2017/11/21

2018カレンダー

2018カレンダー


お待たせしました!2018年カレンダーができました。

はがきサイズ、綴じていない卓上カレンダー。
光沢のないマット紙を使用しています。
デザインは、2014~2015年のものに近いです。
2015年のお知らせ その1
2015年分のお知らせ その2
2014年分のお知らせ

2017年12月から2018年12月までの、13枚です。
基本的に右上に翌月が載った2か月カレンダーですが、
三か月、一か月の月が変則的にあります、写真との兼ね合いで決めています。
以前作っていた、両面2年分のカレンダーは今回作りませんでした。


ケース付き
一部(送料込み) 1000円
ケースなし
一部(送料込み)  900円
(ケースなしのみ 二部以降 800円)

銀行(三井住友、三菱UFJ、ゆうちょ)への振込みになります。
(初めての方のみ、前払いです。)

普通郵便でお送りします。
不安な方は260円プラスしていただくことで、「レターパックライト」でお送りします。
メールでその旨をお知らせください。

希望部数(ケースの有無も)、お名前、住所を

sweetyあっとgallery-moon.sakura.ne.jp

までお知らせください。24時間以内にお返事します。
一週間以内にはお手元に届くと思います。

以前からのおなじみさんは、メールに部数だけ、でいいですよ。
部数を確保してあるので、さくっとお送りします。

2007年から2014年まで、毎年作成しておりましたが、
2015年に過去10年の写真が消えてからは、2016年分以降、中止。
休んでいる間、好みの卓上カレンダーが、「ロフト」に行ってもないことに、
ちょっと呆然しつつ、リクエストに励まされ、少しづつやる気を取り戻してきました。
お声をかけ続けてくださり、本当にありがとうございます!

※友人関係がほとんどですが、
以前、何も言わなくても毎年届いていた方、ごめんなさい、これからは買ってください。

※このカレンダーを取り扱って売ってみたいなぁ・・・という方がおりましたら、ご相談ください。

スポンサーサイト
2017/11/16

さよなら顔料/遅れます

カレンダー


今週中にお知らせするつもりだったのですが、いよいよプリンターが動かなくなってきました。
使っているプリンターは「PX-G930」という、十年以上前に発売されたもので、
びっくりすることに、今も売っています。
いよいよ生産中止になるみたいで、とても高額、もはや手が出ません。

私が2008年から始めたカレンダーは、すべてこのプリンターから生まれました。
2008年分は印刷して、ちょうど10年たったわけですが、まだはっきり鮮やか、当時のまま。
大事に保管したわけでもないけど、さすがは顔料インク。
当時使っていた薄い紙のほうが、かすかに黄ばみ始めているぐらいです。

後継機にあたるものはなく、2010年ぐらいから2年に1回ぐらい、修理に出てもらって、
いつ生産中止になるだろうと、びくびくしながらカレンダーを作っていました。
おかしくなるのはいつも紙送りのところで、このプリンターに限らず、はがき印刷の宿命かも。
(その場しのぎ的な)対処するノウハウがあったのですが、
思い出すのにちょっと時間がかかりました。数学のようにはいかない。。。

もう修理に出すのはやめます。
写真プリントができる顔料プリンターは、でっかい高級機しかないので、
来年(再来年分)は染料プリンターになるでしょう。

来週には、なんとかお知らせをできるようにがんばります。

2017/11/15

十代のころに その2

秋


ピアノの先生に限らず、子供のころある程度長くピアノを弾いていた人の中には
「十代のころに、発表会で弾いた曲は、今でも、何にも見ずに弾ける!」
という方が、少なからず・・・。
何年やっても、弾けては忘れていく私はうらやましい限りで、
「十代のころ、何をしてたんだよ、まったく。ぼさっとしてたんだな?!」
自分の怠惰に、はっきり記憶があります。
勉強は楽しいけど、受験勉強はつまらない!と、さっぱり勉強しなくなったのが、
高校三年生でしたから・・・。

そして最近。
試験前になると、夜中、娘にたたき起こされます。
リビングに連れていかれ、まぶしさに耐えながら、数式を眺めます。
こんな寝起きじゃ、無理無理と、最初のころは思ったのですが、
なになに、ぜんぜん大丈夫っていうか、どうして全然大丈夫??

