FC2ブログ
2008
12.30

メタセコイアの秋(2008 蔵出し19)

メタセコイアの秋


メタセコイアは杉の仲間で、和名は「曙杉」。
気持のいいくらい、まっすぐ伸びます。

まだまだやらなくちゃならないことは、いろいろあるような気がするけれども、
毎日、午後の一時間は、着付けの練習。
昨日、おはしょりが長いのである!ということに、やっと気がついて、
(20センチ近くあったもの。ふつうは、この半分もないくらいでしょ?)
腰ひもを2本にしたら、(着つけ初心者的に)ばっちりになりました。
それまでは、しわをのばしてタックを脇の寄せるなんて、処理しきれないほどに、
ぶくっと、もたついて、悩んでました。
元日は、晴天みたいだし、ばっちりかも。

この半分でも、ピアノもやればいいのに、とおもうのですけど、
来年の抱負、ですね。


スポンサーサイト

Comment:0
2008
12.29

記憶 (2008 蔵出し18)

記憶


記憶はもうガラスケースに入れられて、こちらからは手が届かないけれども、
今と重ね合わせたとき、違う景色が見えたりします。


今年は、撮らずにいろいろ書いたなぁという気がします。
いや、撮っているのですけど、
それよりも書いた・・・!
という気持ちが、はるかに大きい。

それは、自分に必要のあってのことだとおもうのですが、
ついこの間、
「このために、書いてきたのかなぁ・・・。」
と、思うような出来事がありました。
白い紙を前に、ペン先に全人生がのっているような、こと。
来年は、どうなりますか・・・
そんな個人的つれづれを読んでくださるみなさんに、まずは感謝!
コメント、拍手、メール、ほんとうにありがとうございます!


Comment:0
2008
12.28

朽ちる (2008 蔵出し17)

朽ちる


今年、着物屋さんに
「この長襦袢は、いまのサイズから考えると、身幅が広めですけど・・・」
と言われたとき、ちょっと自分が朽ちたような気がしたのです。
そうであることは、自分でわかっていたのですが、
ひとに言われると、しんみりします。

女の人の着物は、一生のうち、2,3回測り直すとどこかで読んだことがあるのですが、
その大きな節目のひとつは、
子供を持ってしばらくして、あるいはそのような年にさしかかったとき。

胸のあたりに細かい皺がたくさんよったその長襦袢は、
弟がまだ呉服店にいたころ、
わたしの結婚のお祝いに揃えてくれたものの一つで、
それらはここぞというとき、とても活躍してくれたのでした。

それから十年、
憧れて入った世界に、彼はもういなくて、
弟思いの姉が(ほんとうに?)、ボーナスはたいて買った「一張羅」も、
「まだ着たいけど、若すぎるかも・・・。」


あともう一つ、自分のサイズを考える時期として、
「おばあさんになったとき」
というのが、あるんですよ。
その時は、今より太って、福々しいおばあちゃんになっていたいなと、おもうのですけど・・・。



Comment:0
2008
12.26

すすき美人 (2008 蔵出し15)

Category: はな(秋)   Tags:写真e.t.c
すすき


写真を撮るようになって、好きになった植物の一つは、すすき。
わたしにとっては、ものすごい美人を相手にしているような感じなのですよ。
バラは、あまりよい顔をしてくれませんが、
すすきは、たいていよい顔をしてくれるけど、
なかなかくどかれてくれない、そんな美人です・・・って、この比喩はどっからでてきたのだろう?


Comment:0
2008
12.24

秋明菊 (2008 蔵出し14)

秋明菊



げっかん かちょうふうげつ12月更新しました。
(本文も書きました。)


Comment:0
2008
12.23

コスモス (2008 蔵出し13)

Category: はな(秋)   Tags:写真
コスモス


なにかに、(わたしが)すぽっとはまった時、よい写真が撮れます。
それはなにか、よくわからないのですが、
それがあることは、自分で知っているので、
たまにだったとしても、それをたどっていけばいいのかなと。

今年の秋は、コスモスをたくさん撮りました。


Comment:2
2008
12.20

黄色だってあるんです(2008 蔵出し12)

Category: はな(秋)   Tags:写真
彼岸花

Comment:0
2008
12.19

彼岸花(2008 蔵出し11)

Category: はな(秋)   Tags:写真
彼岸花




今日も着物姿で更新です。今日は38分で着れました、毎日計ってます。
慣れた人はこの半分ぐらいでしょうか。
私としては、このぐらいの時間でもっときれいに着たいです。
どうも衿の具合がぷかぷか、よくないなぁと、何日か苦戦したのですが、
ちっとも身体に沿わない襦袢のプラスチックの衿芯が、
とってもいけないような気がしてきたので、
三河芯を注文しました。
あんまり道具のせいにはしたくないけど、
安いものなので、ためしてみます。

蔵出しの写真、今年は、各月より最低一枚出そうと思ってやっているのですが、
八月はどうしても見つけられず、あきらめ九月。
来年、いいことがありますように、紅白で。


Comment:2
back-to-top