FC2ブログ
2009
06.18

梅の酢

梅の酢



わざわざ「梅の酢」と書いたのは、
梅干しを作るときにできる「梅酢」とは、違うものだからです。

上の写真は、青梅+酢+氷砂糖(+ちょっとの 塩)。
半年ぐらい経つと、さっくり簡単に言えば「すし飯のもと」ができます。
これは、オリジナルじゃなくて、沢村貞子さんのエッセイから。
この本、私の手元にあるはずなのですが、もう十年ぐらい見当たらなくて、
しかも、毎年これを作るわけではなかったので(一度作ると、数年はもつ。)、
もう、レシピは適当になってます。

スポンサーサイト



続きを読む
Comment:0
2009
05.13

ふるふるゼリー

ふるふるゼリー



柑橘類の中で好きなもの・・・たぶん、文旦。

そもそも「ボンタンアメ」が大好き、あの食感も、味も、オブラートさえも、大好き。
学生~会社員の頃、キヨスクで買っては、家に帰るまでに、一箱完食。
一時期、売っているところが消えていたような感じだったのですが、
最近、またよく見かけるようになりました。

でも、もうさすがに、昔のようにはいきませんが、
それを受け継いでいるのが、娘。
この間、オジサマが「ボンタンアメ」の大箱
(大きめのパッケージのなかに、通常サイズのものが、5つぐらい入っているもの。)
を、買ってきてくれたのですが、
娘が、
「もう一個・・・・もう一個・・・・。」
と食べて、あっという間になくなってしまいました!
食の好みは、遺伝するものも、あると、どっかで読んでのですが、これは実例かも・・・。

それで、ならば!と、「文旦」を買ってきて、娘と食べたのですが、
やっぱり、あっという間になくなってしまいました。



ゼリーというのは、デザートの中で、イマイチ評価が低いような感じがするのですが、
家で作るゼリーは、それを裏切って、すごくおいしいです。
かんてん1gで、セミノールとグレープフルーツが1個ずつの分量で、ふるふる。


もうちょっと前だったら、「文旦ゼリー」も考えたのですが・・・あれは、果汁が少ないから無理かもしれませんね・・・・果肉のゼリー寄せなら、大丈夫?
来年チャレンジ!
(すっかりインドア)


Comment:0
2009
05.11

トマトとお弁当と卵焼き

トマトベリー




このミニトマト、「トマトベリー」と言うそうです。
とんがってますね、そこが「いちご」ぽいからなんだそうですが、
味は、どうだったのでしょうか?
触って持った感じは、果肉が肉厚で柔らそうな感じでした。

続きを読む
Comment:2
2009
04.28

自覚する (ふき)

ふき



あるブログを、数年、のぞいていました。
ある時、管理人さんは、病気と闘う方であると、知りました。
そのことを、それまで全く、少しも気づかせなかったのは、
すごいこと。
日本語って、書くとその人の背景がよく出るんです。

ある症状になったら、(ご本人としては)マズくて、
その反対でも、だめのようで、
「よい状態の、中心」のようなところが、
自分でわかっていらっしゃるようでした。

メーターの針が完全に振り切ってしまうような具合に、
そうなってしまうと、
もう何がなんだかわらかなくなるのでしょうけど、
少しでも「中心の存在」を体感できるなら、
この方は、きっと克服なさるなぁと、思いました。


昔、ポール・マッカートニーが来日した時の
新聞のインタビュー記事。
びっくりしたのが、
「歌は、少しうまくなったつもりなんだ!」
と、言っていたこと。
その時、彼は60ぐらい。大スターで、キャリアもどっさりあって・・・・
あー、そんなんじゃ足りない、現代の生きてる神様。
神様も、努力するらしい。
私が60になって、今のやっている何かをし続けた時、そういう態度でいれる?
自分の「現在地」がわかっている、というのは、一つの才能なのかもしれません。


最近、気持ちが荒れそうな時は、料理をするようにしています。
それも、(いつも私がやるより)手がかかるようなことを、します。
手早く作れるものは、気持ちが反映されるか、加速してしまいそうなので、
その時はつくりません。
時間と手をかけているうちに、気持がほぐれるのだろうとおもいます。

上の写真の「ふき」を煮たとき、
出来上がったときには、かなりリラックスしたようです、お皿にしているのは「ふきの葉」。
ふきの葉を、佃煮にするほどじゃ、なかったみたいです^^;)


Comment:2
2009
04.24

昨日と今日の失敗

あまおう



記憶にないけど、失敗したらしいことが、結構あるわたしです^^;)
昨日も、失敗しました。
お酒のことじゃなくて、ケーキに粉を入れるのを、忘れました。
生地を型に流し込み、オーブンに入れようとしたところ、
視界の端で、粉類の入ったままのボールを発見してしまいました・・・。

一瞬、型から出して、粉類と合わせようと思いましたが、

「いや、もうだめだ、このまま焼いてしまおう!」

オーブンの蓋を閉めてから、
粉類の入っていない、別立て(卵白と卵黄を別々)のこの生地を焼くと・・・と考え、
「スフレじゃん!!」
と、なぜか、うれしくなりました。

もしかしたら、「スフレ」にならない・・・・かもしれないと、思いましたが、
「ココア」だけじゃなくて、チョコレートも入った、チョコケーキを作ろうとしたのが幸い。
(チョコ味なら、なんでもいいらしい)家族に大好評なチョコスフレになりました。

卵黄の生地のほうに、溶かしチョコレートが入っていたのですが、
プレーンな生地だったら、救えない失敗でした・・・。

続きを読む
Comment:0
2009
03.24

花冷え

しだれ桜


うっかり、昨日と同じ薄いコートで、外にでかけてしまいました、寒かったです。
ソメイヨシノは、まだまだ、つぼみばかり。
写真の枝垂れ桜は、見る人も少なく、
満開へむかうときを、静かに過ごしているようでした。

続きを読む
Comment:0
2009
03.23

そばと咳と北海道

そばのはちみつ


これは・・・

続きを読む
Comment:2
2009
02.27

甘い茶碗蒸し

ラン


昨日テレビで、「青森県の茶碗蒸しは、甘い」というのを、ちらっと見ました。
「おお、青森県もか!」
と、思いましたよ、北海道も甘かったもの!

私の旅行は、
「行きたい所にはいくけど、そのほかは、削る。」
ので、いいところには泊まりません。
北海道では、毎日、「ふき」と「茶碗蒸し」でした。
茶碗蒸しは、(飲み物とまでは、いわないけど)ちょうどよいデザートのようで、
全く手のつけられていない家族の分まで、
しかも、毎日、いただいていました。
大好きです、それに、毎日、わくわくしてましたもの♪
茶碗蒸しは好きだけど、最後の「ぎんなん」がね、どうも・・という話を前にしましたけど、
なんと、北海道では、最後に「ぎんなん」ではなくて、
「栗」が出て来たんですよ!
小さくて、甘いの!!
これが全国標準にならないかなぁ・・・とつくづく思いました。

でも、テレビを見ていくと、青森の茶碗蒸し、「卵液に砂糖を(どさっと)入れる」映像が・・・。
甘いって、そういうことなの??
私のいただいたものは、そういう味はしなかったなぁ・・・、フツーのやつ。
ただ、最後の甘い栗がグーでした!
青森に行こうかなという気持ちが、ちょっと、ひいたかも・・・。
そして・・・
日本って楽しい国だなぁ・・・と、ちらっと思いました。

毎日、拍手ありがとうございます!


Comment:0
back-to-top