FC2ブログ
2009
07.23

小顔にゃん

Category: ねこその他   Tags:写真ねこ
ねこさん


小さな顔に、大きな目、大きな耳。

スポンサーサイト

Comment:0
2009
07.18

クレオメ

Category: はな(夏)   Tags:写真
クレオメ



Comment:0
2009
07.16

怒れるおにゆり

Category: はな(夏)   Tags:写真
おにゆり


こんなにたくさんのおにゆり見たのは、初めてかも。
それにしても、かわいそうな名前。
どこか物足りない「てっぽうゆり」より、この自己主張、よほどいいと思うのに!


くすんだオレンジ、たくさんのそばかすを見ているうちに、脳裏には「赤毛のアン」。

「にんじん」と言われ、
その時も、その後も、アンが怒り続けたように、
おにゆりだって、怒っているかもしれない・・・。

英名では’Tiger lily’。
吠える顔が浮かんだのは、
やっぱり怒っているらしい、おにゆり。


Comment:2
2009
07.16

倒れるやまゆり

Category: はな(夏)   Tags:写真
やまゆり


このところの強風で、倒れるように咲いていたやまゆり。
黄色のすじと、そばかすを取って・・・子孫は、「カサブランカ」。


Comment:4
2009
07.15

どこを見ている?

クレオメ


さっき、立ち話をしていたら、学校は今週でおしまいという驚愕の事実を知りました。
いや・・・学校で月初に配るお知らせにはそう書いてあったのだろうけど、
私の中では、
学校は来週ぐらいまではあるんじゃない・・・程度に考えていました。

…そういう具合に、ぼんやりしてましたら、一週間更新せずに過ぎていました。
見に来てくださったみなさん、ごめんなさーい。


Comment:2
2009
07.09

永遠のおねーさん

みずたま



最近、びっくりしたことの一つ、ダイアナ・ロスの年齢。

ダイアナ・ロスを私に教えてくれたのは、「エド・サリバンショー」。
それはきっと、もう何回目かの再放送のもので、
当時のハイライトみたいなものだったと思う。
女の子がキャーキャー叫んでいるビートルズも、
カレンの静かで温かな歌声も、
小さいマイケルも、見たけど、
一番ひっかかったのは、ダイアナロス&シュープリームス。
なにか小さくて、かわいい、心地よいもの。
そんなところがよいなと思った。

それと前後して、当時の日本では、
時を経て、ものすごーく進化した、というか、成熟したダイアナの「If hold on together」が、
どこに行ってもかかっていたけれど、それはまったく別人のようで、
私は彼女がおねーさんの頃のCDを探した・・・だいぶ探した。
オールディーズの1000円か1500円均一で、やっと探してきたCDは、今でもお気に入り。
マイケルのニュースを知る数日前、ひっそり聴いて、ほっこりしていた。

当時の録音技術がどんなものかわからないのだけど、
たぶん、生演奏で歌っているものだろうと思う。
何かがすごくきっちりしている演奏と歌声、すごいね、昔の人って。

興味のある人は、You tubeに、いくつかあったから、探して聞いて見てください。
映像を改めて見るに、あんまりにも、もっさりした三人。
歌声の軽やかさと合わないのだけど、
見るなら、いろいろな人がカバーしている、’You Keep Me Hangin' On’ がいいかな。


まぁ、とにかく!
私にとってダイアナ・ロスは、
軽やかなかわいい声で歌っている永遠のおねーさんなんです。


Comment:0
2009
07.07

白いアガパンサス

アガパンサス



デジタルフォトフレームって、ステキなんですけど・・・なかなか普及しないだろうなと、量販店で見ていて思いました。
たとえば、お店の一角に、インテリアの一部としてあったら、かなりいいだろうと思います。
でも、個人ではね。
見た感じのよさは、値段ではっきり差がついてしまっている感じがするし、
こんなにするなら、プリンターを買うぞと思うのですけど、
プリンターそのものが消耗品。
ある一定量印刷すると、印刷できないようになっているみたいです。
しかもランニングコストもすごくかかることを考えると・・・デジタルフォトフレームも一考の余地はありそうですが、つけっぱなしはしないだろうし、つけたり消したり・・・落ち着かないです。


アガパンサスには、白があったんですね。



Comment:0
2009
07.05

警戒する子猫

Category: ねこその他   Tags:写真子猫
子猫たち


こういう時期、
おかあさんは人目を避けて隠れていたり、
攻撃的にすらなっていることもあって、見かけても、近寄れることがなかったのです。
子猫が、おかーさんにしゃぶりついているところなんて、目の前で見たのは初めて。

続きを読む
Comment:2
back-to-top