FC2ブログ
2008
12.24

メリークリスマス!

メリークリスマス!


クリスマスケーキは、白でしょっ!と、おもうのだけど、
お子さま仕様で。
昨日、スポンジケーキを焼いたのだけど、
あんまり膨らまなかったので、失敗か?と思って食べたら、
チョコスポンジがおいしくて、またたくまになくなってしまった・・・ので、今朝もう一度焼きました。

大人はどうしてプレゼントをもらえないのか、ブゼンとしたいところだけど、
ベランダのやさしいカドちゃんがくれた「ふゆそうび」。
カドちゃん(ブラザー・カドフィール)って、神父さん、たしか。

いちばん右は、北海道から連れて帰った、「クリスマスのペット」。
かわいいでしょう?

ではでは、よいクリスマスを!
大人はプレゼントを、もらえないかもしれないですけど、
神様がちいさな願い事ぐらいは、かなえてくれます、きっと!!

スポンサーサイト




Comment:0
2008
12.14

いとしのエリック(2008 蔵出し7)

くろばなろうばい



だいぶ前
「ママの好きな人はだれ?」
と聞かれ(女の人を言ってはダメという指示だったので)
「・・・エリック」
「エリック??」

小さいお子さんをお持ちの方は、ご存じかと思うのですが、
子供に有名な「エリックさん」が、いるのです。
(そういえば、彼もギターで歌いながら、出てくるし・・・。)

ある日突然、まったくすばらしく、カッコよく見えてしまった「エリックさん」を
娘にぜひ、教えたく、
世界一有名な「エリックさん」のほうを見せると、

「なんだ・・・、おじさんじゃん!」

80年代後半の元気な「エリックさん」だったのですけどね。

娘は自分の知っている「エリックさん」と、比べたかもしれず、
よく考えると、
エリック・クラプトンは、わたしの父より若くて、母より年上。


ステージの上でも、たまにしか笑わない彼のことを、
私は若いころ、好きじゃなかったけど、
今年は、何回見ただろう?
CDよりも先に、DVDを買ってしまったよ・・・・。


でも、わたしの好きなのは、「エリックさん」の、たぶんとっても短い期間。
眼鏡をかけ、ここではない遠くを見ているような、
90年代以降は、あまりピーンとこないのでした。
それは、それでステキなのだけど、映像で見たいとは思わなくて、
ステージの生身を、売りモノにした時、
スターにとって、昔の映像はなんだかとっても辛いようで、
まずは神さまが選んで、そして人が選ぶ、のねと・・・。


黄色いろうばいは、冬の終わりに咲きますが
この黒いろうばいは、新緑の5月の花。

おとといの続き。
わたしが目にして、思わずひるんだ言葉は、
「恋をしています。」

「好きです。」よりも、もしかして強力じゃないかって気がしたのですよ。
うっかりしていると、飲みこまれそうな気がします。


ラブレターとしてなら、「Layla」は、なにもかも、強力。
ガンガン飛ばしても、
'I fell in love with you.'
を、大事そうに歌う、いとしのエリックさん。


Comment:0
back-to-top