FC2ブログ

バイカウツギ

2020.06.03.Wed.09:06
バイカウツギ



正面より後ろ姿に惹かれたので、今日の写真。

スポンサーサイト



さわったことのない花

2020.05.31.Sun.10:07
花菖蒲


外でいろいろなものに触れるのことが、憚れる今ですが、
植物園などに植えられている観賞用の花は、「売り物」ではありませんが、
それと同じ強さをもって、昔から皆、(見るだけで)触らないようにしていると思います。

花菖蒲が家で咲くようになって、触ることを含めいろいろな姿を観察できるようになりました。
花びらは思ったより厚いです。
「楊柳」という夏向きの生地がありますが、あれをうんと分厚くしたもののようでした。
雨に負けないようになっているのだと思います。
当たりまえですが、花粉もちゃんとあるのね・・・。

ええっ・・・もう咲いたの!

2020.05.19.Tue.19:57
花菖蒲


5月だけど、梅雨っぽいような何かを感じたからか、もう咲いてしまいました。
去年は、6月に入ってからだったので、
相当早いです。

2019.09.24.Tue.06:29
@由布院


今回の旅は、スペシャルゲスト(義父)がいたので、泊まるところは由布院にしました。
こういう状況が来ない限り、滞在することはなかったと思います。
が、ここは写真を撮るにはいいところでした。
それほど時期を選ばず霧が発生、すると雪が降ったときと同じように景色が一変します。
しかもねこカフェも!

朝から街を覆っていた深い霧は、このあと10分ほどですっかり消えました。

来年の抱負

2019.06.18.Tue.15:30
花菖蒲


今年も半分、過ぎました、来年の抱負っていうか、終わった菖蒲の反省をします。

写真は、去年菖蒲園で撮ったものですが、これが正しく咲いた花菖蒲でしょう。
来年はの「家の菖蒲」は、このようにすくっと花茎を伸ばして、スラリと咲かせたいと思います。
今年は置き場所が悪かったのでしょう、斜めに伸びてしまって、花容はイマイチでした。

家の菖蒲 5(完)

2019.06.15.Sat.21:00
_6143951_.jpg


二番花の下から、なんと!
三番花を発見。これでおしまいのようです。
切り花の菖蒲であっても、花が枯れた後、葉を楽しんでいると、
そのうち蕾が現れることもあるようです。

江戸時代に、朝顔と花菖蒲の栽培や品種改良がとても流行ったそうですが、
朝顔はともかく、花菖蒲に萌える理由が、ちょっとわかりました。

アパガンサス

2019.06.13.Thu.15:39
アパガンサス


もう少し季節が進んでから、咲くようにしたかったのですが、
毎年、どうしても梅雨の時期に咲いてしまいます。

アパガンサス の茎は1メートル弱伸ばすのですが、とても硬いです。
よほど強い繊維から出来上がっているのかなぁ・・・?
しかもまっすぐ、上に上に伸びていきます、重力にきっちり逆らって・・・。
考えれば、すごいエネルギーです。

二番花(家の菖蒲 その4)

2019.06.10.Mon.19:45
家の菖蒲


シリーズ化するつもりはなかったのですが、まだ続けます。
その1 その2 その3 

一番最初に咲いた花のすぐ下から、二番花が出てきて、すぐ咲きました。
昨日、今日は寒いぐらいなので、萎まずにいてくれました。
私も本気を出して、大きなカメラのほうで撮りました。

昔、良く晴れた日に菖蒲園で、持参の霧吹きで菖蒲に水をかけながら撮っているおじさんがいましたが、
(私はもちろん、周囲の人もドン引きでした。)
あのときおじさんの望んだ状態が、自分の家でできるとは思いませんでした。
(注 写真は天然の雨水、霧吹きは使ってません。)