オジサマ(夫)の友人で、現場経験が必要な電気の上位の資格を持っている方がいます。
その方が、十年位前、資格を取ったばかりのころ、
「いや~、電気って計算ばっかりだね。」
と、私に言うので、
「そうかな?電子科は回路の計算しないの?」
どうやら、複雑な計算はしないみたいです。

思い出すことは、レポートや数式の長さ。
あらかじめ、「あのレポートは長いらしい。」という情報を得て(←重要)、
あきらめてレポート用紙にエンエンと何枚も式をつらつら・・・。
塾へアルバイトに行って、小学生にどっさり計算させながら、自分も続き・・・。

その結果、今、夜中に起こされても、20年はやってなくても、
高校生の数学が、くっきり頭に残っているのでした。
たとえば法学部なんて行った方は、十代の後半から、法律やら判例を何年もかけて、
どっさり覚えて、これは司法試験のためでもあるかもしれないけれども、
それはそのまま仕事の糧になるんですね。
若いころは勉強しろという理由が、若くなくなってからやっとわかりましたが
十代ってすごいですね。

十代のころ、何をなさっていましたか?
写真は学園祭中のキャンパス。端っこに着ぐるみを着た学生さんがいます。

2017/11/13

「ジャージー牧場」のゆくえ

うしさん


ここは、大学内にある牛舎。
娘が「牛はかわいいね~」と。
私にとって、この言葉は「はぁぁあ?」だ。

ジャージー牧場が欲しいけど、実現しそうもないもないので、
各地のジャージーさんに、たくさん会いに行きました。
そういう時、家族は「仕方なく付き合ってやっている」感たっぷりに、
ジャージーさんのソフトクリームなど食べているんですよ。
「ジャージーさんはかわいい」という共感など、ちょっともしてくれなくても、
私はかまわず会いに行きました。

清里の清泉寮へ行ってからは、
しばらく会ってないなと思っていたら、上の発言です。
彼女がそう思っていたなど、一瞬でも考えたことがないので、爆弾発言です。
外国人の彼氏を連れてきても、びっくりしない自信はありましたけど、
こういうふうに、びっくりさせられるとは!
牧場に行き過ぎた?
私は洗脳したのでしょうか?

大学で牛の世話をするつもりでしょうか?
それは私がやりたーい!
学士(工学)ですから、三年生に編入して、いきなり牛の世話だ!(はぁぁ?)
こうなったら、宝くじを当てて、牧場を作るしかない!
上の写真では、わかりにくいですが、ホルスタインがこちらを見ています。
今まではあんまり好きじゃなかった白黒の牛ですが、なぜかすごーく、かわいく見えてきました・・・。

2017/11/06

先生は見ている

琴音


昔、聞いた話ですが、幼稚園で、
「冷凍食品ばかり、お弁当に入れないでください。」
と先生に言われそうです。
中身のチェックがあるなんて、こわい。。。ですね。

高校生になるとご飯はこのくらい、肉や魚、野菜の量が書かれた、
「栄養のバランス」なんていう冊子を配ったあと、先生は
「ほとんどのお子さんは大丈夫ですが、偏食しているお子さんが若干いるみたいです。」
という言い方をされました。

先生のいうところの偏食とは、「炭水化物ばっかり食べている」のことで、
そのような子供が多いクラスだと、いつもざわざわとしているそうです。
そのとき私の脳裏に浮かんだのは、
「食べているものを言えば、人柄を当てようと言ったは誰だっけ?」

高校生だと頭を使って食べるものを選べない、気分で選んじゃいますから、
気を付けてあげてくださいねと、締めくくり、他の話を始めましたが、
要するに、「お弁当をちゃんと作ってね。」ということなんですね。

この話を娘にすると、
「先生はいつ見てるんだろう?」
成績がよくなっても、試験の日に風邪をひいてしまうようでは困ります。
先生はちゃんと見ています。

2017/11/04

音が教えてくれる

ヘビシュタイン


何も期待しないで、ヘビシュタインを弾きに行ったら、ごっそりハートを持っていかれました。
半日ぐらいは、何をしていても、「はぁ・・・」。

ホールでこれから弾くピアノを選ばせてくれる、という状況なら、
ヤマハやスタインウェイを選ぶでしょうが、
家で練習するためのピアノだったら、これです、まちがいなく!
これらの違いを、私の好きな美人の話に例えましょうか。

ヤマハやスタインウェイは、思いっきり盛った美人です。
美人が、化粧や衣装を思いっきり盛大に、ゴージャス。
(少々の)アラは目立ちにくいので、人前でホールで弾くのには、安全。
とにかく響くのです。

以前書いた、グロトリアンやファツィオリ、そして本日のヘビシュタインは、
装飾のすくなめの美人、でしょうか。
”素がキレイなのに「盛る」必要があります?→あ、そうですね、ごもっとも!”

