FC2ブログ
2018
12.25

この次は秋(2018 蔵出し5)

Category: はな(夏)
勝負


この写真は6月のはじめ頃に撮ったものですが、次回はたぶん、秋の写真になります。
6月に梅雨明けをして、ひどく暑い夏でしたので、不要な外出は避けて、家に閉じこもっていました。

スポンサーサイト

Comment:0
2018
12.24

ワクワク(2018 蔵出し4)

Category: はな(夏)
あじさい


これは6月に撮ったものですが、この写真を選ぶ前、
今年の6月はいったい何をぼさいていたか、ブログを見返していました。

すると、大好きなファンタン・ラ・トゥールさんがお亡くなりになりそうだという記録が・・・。
この記事を書いてからほどなくして、
新たなファンタン・ラ・トゥールさんを購入したのですが、すっかり忘れていました。

ベランダですくすく大きくなって、温かいので、冬になっても葉が落ちず、緑色のまま。
この元気良さが、イングリッシュローズだと思いこんでいたみたいです。
私はめんどくさいがり、鉢に花の名前を書いたプレートをつけません。
春になったら、またあの花に会えると思うと、ワクワクしてきました。
春になったら、もう一つ非常に楽しみな野望があるのですが、それはまた春になったら!


Comment:0
2018
09.03

何もなかったかわりに

Category: はな(夏)
何もなかった


ここはお花畑のはずだったのですが・・・、もうおしまいにしてしまった模様。
何もなかったわけじゃないので、こういう写真。


Comment:0
2018
08.03

れんげしょうま

Category: はな(夏)
れんげしょうま


あじさいがまだ元気だった一ヶ月前の写真から。
手前の小さなピンクの花は、「れんげしょうま(蓮華升麻)」。
平地に植えると、7月には咲いてしまいますが、
自生地は、木漏れ日のさす山の中、お盆の頃咲きます。
大きさがずいぶん違いますが、
小さくてもハスの花(蓮華)を逆さまにしたようなので、この名前があるようです。


Comment:0
2018
06.21

ヘイズスターバースト

Category: はな(夏)
アナベル 八重


何年も鉢であじさいを栽培していると、色が濁ってくるので、白いものに変えました。
八重咲のアナベル(「ヘイズスターバースト」という名前)です。
葉っぱも、赤みの少ない柔らかいグリーンで、理想的。
ものすごく大きくなるかな?


Comment:0
2018
06.18

野菜の花

Category: はな(夏)
いんげんのはな


小さい頃、かぼちゃの花を摘んで遊んだ記憶があるのですが、なんでだろう?
他の野菜の花も、教えてもらったけど、それは摘むと怒られたのでした。
これはいんげんの花。


Comment:0
2018
06.10

梅雨と秋

Category: はな(夏)
実りの秋


上の菖蒲は「稔(みのり)の秋」という名前です。
言わんとしていることは、わかるけど、私の頭の中で、何かが混乱します・・・。


Comment:0
2018
05.27

ウソと白とバイカウツギ

Category: はな(夏)
バイカウツギ


この数年、世間を騒がせているアレコレで、わかったことがあります、
「不特定多数に対して、公然とウソをつくのは、(ほぼ)ムリ。」

ご本人は、なんとかグレーぐらいにでもなれば、と思っているのかもしれませんが、
いえば言うほど、黒い色が混ぜられいく気がします。

白いウソなんて、死語でしょうか?

長年、カップ型の白い花を探してきましたが、姫さまが教えてくれました。
バイカウツギは、ヒメウツギと違って、「木」として、大きくなるようです。
でも伸びてきた先端は、柔らかいツルで、固い枝ではありません。
バラも、最初は柔らかい枝を伸ばすのですが、
つるバラのように育てれば大きくなるかなーと、来年を妄想しています。


Comment:0
back-to-top