FC2ブログ
2009
04.11

さくらふぶき ごっこ

Category: きせつ   Tags:写真ひと
桜の道


右の女の人、ほんの少し前、
「さくらふぶき ごっこ」
をしたんです。
そうは、見えないですよね。

桜の花びらを、手のひら両手に、ごっそり盛り、
手をほどいて、走りだすと、
宙に、長い「さくらのかわ」を作ってみせました。

あんまりのことに、
じっと見とれて、
なにをするのも、忘れていました。
そして、愉快な気分が、わたしのなかに。


「遊びをせんとは うまれけむ。
戯れせんとや うまれけむ。
遊ぶこどもの こえきけば
我が身さへこそ ゆるがすれ」

「今日は、○○をした、食べた。」
のような単純なこと書いてあるのに、滋味深く、
この人って、いいこと書くよね、と思うのは
たぶん、あそび心があるから。
そういうものが欠けると・・・・
本人も、周りも、いずれ飽きてしまようです。

「忙しかったけど、○○はした!」
そんな毎日が、理想かな。

スポンサーサイト




Comment:0
2009
04.10

シアワセ

Category: きせつ   Tags:写真ひと
幸せに・・・


自分のやっていることが、よくわからなくなることがある。
そのことについて、考えるべきなのかも、よくわからない。

けれども、写真なら、
一枚撮ったら、それは大切な一枚。
百枚撮ったら、そのすべてが大事。

それに、撮っていると、誰かが、
そのものに、目をやったり、足を止めたり、
あるいは、私に声を掛けたり。
そうやって、人の時間を、ちょっと変えるのは、
悪いことじゃないような気がする。


桜吹雪を撮っていると、
後ろの方から、女の子の声。
足も止めたみたいだったので、少し横に移動すると、

「なんかさぁ・・・シアワセになれそうじゃない?」

そんな言葉とともに、桜吹雪のなか、私の横を歩いていったから、
あわてて、カメラに収めた。
もう一度会えるなら、この写真をプレゼントしたいくらい。

今も、シアワセでしょ?
舞う花びらをみているように、実感に乏しいかもしれないけど、
この写真が、証拠で、
その言葉を聞いたわたしが、証人。

そして、その予感の通り、
これから、もっともっと、シアワセになれるよ!


Comment:4
2008
12.11

天職 (2008 蔵出し4)

ゼラニウム


今年、
「へぇ~、そうなの!」
と、思ったひとつは、
「写真を撮る人は、年をとらない」
というようなことを、違う媒体で何回か、読んだこと。

わたしの実感として、これは、そうかもしれないなと、おもいます。
撮り続けると、目は厳しくなるし、目で知ってしまうし、
自分に肯定的でないと、続けられません、とても積極的な行為です。
携帯にもカメラがついているから、
シャッターを押すことは、誰もがやったことのある共通の体験になっていると
思うのですが、
ブルーな時、撮ろうなんて、思わないでしょう?

このブログの読者の方が、顔の思い出せる写真家と言えば、
荒木経惟さんぐらいでしょうか。
おいくつなのか、知りませんが、たぶん実年齢とかけ離れた気がすると思います。
例がちょっと極端だったかもしれないですけど、
商品を撮るような商業カメラマンは例外、当てはまらない気がします。


子供の時から、ぐっと年上に見られるわたしは、
今、若く見えるのなら、
「それは、利息さ・・・」
と思っているのですが、
母の仕事先の方にお会いすると、若く見られますっていうか、
横にいる娘のことを、私の娘だとは、まず思ってもらえないのです。

これは、おばあさんに限られるのですが(母は介護の仕事をしています。)、
私が母の娘であること、ちいさい女の子が母の孫であることは、
一目でわかってくださるみたいですが、
私と娘は、どうもつながらないようです、不思議な話ですけど・・・。

三人でデパートに行って、店員さんと話したり、
母が、時々やっているらしい
「お母さんにかわって、保育園のお迎え。」
の依頼主である、若いお母さんだと、私は、娘の母にちゃんと、見えるみたいです。

