FC2ブログ
2019
06.18

来年の抱負

Category: はな(夏)
花菖蒲


今年も半分、過ぎました、来年の抱負っていうか、終わった菖蒲の反省をします。

写真は、去年菖蒲園で撮ったものですが、これが正しく咲いた花菖蒲でしょう。
来年はの「家の菖蒲」は、このようにすくっと花茎を伸ばして、スラリと咲かせたいと思います。
今年は置き場所が悪かったのでしょう、斜めに伸びてしまって、花容はイマイチでした。

スポンサーサイト




Comment:0
2019
06.15

家の菖蒲 5(完)

Category: はな(夏)
_6143951_.jpg


二番花の下から、なんと!
三番花を発見。これでおしまいのようです。
切り花の菖蒲であっても、花が枯れた後、葉を楽しんでいると、
そのうち蕾が現れることもあるようです。

江戸時代に、朝顔と花菖蒲の栽培や品種改良がとても流行ったそうですが、
朝顔はともかく、花菖蒲に萌える理由が、ちょっとわかりました。


Comment:0
2019
06.13

アパガンサス

Category: はな(夏)
アパガンサス


もう少し季節が進んでから、咲くようにしたかったのですが、
毎年、どうしても梅雨の時期に咲いてしまいます。

アパガンサス の茎は1メートル弱伸ばすのですが、とても硬いです。
よほど強い繊維から出来上がっているのかなぁ・・・?
しかもまっすぐ、上に上に伸びていきます、重力にきっちり逆らって・・・。
考えれば、すごいエネルギーです。


Comment:0
2019
06.10

二番花(家の菖蒲 その4)

Category: はな(夏)
家の菖蒲


シリーズ化するつもりはなかったのですが、まだ続けます。
その1 その2 その3 

一番最初に咲いた花のすぐ下から、二番花が出てきて、すぐ咲きました。
昨日、今日は寒いぐらいなので、萎まずにいてくれました。
私も本気を出して、大きなカメラのほうで撮りました。

昔、良く晴れた日に菖蒲園で、持参の霧吹きで菖蒲に水をかけながら撮っているおじさんがいましたが、
(私はもちろん、周囲の人もドン引きでした。)
あのときおじさんの望んだ状態が、自分の家でできるとは思いませんでした。
(注 写真は天然の雨水、霧吹きは使ってません。)


Comment:0
2019
06.08

一日花(家の菖蒲 その3)

Category: はな(夏)
しょうぶ


家の菖蒲は、色が見えて3日目、花が開いて翌日には呆気なく、
くしゃくしゃと、しぼんてしまいました。
菖蒲って、一日花だったの?
これは極端だったとしても、命の短い花だったのでした。
ということは、今の季節、菖蒲園では、花がら取るのに忙しいのですね?

わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ)

好きな鏡花先生の歌。
これは紛れ間もなく実感でしょう。
先生は師匠に禁じられた恋をしてましたから。


Comment:0
2019
06.06

家の菖蒲 その2

Category: はな(夏)
菖蒲


次の日、開きました。
うれしいので、どアップで。


Comment:0
2019
06.05

家の菖蒲

Category: はな(夏)
菖蒲


菖蒲は外で見る花だと思っていたら、
特に水を張る必要もなく、乾かさないようにすれば、割と簡単という話を聞いて、
菖蒲を栽培してみることにしました。
濃い紫色が緑の中から出現したときは、とても嬉しかったです。
後ろは、ギボウシとあじさい(アナベル)。


Comment:0
2019
06.02

去年の写真/おなかいっぱい

Category: はな(夏)
去年の6月


これは去年の写真。
これから何を撮ろうかと、去年の写真を見ました。
見ているだけおなかいっぱい。。。
撮る気は起こりそうにありませんでした。


Comment:0
back-to-top