2018/06/21

ヘイズスターバースト

アナベル 八重


何年も鉢であじさいを栽培していると、色が濁ってくるので、白いものに変えました。
八重咲のアナベル(「ヘイズスターバースト」という名前)です。
葉っぱも、赤みの少ない柔らかいグリーンで、理想的。
ものすごく大きくなるかな?

スポンサーサイト
2018/06/18

野菜の花

いんげんのはな


小さい頃、かぼちゃの花を摘んで遊んだ記憶があるのですが、なんでだろう?
他の野菜の花も、教えてもらったけど、それは摘むと怒られたのでした。
これはいんげんの花。

2018/06/10

梅雨と秋

実りの秋


上の菖蒲は「稔(みのり)の秋」という名前です。
言わんとしていることは、わかるけど、私の頭の中で、何かが混乱します・・・。

2018/05/27

ウソと白とバイカウツギ

バイカウツギ


この数年、世間を騒がせているアレコレで、わかったことがあります、
「不特定多数に対して、公然とウソをつくのは、(ほぼ)ムリ。」

ご本人は、なんとかグレーぐらいにでもなれば、と思っているのかもしれませんが、
いえば言うほど、黒い色が混ぜられいく気がします。

白いウソなんて、死語でしょうか?

長年、カップ型の白い花を探してきましたが、姫さまが教えてくれました。
バイカウツギは、ヒメウツギと違って、「木」として、大きくなるようです。
でも伸びてきた先端は、柔らかいツルで、固い枝ではありません。
バラも、最初は柔らかい枝を伸ばすのですが、
つるバラのように育てれば大きくなるかなーと、来年を妄想しています。

2017/12/22

山とクレマチス (2017蔵出し その9)

ヤマとクレマチス


家の前のフェンスに絡ませてあったりすると、上品なクレマチスですが、
背景が大きいと、野草のような雰囲気に。

2018年カレンダー 発売中。
はじめてさんも大歓迎です。
詳しくはこちら
(メールのお返事、カレンダー発送はは25日以降になります。)

2017/12/14

わからない(2017蔵出し その8)

あやめ


前回は春でしたが、いきなり夏に行きます。
今年の5月から6月は、カメラがありませんでした。

こうして野にひょっこりある花が、何なのかをはっきり断言することができません。
水に近い草原にあるのは、菖蒲ではなくて、あやめなんじゃないか?と思ったぐらいだけど、
これは「花菖蒲」みたいですね。
実は「カキツバタ」も選択肢の中にあったりして、むずかしいなぁ・・・。

2017/06/27

むらさきのほう

アガパンサス


こちらも咲きました。
紫のほうが、なにもかも大きいです。

2017/06/21

祖先/不足/かしわばあじさい!

祖先かえりしたうずちゃん


なんとも中途半端なあじさいは、うずちゃんが祖先帰りしたものです。
少し丸まっているものが残っているでしょう?
うずあじさいは、普通のアジサイが変異したものが、そのまま品種になったものです。
栄養不足だとこのように、もとの形質にもどるらしいです。
そういえば、あじさいに肥料をやったことがないかも。。。

今年は家のアジサイが、みな濁ったピンクになったので、がっかりしています。
ピートモスをたくさん混ぜて、来年は真っ青にしてやろう・・・と思いつつ、
色はもうめんどくさいので、白にしよう、そうだ!かしわばあじさい!