この二つのことから、わたしは
おばあさん世代の感覚からすると、母親の範疇にはおさまらない、ある意味よくない母親で、
だいぶ世代が下がってくると、まぁ、ふつーってことだな、と。


松田聖子さんが、年をちっともとらないようなわけは、
努力もあるとおもうのですが、
精神的には、ますます強く、輝かしくなっておられる、そんな気がします。
人にそうさせるモノを、天職と呼ぶのですよ、きっと。
「写真を撮る人は、年をとらない」
も、この類かな。

ということで、今日は春のイメージ。


Comment:0
2008
11.29

計画

赤ちゃんとパパ


今年、あんまり進んでいないいろいろのひとつが、ピアノのおけいこ。
そもそも先生の所へ行ったのが、片手で足りるくらい。
最近は鍵盤の上に写真を置いて、カレンダーを作っていたので、
弾けないさ、っていうか
弾くつもりがあるのか・・・やめるか、という瀬戸際かげんは、写真も同じく。

この赤ちゃんを撮り続けて、数年経ったら(七歳ぐらい)、
写真をアルバムにしてあげようと思ってます。
なので、一年に一回ぐらいは、会っておかないと!
パパとママが、わたしのカレンダーを大事にしてくださるので、
作り続ける限り、口実はありそう。

赤ちゃんって、よーく、動きます、ゆらゆら、ふらふらと。
予測出来なので、けっこう難しい被写体。
娘がこうだったころは、撮ってなかったので、知らないこと。
写真は眠っている時に。


Comment:2
2008
10.02

彼女

Category: ひと   Tags:写真ひと
彼女


マネージャー、ではなさそう。


Comment:4
2007
12.25

川原のバスケットボールと怪しい二人 (2007 蔵出し6)

Category: ひと   Tags:写真e.t.cひと
川原のバスケットボール


いつもおもうのですが、ボールが川へぼちゃっ、ってないのでしょうか?

続きを読む
Comment:2
2007
12.20

手動トーマス

手動トーマス



昨日のお客さまは「いやいやちゃんキング」。
きみが泣き叫び、しゃべらないから、おかーさんはどんどんやせ細っているみたいだよ。

娘が通っていた通称「のざるようちえん」に、来年から彼は入園するので後輩。女の人が大好き、幼稚園の面接のとき、園長先生(男)に発した唯一のことばが
「あっち、いってよ。」
園長先生はそれでもとても喜んだそう。いつも、言いたいことはたっぷりあるんだよね。

しばらく彼と一緒にあそびました。
私の家にある娘のトーマスはしゃべるんだけど、もう動かなくなってしまって、走らせるときは手動。それでも、飽きることなくいつまでも遊んでいました。こっちのほうが案外楽しいかも。
おばあちゃんと新幹線に乗るのがすきだという彼は、「鉄ちゃん」?

今月はもう20日。年賀状を書くどころか、買ってすらいません。今日こそ買いに行きます!


Comment:0
2007
10.21

写るんですおばさん

Category: ひと   Tags:写真e.t.cひと
さざんか


よく晴れた秋の日。さざんかが早くも満開でした。

「撮ってください。」
とカメラを差し出されるのは、よくあることだと思うのですが、昨日の依頼はミョーでした。
私に差し出されたカメラは「写るんです」。
コスモスと一緒に撮ってくださいという50代ぐらいのおばさん。連れの方はなく、ひとり。近所を散歩しているような服装ではなく、会社に行くようなキチンと感じは、とても丁寧な言葉遣いとぴったりしていました。

太陽光線がちょっとキツイので、撮る場所を私が目で探していると、ご自分で順光の位置にさっと立たれて、
「このへんでしょうか?」
写真を撮る人なのかな?
「顔はどうでもいいので、全身をいれてください。」
それが「おや?」と思ったはじまりでした。

続きを読む
Comment:0
back-to-top