調べてみると、ファツィオリやヘビシュタインは、響きすぎないように作られているようです。
ヤマハやスタインウェイだと、弾いてて、なんだかもうよくわからない時があるもの。
そうなると、聞こえているけど、実は私は耳を閉じている、ようなことをしているみたいです。
耳を澄ませていないというか・・・先生に「聴いてない」と指摘されることになります。

ヘビシュタインは、4つの鍵盤に同時に触れ、音を出したなら、
その一つ一つの音が私のようなへたくそでも、ちゃんと丸い形なって4つ聞こえます。
なので、二回続けて先生に
「声部練習をしてきてください。」
と言われることがなくなりそうです。

ヘビシュタインはリスト先生が好きなピアノですが、
私には、シューマンやブラームスを弾いたときのほうが、となりました。
師弟の関係にあるこの二人は、作風が似ているとは全く思わないけど、
モチーフの扱い方や、音の重なりの多さが結構に似ているからでしょうか。
それとも、この二人が、聴くより弾くほうが断然楽しい作品を作ったからかな?

ピアノ自体が偉大な先生なのでした。
なので、決して弾きやすいピアノではありません。
でも、うまく弾くと美人の先生から「美しいはなまる」をもらえます、生徒はうれしいです
このまま、決して楽そうではないベーゼンドルファーも弾きにいっちゃおっと。

2017/11/01

十代のころに

荒れたコスモス


小学生3,4年のころだったと思うけど、
人生の方針を決めてしまったような、ちょっとした事件があった。

いとこが、学校で髪を黒く染めるように言われた話は、すぐに一族に知らされた。
髪色が明るい一族にとって、ゆゆしき事態のはずだけど、
当時は、先生や学校の権力が強大だったのでしょう、いとこの髪は真っ黒に。

私は、自由な学校に行こうと、当時思ったことをはっきり覚えています。
子供ながら、この指摘を避けられる方法を探したようです。

今では白髪染めにお世話になっている私のもともとの髪色は、ミルクチョコレート色。
中学校は選ばずとも、自由な学校で、長い髪を結ばずに、登校。
先生が「長い髪がすてきねー」なんていうところでした。
高校は私服かつパーマ、染髪、アルバイト、OKのところ。
が、「パーマ、染髪、アルバイト」のひとつでもする人は、わずか、
フルコースではいなかったのでは?というような、とっても地味な人が多い学校でした。
で、私は好きにできないと、ふくれる大人になりました。

娘を見ていると思うのですが、今は昔より同化圧力がうんと強くて、
こどもは、なんとかまわりになじもうとする。
自由のほうがめんどくさいみたいで、昔より私服の学校も減ったようです。

ようやく髪の色の問題に皆が「?」と思ってくれたのは、うれしいけど、
私はおばさんになってしまったよ、時間かかりすぎ!

2017/10/24

先生のシューマン/闇

楽譜


先生から楽譜をお借りしました。
雑な私には取扱注意、ある種の危険が。。。

表紙、背表紙はすでになく、辛うじて裏表紙。
製本は破壊寸前、見ているうちに糸が切れて、破れてきそう。
こういう状態になった楽譜は、私には一つもありません。
お借りしたことを、少しだけ後悔したけど、
先生のピアニストとしての時間の一端に触れられるような、貴重な機会でした。


これは「クララシューマン/ケンプ」版シューマンの楽譜。
作品番号順に全集になっているようで、
なるほどシューマンは作品番号(OP)20番台ぐらいまでは、
ぎっちりっていうか、ピアノ曲しか書いてないのですね。

あとはスカスカ、番号がびゅーんと飛んでいく様子がわかるのですが、
空いた作品番号には、何が入るのか、歌曲とコンチェルト?それだけだっけ?
シューマンの闇の一部を見たような気がします。