたのですが、
最近、出てきたミラーレス用のレンズのサンプル写真をみて、
自分が去年、もやもやしていた部分がはっきり。
これならやっとなんとか、手にしてもいいかな?と思えたのでした。
ま、しばらくは、このまま。

上の写真は、10年以上使っているレンズが写したもの。
今年は結婚20周年ですが、なにもくれないのだけど、
テファニーに行くより、私は同じ値段のレンズだな。

使わない (2017蔵出し その3)

2017.12.06.Wed.20:35
河津さくら


ソメイヨシノより、大き目で濃いピンクの河津桜は、
2月から3月の写真フォルダに、毎年必ず入っています。
どう考えても、2月から3月のイメージではなく、
カレンダーには使えないと・・・。
冬の底を越したくらいの時期に、どっさりと、にぎやかに咲いてくれるのですが、
やはり、暖かいところが好きみたいで、福島県ぐらいが北限のようです。

今年はっていうか、来年のカレンダーには、桜は入ってません。
が、4月の写真は、幹からわかった方もいるかもしれませんが、桜の木の下なんですよ。

さよなら顔料/遅れます

2017.11.16.Thu.20:03
カレンダー


今週中にお知らせするつもりだったのですが、いよいよプリンターが動かなくなってきました。
使っているプリンターは「PX-G930」という、十年以上前に発売されたもので、
びっくりすることに、今も売っています。
いよいよ生産中止になるみたいで、とても高額、もはや手が出ません。

私が2008年から始めたカレンダーは、すべてこのプリンターから生まれました。
2008年分は印刷して、ちょうど10年たったわけですが、まだはっきり鮮やか、当時のまま。
大事に保管したわけでもないけど、さすがは顔料インク。
当時使っていた薄い紙のほうが、かすかに黄ばみ始めているぐらいです。

後継機にあたるものはなく、2010年ぐらいから2年に1回ぐらい、修理に出てもらって、
いつ生産中止になるだろうと、びくびくしながらカレンダーを作っていました。
おかしくなるのはいつも紙送りのところで、このプリンターに限らず、はがき印刷の宿命かも。
(その場しのぎ的な)対処するノウハウがあったのですが、
思い出すのにちょっと時間がかかりました。数学のようにはいかない。。。

もう修理に出すのはやめます。
写真プリントができる顔料プリンターは、でっかい高級機しかないので、
来年(再来年分)は染料プリンターになるでしょう。

来週には、なんとかお知らせをできるようにがんばります。

一枚目

2017.10.19.Thu.12:47
一枚目


カレンダーの一枚目が昨晩できました。
何月かわからないし、その他細かいものは入ってないですが、
ここまでできると、もう家が建ったも同然、あとは内装、のような感じです。
写真も、カレンダーの数字も12か月分、先月にはできていたのですが、
それをのっける「お皿」が、なかなか多難で、何度インストールしなおしたことか。。。

少なくとも一か月以内にはお知らせをします。
(例年は、おなじみさんにメールでお知らせをしていましたが、
今年はナシ、ブログでのお知らせのみにするつもりです。)