FC2ブログ
2009
01.26

「おはようございます!」

ふきのとう


落ち葉をやさしくかきわけて、見つけるのが、毎年の楽しみです。

スポンサーサイト



続きを読む
Comment:0
2008
12.04

スペードのおしゃべり

Category: きせつ   Tags:写真紅葉
スペード

Comment:0
2008
11.28

いちょうのまないた

いちょう


昨日は、人生初の「お料理教室」に行きました。

改心して、料理に本腰を入れよう、なんて、ありえなくて、
友達が誘ってくれたのです。
それも、成り行きでとか、相談してでもなく、
「これの、この回に行かない?」
と、いきなりパンフレットをくれました。
その回のメニューは、特にめずらしいものでもないですけど、
お料理教室にいってみたいらしい彼女と、一緒に行くことにしました。

家庭科の調理実習のように、分担して料理をつくります。
昨日は、はじめて会った人と班を組み、
材料はあらかた、机の上に並べられているので、
切る作業からです。
わたしの分担は、しょうがのみじん切り、大量。
あんまりやりたくなかったのですが、
最初に荒く切ってしまっても、あとで細かくできるから、まっ、いっかと引き受けました。

やりだすと、備え付けの包丁があんまりにもすばらしく、あっという間にできあがりました。
そこへ先生が通りかかり
「あら、すばらしい。」
こういうとき、わたしは、「ふふーん!」と思うことにしました。
「いえいえいえ。」とか言って、(日本的に)謙遜するのを、やめたのです。
これは、みなさんにも、おすすめ。

「じゃ、続けて、玉ねぎのスライスも、お願いね。」
と、先生に玉ねぎを渡された時は、
「がーん・・・。」
だってそれは、切ってそのままサラダにするものだから!
慎重に、慎重に切りました。

お料理教室では、プラスチックのまな板でしたけど、
木であれば、ヒノキが多いですよね。
最近、「いちょうのまないた」を手に入れたんです。

この間の連休に、山のほうへ出かけたのですが、
そこでは、畑も田んぼも、やりにくいようで、さかんなのは、林業のようでした。
お箸、お椀から、家具まで売られていましたけど、
まな板売り場には、なぜか「いちょう」しかありませんでした。
値段が手頃なので、ちょっと立派なものを買って来たんですよ。

家で使ってみると、刃のあたりが「密」な感触で、とっても、いいんです!
これに比べると、ヒノキは「疎」な感じがします。
白っぽくて素直な木目であるところも、また板の「ルックス」として、いい感じです。
欠点がないわけでも、ないですけど、ね。


Comment:0
2008
10.31

あしおと

あしおと


見てわかるものだけを、信じていたら、たぶん、たいへんなことになると、おもうのです。

私に「仕事」というものを、教えてくれた先輩のことば。
「どこかわからないけど、なんかおかしい・・・と思ったら、絶対、どこかおかしいのよ。」

経験とか知識とか、まったくないところで、
私が彼女のかわりをしなくてはならなくなった時、こう教えてくれました。
これは、ものすごく役に立ちました、っていうか、
頼るべきところは、「これ」しかなかった・・・という感じ。

一年のうちの、ちょうど今頃、
お見舞いにパジャマと、質問リストを持って、病室を訪ねたとき、
仕事のことは、この一言で、さっと片づけられ、
病院のはやい夕食が始まるまで、おしゃべりに終始。
会社にいたころの彼女は、冷静沈着、どっちかというと、おとなしいひと。
ベットの上に置かれた柿の色ように、
あたたかく、陽気なおしゃべりがひろがっていくのに、びっくりしたのです。

これが最後に会った時のことなので、さらに忘れられないことなのですが、
なんだか、今でも私を鍛えているような言葉なのですよ。

坂道を降りていたら、目の前を、ひらり、
落ちてきた葉がありました、ぱちり。


Comment:2
2008
10.30

とろける秋

Category: きせつ   Tags:写真
もみじばあおい


秋は燃えて、とろけて、消えるのです・・・


Comment:0
2008
09.24

ひとつ ひとつ

はぜもみじ


ウルシの・・・


続きを読む
Comment:2
2008
07.14

燃える

Category: きせつ   Tags:写真e.t.c
カンナの葉


カンナの葉、燃えているみたいです。


急に真夏が来たみたいで、びっくりですが、
お天気の森田さんが、
「梅雨明けしませんか。」
と、書かれていました。

ずっと昔、私は森田さんのお子さんと仲良しでした。
そうとは知らず、六年生だった私は、一年生として入学してきたお嬢さんとよく遊んでました。
ある日、その子がテレビで見たことのある男の人と手をつないで、
公園のそばの家の前に立っているのを見て
「あー、そうなんだ!」
と。

その時から、あんまりお変わりではないのです。
なんだか、自分だけ年をとった気がして、
すごいなぁと、テレビでお見かけするたびに思うのです。


Comment:2
2008
05.01

マリアアザミ

Category: 植物   Tags:写真
マリアアザミの葉


葉の斑というのは、不規則に出るものであるとおもっていたら、
葉脈に沿って白くなるおもしろい葉っぱを見つけました。
さすが!名前が違います。しかも、肝臓に効くハーブなのだそう。


Comment:2
back-to-top