FC2ブログ

美容室で、後輩に会う

2021.04.01.Thu.11:40
カーネーション


美容室へ行ったのですが、そのお店ははじめてでした。
しばらくすると、若い男の子がやってきました。
彼もやっぱり初めてで、しかも初めて髪を染めるようです。

明後日が入学式だそうで、美容師さんはどこまで通うのと聞くと、
ある町の名前を答えました。
そこで私は(おお?!)となりました、母校がある街だから。

彼の返事は固く、それは緊張しているせいだと思うのですが、拒絶の感じはなく、
「後輩」であることに、ほぼ間違いないと確信しました。
数年前、娘と一緒にオープンキャンパスへいくつか行きましたが、
大学や学部によって、人の雰囲気がまるで違うのです。
私のそういう分類からいうと、彼は母校にいそうな感じでした。

その街には母校の他に、他校の分校舎があるのですが、
授業の多い一年生が小さいキャンパスだけに行くとは考えにくく、
帰ってから調べると、母校の入学式はやっぱり明後日でした。

美容室で自分の後ろにいたオバチャンが先輩だとは、1ミリも想像しないだろうな・・・。

スポンサーサイト



運命

2021.03.31.Wed.10:23
冬の終わり


周囲に起きた、いくつかのことから、
「これは、ゆくゆくこうなっていくのかな?」
と、少し先のことを(自分の意志とは無関係なところで)感じることはありませんか?
こういうのは若い頃は全くわからないと思うのです。

「いい/嫌な予感」などとも違う、もうちょっと大きな流れみたいもののようです。
そういうものを感じたときには、
流れに乗ると、だいたいうまくいくこともやっぱり経験上わかっているので、
良し悪しを判断せずに、流れを眺めるように過ごすことにしています。
が来る前は、一ヶ月ぐらい前から「あれ?猫飼うの???」という感じでいたのです。
こんな「思い過ごし」とか「気のせい」かもしれないことが、あってもなくても、
猫は私のもとに来たようでした。

今、家にいる猫を、二年前から(!)知っていました。もう立派な成猫です。
私が欲しいと電話したその翌日、希望者が現れたそうで、
「よかったですね、この子は人気者だったんですね。」と言われました。
私は唖然としつつ、この一ヶ月ぐらい感じていた「気のせい」が、
単なるは気のせいじゃなかったと確信しました。

その一日遅れて現れた里親さんのもとには、よく似た別の猫が行くことになったのですが、
連れて行ったものの、里親さんの事情でその子は施設に戻ってきたそうです。

もし空気清浄機の前で猫を飼うことを決心せず、その方にもらわれていったら、
ものすごいショックだっただろうと思うのですが、そうだとしても、
里親さんの事情なら、同じようにすぐに戻ってくるのです。
そしたら今度こそ、迷うことなく決心して、
「よし!是非、うちに!!」と、すぐに電話したでしょう。
どのみち、私は猫を飼うことになっていた、これはもう運命。。。

そうやってやってきた彼は、ノラだとは思えないような容姿自慢ですが、
本棚に隠れてまだ出てきません。
私はわかっていましたけど、猫と生活をしたことのない家族はがっかりしています。
なかなかつらい時間で、後悔しそうになりますが、
この子はどうやったって、うちに来ることになっていたのだと、自分に言い聞かせています。
彼の写真を撮るのはまだまだ先です。

2021.03 空気清浄機

2021.03.20.Sat.21:25
2021.03


とある施設、立派な空気清浄機を前にして、ふと突然、思いつきました。
「ペットを買うなら、空気清浄機を買ってもいいよね。。。?」

それを聞いた娘が(おお!!)と、思ったらしく、
即座に目の前の空気清浄機がいくらするのか、調べはじめました。

その後、5分ぐらい家族と相談して、猫を引き取る電話をしました。
私は子供の時から20年以上、猫と生活していたので、
飼うとなれば、もう迷うことはありません、即決です(?!)

一年ぐらい前から、空気清浄機がほしいなぁ・・・と思っていたのですが、
高級品なような気がして、買わずにいました。

この写真を見ていたら、空気清浄機の話をしようと思いました。
早速の効果のほどですが、くしゃみの数が大幅減。
ペットなぞ言い訳にしないで、買えばよかったのに・・・と今は思うのですが(#^.^#)
娘が飼おうといっても、長年却下し続けてきましたが、数分で考えが変わったお話でした。

春の掃除まつり

2021.03.15.Mon.13:37
河津桜


上の写真には、何を書くか・・・と、放置して数日、
ある事情の為(数日後に明かしますね)、春の掃除まつり中です。
去年は大掃除をしなかったので、ひじょーによい機会です。

久しぶり、とつぶやく

2021.03.10.Wed.20:54
水仙


しばらく更新が空いてしまいました。
来てくださった方、ごめんなさい。

上の写真は最近、撮ったものです。
外でカメラを手にすることが、ほんとうに稀なことになってしまい、
モニターに写った(ファインダーは見ません)水仙を見たとき、
「久しぶりだなぁ・・・。」
と、思わずつぶやいてしまいました。

2021.02 白鳥と温泉

2021.02.14.Sun.18:04
@砂湯


釧路から根室へ向かう前、バスに乗って摩周湖、屈斜路湖、阿寒湖を回りました。
冬の山道ですので、運転はムリと思ったので、バスに乗ることにしました。

私は全く事情を知らずに決めたのですが、
いつもなら、満員の観光バス2台(ほぼ外国人)で回るのだそうです。
このとき(2020.02)は、1台の観光バスに(明らかに日本人)6人。
冬、内陸の北海道を回ることは、もうないかな、一回きりのラッキーな旅。

今月の白鳥は、屈斜路湖、砂湯という場所。
湖畔が砂になっていて、掘るとすぐに温かい湯が湧いてきます。

続きを読む "2021.02 白鳥と温泉"

カニ vs エビ

2021.02.13.Sat.19:49
@根室


食べるのがめんどくさいという理由(だけ)で、それほどカニが好きじゃありません。
すぐに食べられるエビのほうが好きです。

根室の回転寿司で、「カニのお味噌汁」と「エビのお味噌汁」の両方の写真。
たいてい一種類のところが多かったので、「おや?!」と思い、
どっちもいただいていみることにしました。

もうすぐにわかりました!
カニの実力を舌で感じました。
カニさん、今までゴメーン!!

続きを読む "カニ vs エビ"

はてに来たな その4

2021.02.08.Mon.10:16
@根室


根室の街から、納沙布岬まで、だんだんと広く、寂しくなっていきますが、
民家は途絶えることはなく、ほそぼそ続きます。
それは日本の他の岬の土地とは違いました。
岬の手前は人が住んでいないことが多いのです。
岬まで来ると、ちょっとお店があり「ひとけ」があることがおおいです。

このあたりに住んでいる方は、もと島民の方が多くいると、どこかで読みました。(終)