FC2ブログ
2018
12.31

祖先帰り

Category: はな(冬)
シャコバサボテン


白いシャコバサボテンに赤い花が咲くようになるということをよく聞くので、
白は買わないでおきました。
祖先帰りというのは、園芸植物によくあること、
でも、ある程度時間が経ってから(育ってから)だと思っていました。

手前のうすいオレンジが購入時の、奥の朱色の祖先帰りした色のシャコバサボテン。
かなり大きくなったけど、「え、もう?」とびっくり。
淡い色のシャコバサボテンは仕方がないのかもしれません。
同じ時期に買ったマゼンダピンクのやつは、まだそのようなことはないけど、
成長がかなりスローということも、関係しているのかもしれません。

まだほんの少しだけなので、赤い花が咲いたところだけ、
根本から摘めばいいかなと思うのですが、無理かなぁ・・・。

スポンサーサイト

Comment:0
2018
03.05

福寿草

Category: はな(冬)
福寿草


福寿草は花より、手の込んだ葉っぱのほうが好きだったり・・・。


Comment:0
2018
03.01

蝋梅

Category: はな(冬)
ろうばい


蝋梅を撮っていると、後ろの方から
「ロウバイって、老人よね。アハハハ!」
と笑ってる、にぎやかな高齢の女性のご一行が。

ロウバイという連想なのかな?
真冬から冬の終わりにかけて、(もう少しあとの)梅などよりじっと静かに咲いているから、
そんな連想なのかもしれません。
春に咲く花だったら、同じ花でも、もうちょっと陽気な感じがするかも。
茶色くなりかけて、蝋梅の時期はもうすぐおしまいです。


Comment:0
2017
12.31

咲き誇る(2018蔵出し その13)

Category: はな(冬)
さざんか


先週から忙しくて、久しぶりにゆっくり買い物をしたら、キャベツが一個、500円するのにびっくりしつつ、
歯が痛いのを10日も我慢できるか、憂鬱な年末になっています。
大病せずに、今年も元気に過ごせたので、よしとしましょう。

来年は活動範囲を広げようと思っています。
具体的には、一人で遠くに行くことですが、
写真を百枚以上撮ることにしたら、日帰りでどこまで行けるでしょうか?
しかも私は車の運転ができないの!

今年もブログを読んでくださり、ありがとうございました。
ひさしぶりのカレンダーも、最初の数日でサクッとなくなってしまう勢いで買っていただき、
大変嬉しかったです。
明日も更新しますよー。


Comment:2
2017
12.02

石蕗と海

Category: はな(冬)
石蕗



ツワブキは、探さなくても冬になれば、そのへんでよく見かけるので、
園芸植物のように、どっかで思っていましたが、
海辺で野生のものと出会ったとき、漢字のほう(石蕗)を思い出しました。

「石」とつくので、岩場や砂地、すなわち海辺が住んでいる場所かも、と考えられます。。
漢字は便利です。ツワブキは意外にも(←私にはね)海辺の植物だったのです。

葉がつやつやしているもの、潮風から身を守るため。
葉が大きいので、ちょっとくらいの日陰も大丈夫。
「フキ」も繁殖力が旺盛だし、
葉をつやつやにしてパワーアップしたツワブキは、海から離れても大丈夫になってしまったのかしら?

2018年カレンダー 発売中です。
詳しくはこちら


Comment:0
2017
02.14

ことのは/縁

Category: はな(冬)
ことのは


何色の、どんな花がやってくるかわからなかったので、
ワクワクしながらシンビジュームが届く冬を、夏から待っていました。

届いたのは、鮮やかな黄色の「ことのは」という品種。
だいぶ前、「ことのは ことだま」という作品で、ある賞をいただいたのです。
これは神様のいたずら、縁ですね。


Comment:0
2015
12.11

予想外/予想内

Category: はな(冬)
水仙


さっきまで強い雨が降っていたのに、いきなり晴れてきたので、窓を開けると
春のような空気が流れ込んできて、予想外のことに、ちょっと気持ち悪くなりました。
水仙や梅が年内に咲くのは、予想内です。
さすがに梅はまだだと思いますが、今年は暖かいので、一輪ぐらい年末に咲いているかも。


Comment:0
2015
12.06

三姉妹

Category: はな(冬)
シャコバサボテン


手のかからなさにホレボレしておりますので、
かなり前から、新色を投入しようと考えていました。
最初は、白い色のものを買おうかと決めかけていたのですが、結局こうなりました。

左上:不明
右上:セントレアモモコ
左下:サニーブライト

左上のものがわからないのは、大きくなった株を友達が分けてくれたもので、
シャコバサボテンに興味がそれほどなかった私は、
「シャコバサボテン」という名前だけで納得してしまったから。

でもこれよく売られている赤いやつ。
葉もほどよく濃いグリーンで、蕾の時は朱色だけど、咲くにしたがって鮮やかな赤色に。

後の二つは、今年買った、ちょっとかわった妹たち。
花もなく、葉も落ちてさみしい季節に、とてもにぎやかなになりました。


Comment:0
back-to-top